WordPressブログの始め方【完全版】1から作り方を無料で解説中!

WordPressブログの始め方【完全版】!初心者でも迷わずブログができるよう5つの手順で解説!

WordPressブログ

Toshi

 こんにちわ。Toshiです。 

 

本日は、WordPressブログの始め方について初心者でもわかるように解説します。

 

こんな疑問を解決!

  • WordPressブログをつくって自分のブログやサイトを作りたいけど、どうやって始めるかわからない。
  • WordPressでブログをつるためにはどんな作業が必要なんだろう。。
  • WordPressブログの料金はどのくらいなんだろう。。。
  • ブログってアフィリエイト(広告収入)ができるって聞いたけど、その手順ってどうやるの?

この記事をみる事で、こんな疑問を解決できます。
完全に初心者の方でも、私のようにWordPressブログをつくる事ができるようになります。

実際に、私もはじめてブログを開設した時は、色々な疑問がたくんさんありました。
ですが、今では色んなサイト(当サイト以外に)を運営しており、1つのサイトを作成するのに30分あれば作成する事ができるようになりました。


はじめて行う作業というのは、誰でもそうですが、不安だったり上手くできるかな~。って心配に思う人が大半だと思います。


ドメインやサーバーといった専門用語だったり、WordPressの設置手順だったりというのが、画面を見慣れている方でない限り、はじめのうちはわかにくい。そんな印象をもってしまう方もいるでしょう。

 

これからブログで収益を上げたい、とかアフィリエイトをしたい。とか好きなことを情報発信したい。という方は、WordPressブログは絶対にもっておくべき媒体だと思いますので、これからチャレンジする方は必ず、目を通しておいてください。

Toshi

はじめの準備が少し大変と感じてしまうかな??でも、この記事をみてくれていたら、確実にWordPressのブログの始め方が理解できるようになりますよ。

目次

WordPressブログを始めるための5つの手順【1から順番にわかりやすく解説】全体像を理解しよう!

 

全体を把握しよう

全体像

 

ここでは、WordPressブログ全体像を把握しましょう。


インターネット上では、言葉の意味が曖昧に表現されている事もあり、そのままの言葉を理解すると、覚えにくかったりします。
そのため、WordPressブログを立ち上げるまでの手順を「住宅」で例えられる事が多いです。

全体像を把握しておく理由としては、今自分はどこの作業をしているのか!?というのを確認しながら作業する事ができるからです。
当サイトでは、どこの手順をしているのか??をよりわかりやすく解説していきます。


<strong>WordPressを始めるまでの手順を住宅で例えると</strong>。。。

  • サーバー:土地を借りること
  • ドメイン:住所をきめること
  • WordPressブログ:家をたてる
  • 初期設定:家具を配置すること


とりあえず、ここを理解する事で、圧倒的にスムーズにWordPressでブログをはじめる事ができますので、一つ一つ行っていきましょう。

 


住宅で例えると理解しやすい

例えば、これからあなたの家を建てるとして、「住宅」をたてるために、必要なもの。を考えると非常にわかりやすいです。

ちょっと、考えてみて欲しいですが、家を建てるために必要なものは何が必要でしょうか!?
家をたてるためには、土地(サーバー)が必要だし、土地をきめるには住所(ドメイン)がなければ、いけませんね。
土地と住所がきまったら、あとは実際には家を建てる(WordPressブログ)イメージです。家をたてるとしていますが、土地と住所の設定などが必要です。そして、家ができたら家の中に住むために、家具を配置(初期設定)をして、人はそこに住む事ができますよね?

WordPressブログを始めるためには、住宅をイメージしながら、作業をすすめると、自分がどの作業をしているのか!?

を考えながら、作業できるので、わかりやすいです。

 

というわけで、サーバーをレンタルする方法(土地をかりる)ドメインを取得する方法(住所決めをする方法)、WordPressブログを実際につくる手順(家をたてる)、その後の初期設定(家具を配置する)をわかりやすく解説したいと思います。

【WordPressブログ始め方|手順1】レンタルサーバーに申し込みをする手順

サーバーを借りよう

エックスサーバー

はじめに行う手順としては、サーバーをレンタルしましょう。

色々なサーバーがある中で、ブロガーやアフィリエイターに人気なのが、『エックスサーバー』です。
ほとんどの方は、エックスサ―バ―を利用しています。

 

お試し期間あり

    エックサ―バ―にアクセスする

 

エックスサーバー』にログインすると、メニューにお申込み。とあるので、クリックしましょう。
10日間お試し期間がありますが、その間にすべてを覚える事はできないかと思います。なので、これからはじめるよ。という方は、普通に契約してしまいましょう。

 

エックスサーバー

次に、『お申込みフォーム』ボタンをクリックしましょう。

エックスサーバー

契約内容の手続きに画面がかわります。
すべての項目をふめていきます。ほとんど、必須と書かれているので、埋める必要があります。

エックサ―バ―

・サーバーID(初期ドメイン)
サーバーIDに関しては、半角英数字3文字~12文字の好きな文字で入力しましょう。
こちらはドメインと書いてありますが、あなたが運営しようとしているサイトドメイン名(サイトURL)とは違いますので、ここでは何でもOKです。

・プラン
 私も『X10』のプランを使っていますが、企業ではない限りX10のプランで問題ありません。

・メールアドレス
サーバーのアドレスは、専用のアドレスを作ってもいいかもしれません。重要なメールになるので、忘れずに覚えておきましょう。

・登録区分
個人でブログやサイトを行うので、こちらでチェックです。

次に個人情報を入力していきましょう。

エックスサーバー

あとは、正しく入力してきましょう。

申し込みが完了すると、登録したメールアドレスに、アカウントの情報に関するメールが届きますので、忘れないように必ず、Wordかエクセル、もしくはメモなど、自分がわかる場所にアカウント情報をどこかに貼っておきましょう。

会員ID、メールアドレス、インフォパネルパスワード、インフォパネルなど、大切な情報が届くので、必ずすぐに保管してきましょう。

 

エックスサーバーの費用や料金

エックスサーバー』のプランには、『X10』『X20』『X30』とあります。

 

個人でサイトを複数運営する分には、『X10』のプランで問題ありません。もちろんはじめは、一つのサイトを運営するのでも十分すぎるほど、整っています。

 

初回にかかる費用としては、3000円(初回のみ)かかります。初回にかかる会員費みたいなものです。

 

また月々にかかる料金は、エックスサーバーでは選択する事ができます。
利用料金は、『3カ月』『6カ月』『12カ月』『24カ月』『36カ月』と選択する事ができます。

もちろん、契約期間が長くなればなるほど、月にかかる料金は安くなります。

契約期間 利用料金
3カ月 1200円×3カ月
6カ月 1100円×6カ月
12カ月 1000円×12カ月
24か月 950円×24カ月
36か月 900円×36カ月

 

エックスサーバー』にログインをして、サーバーとかドメインの設定をする前に、料金の支払いを済ませておきましょう。

せかっく、設定をしてしっても料金未払いだと、サイトの運営ができなくなります。
わたしも、エックサ―バ―とドメインの料金の支払いを忘れてしまわないように、『自動更新で支払設定』をしています。

せっかく作った、コンテンツも料金未払いでサイト運営ができなくなっては、元も子とありませんからね。(笑)

エックサ―バ―

エックスサーバーの料金の支払い場所について説明します。

『ログイン』<『Xサーバーアカウント(旧インフォパネル)』にログインしましょう。

エックスサーバー

ログインをしたら、インフォパネルの管理画面に移動します。
そこで、料金のお支払い設定をします。
左側のメニューバーに、決済関連の中の、『料金の支払い』という項目があるので、クリックします。

エックスサーバー

サーバーの項目の、左側に☑チェックをいれて、更新期間を選択して、お支払いを選択します。

エックスサーバー

次に、クレジットカードでの支払いができるよう設定しておきましょう。

注意
お支払い方法の選択には、期間を選択する事ができますが、せっかくコンテンツをつくっても未払いになってしまうと消えてしまうなどリスクがでかいので、さきほど説明した1年は運営するという気持ちで、更新期間を1年にするといいです。私の場合は、更新を忘れてしまいそうなので、カードで自動引き落とし(自動で更新)にしています。(笑)

カード自動更新設定に設定しよう!

わたしは、このように自動更新で料金を支払いしています。絶対に料金の支払い忘れなど怖いので、そういったリスクが少しでもある方は、必ずこの設定にしておくことをオススメします。

エックスサーバー自動更新設定

自動更新の設定をしておかないと、支払期限が近くなった時に、手動で支払設定をしなければいけません。
毎回、この画面をみるみるわけではないので、私は絶対に支払を忘れてしまいますが、ちゃっと見るぜ。って方は更新日前に支払することを忘れないようにしましょう。

長くサイトを運営するよ。という方は、1回1回手続きをする手間がはぶけるし、忘れてしまうという事にはならないので、わたしと同じような方は、この設定にしておくべきでしょう。画像の通り、解除したい時には、すぐに解除できるボタンもあるので、安心すですね。(押さないけど。笑)

 

自動更新をした場合、次回更新の時より、クレジットカードから引き落としがはじまります。

 

ここで、もう一度、全体像把握のために絵をみてみましょう。

 

エックスサ―バ―(土地をかりる。)の項目が終了しましたね。これで、家を建てるための土地をかりる事ができました。

次にやるべき事は、家をたてるための場所である住所=ドメインを決める。という作業を行っていきます。

 

エックスサーバーをオススメする理由について

エックスサーバーをオススメする理由については、以下の関連記事でも書いています。

エックスサーバーをレンタルしてブログ運営を始めよう!エックサ―バ―は快適なサーバー!

とくに、わたしがオススメする理由としては、低価格でありながら、コストパフォーマンスが良い。という事!

初心者であるならば、エックサ―バ―のX10プランをレンタルしましょう。(全体的に良いです!!)
というか、ほとんどの方は、エックサ―バーを利用している人が多いです。

 

そして、続けられるかどうかわからない。という方もいるのではないでしょうか。

Toshi

24カ月とか、36カ月とか続けられるかな。。。

 

そんな風に心配に思う方もいるでしょう。
なので、、私がオススメする期間としては、まずは『12カ月』の契約をしてみる。というものです。

 

 

【WordPressブログの始め方|手順2】ドメインを購入する手順

ドメインを購入しよう

ドメイン

次に、ドメインを取得するための手順について解説します。

ドメインというのは、サイトのURL(サイトアドレス)の事です。

サイトURLは、覚えやすいものでもいいですし、好きなものでもいいです。
くは、サイト名にあわせてアドレスを決めるでもいいです。

ドメインを取得する時の注意点|取得したら変更はしない!

ですが、注意しなければいけないのは、はじめのうちに慎重に決めておいた方がよいという事です。
のちのち変更する事もできますが、ドメイン名を変更してしまうと、Googleからの評価が下がってしまったりする事があります。

また、今までみてくれていたサイト閲覧者もそのサイトを探しにくくなってしまいます。
なので、はじめ決めたら、あとはそのドメイン名は変更しないようにしましょう。

ドメインを取得できる会社は色々ありますが、どこにしていいか迷う事もあるかと思います。
以下の記事で、初心者向けに解説していますので、チェックしてみてください。

 

私の場合ですが、使いやすさと安定性を考えて、『バリュードメイン』もしくは『お名前.com』という会社から、ドメインを取得する事が多いです。

有名な会社であり、かつ比較的安価でドメインを取得できる会社になります。

ここで、複数のドメインを取得してサイトを運営しています。

実際には、どこのドメインを提供している会社で取得してもいいと思いますが、二つは、どちらも有名であり安心して利用する事ができています。実際に質問をしたとしても、すぐに返事もかえってきますので、ストレスなくドメイン選びができています。

下に別の記事でドメインの取得方法について解説しているので、わからない方はみてみてください。

バリュードメインでドメインを取得する手順について

バリュードメインが提供している会社で、ドメインを取得する方法について解説しています。

バリュードメインでドメインを取得する方法で解説しています。

 

お名前.comでドメインを取得する手順について

お名前.comという有名なドメイン会社から、ドメインを取得する方法について解説しています。

お名前.comでドメインを取得する方法について解説しています。

 

 

どちらか、もしくはいずれかのドメイン会社で取得しましょう。実際には、どこでもいいですが、バリュードメインは個人的には使いやすいです。
お名前comは安い印象があります。

 

いい感じのドメインはありそうでしたか?

 

実際には、WEBサイトやブログを作り始めている方は多くなっているため、もし取得したいドメイン(アドレス)がある場合は、早めに取得しておいた方がいいかもしれません。

世の中に、そのドメインは一つしか存在できないので、もし他の誰かが使っている場合は、別のドメイン名にしなければいけません。長く運営していく場合、愛着をもって運営していく事になるので、ぜひ素敵なドメインを取得してくださいね

ドメインの取得が決まってから、次の項目にうつりましょう。多分、実際に手を動かしながらでないと理解しにくい部分が多いかと思います。

ここまでの作業で絵の二つの作業が終了した事になります。

・1つは、サーバー(土地をかりる)という事。(この時点で作業実施ずみ)
・2つ目は、ドメインを(住所をきめる)という事。(この時点で作業実施ずみ)

 

ただ、いまの時点ではお互いに紐づけされていない状態であり、それぞれが独立した状態でなりたっています。

 

これだとサイトを運営する事はできません。
そのため、次に行う事は、それぞれを紐づけさけて認識をさせる。という手順を行っていく必要があります。

紐づけについて解説

ネームサーバー設定

それぞれサーバーとドメインが独立した状態から、お互いにリンク(紐づけする作業)が必要になります。

それによって、サーバーにドメインを登録する、ドメインにサーバーを登録する。事が可能になります。
サーバー側での設定と、ドメイン側での設定が、それぞれ必要となりますので、詳しく解説します。

はじめてサイト運営する方は、ここにつまづいてしまう事が非常に多いです。IT系でもない限り、このような設定をする機会というのはないかと思いますので。
ちょっと、複雑な部分になりますが、記事をみてすすめてもらえれば、できますので、ご安心を

次の解説では、その紐づけ作業をどのようにして行っていくのか、について解説していきます。

この作業ははじめてだと、ちょっと手間取ってしまう事もあるかと思います。ですが、一度作業を覚えてしまうと、次回から複数サイトをつくる時にも利用できますので、ぜひ覚えておいてほしい手順です。

また、初回のWordPressブログの立ち上げだけではなく、次回に別のサイトを立ち上げる時にも活用できるかと思いますので、ぜひ覚えておいてください。

【WordPressブログの始め方|手順3】レンタルサーバーとドメインの連携作業!

お互いにリンクさせよう

エックサ―バ―


WordPressブログをつかうため(家をたてる為)には、さきほど、借りたサーバーと、取得したドメインで、それぞれの設定が必要になります。つまり、家をたてるために、住所と土地を一致させる手続きを行う必要があります。

 

ここが、ちょっと、複雑ですが、一つ一つ手順に沿って作業すれば、必ず設定できますので、ご安心くださいね。

取得したドメインをエックスサーバーで使えるよう設定する手順

ここからはレンタルサーバーと取得したドメインの画面を開きながら作業しよう
取得したドメインの画面、レンタルサーバーの画面を、開いたまま連携する作業を行いましょう。一度どちらかを閉じて作業してしまうと、非常に効率が悪くなってしまうので、同時に開きながら設定するとスムーズにいくかと思います。。

 

今回の記事では、バリュードメイン、もしくはお名前ドットコムで取得したどちらかのドメインを、サーバーと連携させる手順について解説していきます。

これ以外の会社のドメインを取得したとしても、作業手順は同じになります。(別会社を利用している方は公式サイトなどを確認してみてください。)

【バリュードメインの方】バリュードメインで取得したドメインをエックスサーバーに連携させる方法

以下のリンクで、バリュードメインとエックスサーバーを連携させる方法について解説しています。

エックスサーバーとバリュードメインを連携してWordPress管理画面に入るまでの具体的手順!

目次の、エックスサーバーにドメインを登録する方法!の部分を確認くださいませ。

【お名前ドットコムの方】お名前ドットコムで取得したドメインをエックスサーバーに連携させる方法

以下のリンクで、お名前ドットコムとエックスサーバーを連携させる方法について解説しています。

お名前ドットコムで取得したドメインをサーバーに紐づけする方法お名前ドットコムで取得したドメインをエックサーバーに連携させる方法!

目次の、エックスサーバーでドメインを追加する!からの部分を参考にしてくださいませ。

 

他のドメインの会社によって、若干の画面の違いはあるにしても、同じ方法で連携する。という手順についてかわりありません。
ここの作業が特に重要かつ、ちょっと初心者にとっては複雑と感じてしまう部分かと思います。

でも、ここを乗り越えてしまえば、結構楽に設定ができます。

Toshi

ここまでできたら、あとはもうちょっとなので、頑張りましょう!!!!

 

【WordPressブログ始め方|手順4】WordPressをインストールする手順

エックスサーバーにWordPressをインストールする方法

こちらはエックサ―バ―の画面を開いて作業します。
エックサ―バ―の画面から設定していきます。

取得したドメインをエックスサーバーで使えるよう設定は終了しましたか!?(さきほどの解説は済んでいますか?)
終了してから、こちらの項目を確認しましょう。

次に行うべき、作業としては、エックスサーバーにWordPressを入れるという作業にうつります。
(難しい作業ではないので、安心してくださいね^^)

エックスサーバー』にログインしましょう。ログインしたあとは、旧インフォパネルをクリックしよう。

 

①エックスサーバーアカウント(旧インフォパネル)

エックスサーバ

②エックスサーバーアカウント画面にはいったら、『サーバー管理』をクリックしましょう。

エックスサーバー

③次に、『WordPress簡単インストール』をクリックしましょう。

エックスサーバー

④取得したドメイン名が左側に確認できるかと思います。
ドメイン名の右側の『選択する』をクリックしましょう。

サーバーパネル

『イントール済みWordPress一覧』と『WordPressイントール』という項目がありますが『WordPressインストール』の項目をクリックします。

WordPress簡単インストール

ここでは、WordPressのログインに関する基本的な情報を入力する項目になりますので、入力した内容は絶対に忘れないようにメモしておきましょう。

用語についての解説

設定対象ドメイン:あなたが取得したドメイン名になっていればOK

 

サイトURL:変更せずOKです。

 

ブログ名:のちほど、WordPressの管理画面で変更する事ができますので、とりあえず何でもよいです。

 

ユーザー名:ログインする時に使用するので、必ずメモしておきましょう。

 

パスワード:ログインする時に使用するので、必ずメモしておきましょう。

 

メールアドレス:あなたのメールアドレスを入力しましょう。

 

データーベース:自動でデーターベースで生成するでOK

入力が終了したら、『確認画面へ進む』をクリックしましょう。

クリックすると、WordPressの管理画面に入る事のできる、IDとパスワードが表示されるので、どこかにメモしておきましょう。(★WordPressにログインする時に必要です。)

わたしは、わかるようにWordに貼って管理しています。

インストール済みWordPress一覧

WordPressを正常にインストールする事ができたら、『インストール済みWordPress一覧』にも、表示されるようになっています。
(※WordPressがインストールされていない場合は、こちらは表示されません。)

管理画面URL:●●●~wp-admin/と書かれているURLから、WordPressの管理画面に移行する事ができます。
ログイン画面は下のようなシンプルな画面です。

 

取得したIDとパスワードを使って、実際にWordPressの管理画面にログインしてみましょう。

WordPressの管理画面にログイン

ログイン画面

実際に、このURLからWordPressの管理画面にログインしてみましょう。
さきほど、(★WordPressにログインする時に必要です。)と記載していた、IDとパスワードを入力します。

WordPress管理画面

この画面にログインする事ができたら、無事にWordPressのインストールは完了となります。

 

次回からは、管理画面URL:●●●~wp-admin/。でログインをする事ができるようになります。

Toshi

ここまで、お疲れさまでした。もうここまで来たらあとは楽ですよ。

 

お疲れさまでした。結構大変と感じたでしょうか!?
人それぞれかもしれませんが、ここまでいけば、もう記事を書き始める準備が整ったも同然です。

 

ですが、、次に解説する事は、記事を書く事ではなく、初期設定を済ませる。という事です。

 

何故、初期設定が大切か。というと、あとから初期設定を行っても問題ないんですが、非常に面倒なのです。
ですから、WordPressをインストールした時点で設定を済ませておいた方がよい事について解説させていただきます。

 

繰り返しになりますが、ここまでの作業をまとめてみると。。。

もう一度確認してみよう

全体像

 

ややこしいので、おさらいです。。。

・サーバー(土地を借りた)をレンタルした。
・ドメイン(住所をきめた)を取得した
・WordPressブログ(土地と住所を一致させる)作業をした。
・サーバーにWordPressをインストールした。

の手順は完了している事になります。次に行うべき作業については、、、、

・初期設定を済ませる(家具を配置させる)という項目です。

ここまで、きたらあとは家具を配置させて、家に住めるようにするだけです。なので、簡単ですね(笑)

記事を書きたくなる気持ちを抑えて、必ずこちらの初期設定は行っておいてください^^
のちのち、作業が非常に楽になります。

【WordPress始め方|手順5】WordPressの初期設定

WordPressの初期設定については、まずは、ここを抑えておけばOKです。
その他にも細かい設定などは、ありますが、のちのちで問題ありません。

WordPressの必要最低限行うべき初期設定

  • サイトURLアドレスをhttpから、httpsに変更する(https化の作業)
  • WordPressテーマを選択する手順について解説
  • プラグインをインストールして有効化
  • パーマリンク設定について
  • グーグルアナリティクスの導入
  • サーチコンソールを導入

 

Toshi

いや、もう少しっていっておいて、たくさんあるじゃないか~。と思ったかもしれませんが、本当に最低限やっておくべきなので、頑張りましょう。

ここの部分については、基本的かつかなり重要なポイントだと思うので、絶対にはじめに設定しましょう。
わたしは、思考錯誤しながら、これらの手順を時間をかけて行いましたが、この記事をみている方は、その何倍ものスピードで設定できるので非常に楽にスタートをきったも同然だと思います。

WordPressをインストールしたら、必ず初期設定をやってほしいと思います。
わたしの場合は、初期ではなく記事を更新している途中で、あとから修正作業したため、大変だった事を覚えています。

 

これから、ブログをはじめる方は、できるだけ素早くブログで収益を上げていただきたいと考えているので、本当に初期段階で設定してほしいです。

初期設定の手順

WordPress初期設定

サイトURLを「http 」から「https」へ変更する手順(https化)

Toshi

ちょっと何言っているかわからない。という方もいると思う(笑)ので、別の記事でhttpsについての記事を用意しています。

『WordPressのサイトをhttpから、https化するための方法|エックスサーバーの独自SSLが無料。』という記事で、変更方法について記載していますので、参考にしてみてください。

wordpressのサイトをhttpからhttps化するための方法|エックスサーバーの独自SSLが無料

私の場合は、初期段階ではなく、これらの設定をある程度記事を書いてから設定しましたので、修正にたいへん時間がかかりました。。。

記事を書いている途中で、関連の記事内容のことを修正しようとすると、骨が折れる作業だと理解できるかと思います。

いまは、HTTP化が一般化されているので、これからブログを始める方は、必ず初期に設定すべきです。
でないと、とんでもなく面倒くさいです。へたしたら、わけわからなくなります。(笑)

というわけで、この記事をみてくれている方は、ブログ記事をかく前に、初期設定に設定できるので、非常に楽に設定できるかと思います。

私の関連記事で参考にしてほしい部分を伝えますね。
参考の関連記事では、わたしがブログ記事を更新している時に書いた時のものなので、初期の段階で変更しておくと、圧倒的に楽です!

関連記事内の確認すべき箇所について!(はじめて設定する時に確認しよう)

【https化するための全体的な流れ】という部分の、
・【1.サーバーでSSLを設定する(エックスサーバーで解説)】

・【2.WordPressの設定を修正する】

この2つのみです。

の部分だけをつまみぐいして、作業を行えば問題ありません。

注意

httpsへ変更する手順については関連の記事を参考にしてください。でも、はじめて初期設定を行う方は、わたしの関連記事内の、サーバーでSSLを設定する。WordPress設定を修正する。の二つだけの設定で完了できるので安心してください^^
逆に他の設定は行わないように注意しましょう。記事でも書いていますが、ブログを書いている途中でこの作業をすると非常に面倒なので、絶対はじめに設定すべき場所です。

Toshi

ここ
絶対に、はじめに修正してください。。でないととんでもなく面倒なんです。

WordPressテーマの選び方と使い方の手順

次に行う作業としては、WordPressテーマを実際に導入してサイトデザインを変更する方法について解説します。
いくつも使ってきたわたしがオススメするWordPressテーマも紹介しますので、気になる方はチェックしておきましょう。

WordPressテーマ

・ステップ①:WordPressテーマを探す
・ステップ②:WordPressテーマをインストール
・ステップ③:WordPressテーマを有効化

上の手順で、サイトのデザインを変更する事ができます。
WordPressテーマに関していうと、無料のものもありますが、わたしは初心者ほど有料のテーマをつかうべきかと思います。

なぜかというと、カスタマイズが非常に楽だから!

一度無料のテーマを使ってみてもいいと思います。無料テーマを使ってみて、なんだかデザインが古いな~とか、ちょっと使いにくいな~。と感じた場合は、あくまでも無料で使っているので、なにも文句は言えません。。。。

でも、有料テーマのいいところは、難しく考えなくても、綺麗なサイトを簡単にできてしまう所なのです。有料テーマのいいところは、そういった知識がなくても、簡単にサイトがつくれてしまう所です。

ちなみに、わたしはいまはWordPressテーマは有料テーマしか使っていません。また、複数テーマをもっていますが、以下の記事で、オススメのテーマについて紹介していますので参考にしてみてください。また、グーグルから好まれるWordPressテーマはどういったものなのか、理解する事ができます。

WordPressテーマの探し方①|SEOに効果のあるオススメのWordPressテーマ一覧!初心者が選ぶべき3つのポイント紹介

WordPressテーマは世の中には多く存在しています。

そのため、初心者の方ほど、WordPressテーマの選び方で迷ってしまうのも無理はありません。
そこで、わたしが初心者の方でもわかるように、選ぶべきポイントを三つに絞って解説しますので、ぜひご覧ください。

SEOに効果のあるオススメのWordPressテーマ一覧!初心者が選ぶべき3つのポイントを紹介!

導入したテーマは、どうやって使うのか!?は、以下のインストール方法で解説しています。

WordPressテーマの使い方②|WordPressのテーマをインストールして有効化する方法について解説。


この記事では、WordPressテーマの利用方法について理解する事ができます。

WordPress インストールWordPressテーマをインストールする手順についてわかりやすく解説【初心者向き】

有料テーマを購入した場合、パソコン内にテーマに関する【ZIP形式】のファイルがあるかと思います。

ファイルをすでにダウンロードしてパソコン内にある場合は、上の関連記事内の目次の、【パソコン内にあるテーマをアップロード】の部分を参考にして、アップロードしてみてください。

ダウンロードしたサイトから、親テーマと子テーマの両方をアップロードして、子テーマの方を使うようにしましょう。

必要最低限のプラグインをインストールして有効化する方法

次にプラグインのインストール方法と有効化する方法について解説いたします。

購入するwordPressテーマによって、プラグインを絶対に入れておいた方が良いもの、そうではないもの、優先度としては低いものに、わかられるかと思います。
ここについては、必ずすべて入れるべき。というものはありません。
また、サイトをつくる目的によっても、いれた方がいいものや、いれなくていいものもあります。

何でもかんでも、機能が便利するぎるから入れた方がいいじゃん。と思ってしまうものですが、以下の解説記事で注意点について解説しています。絶対にいれた方がいいプラグイン、入れた方がいいプラグイン、優先度別でちょっと紹介しますね。

以下の関連記事を参考にしてみてください。

プラグインの使い方(インストール方法と有効化させる方法)と注意点!有名なプラグインもご紹介!

パーマリンク設定とスラッグ設定についてわかりやすく解説!!

記事を投稿する前に、パーマリンク設定と、カテゴリーのスラッグ設定を行っておく事をオススメします。

設定すべき理由についても解説しています。わたしもはじめてWordPressブログを作成した時に、設定方法に困ってしまった事がありましたが、その点も踏まえて記事にしています。
記事を投稿する前に必ず設定しておくことをオススメします。

スラッグとパーマリンクWordPressのパーマリンク・スラッグの設定方法について解説!【初心者でもわかるように解説】

次に、Googleアナリティクスとサーチコンソールの導入方法や連携方法について解説した記事を別途用意していますので、参考にしてみてください。
どちらもブログやWEBサイトで必須の設置項目になります。

グーグルアナリティクス(Google Analytics)を導入する手順

googleアナリティクスの導入方法について解説した記事になります。
googleアナリティクスは、サイト訪問者の状況や行動パターンなど、自分のサイト内部のデーターを把握する時に活用する事ができるGoogleの無料ツールになります。これから、導入する方は、目を通しておきましょう。

Googleアナリティクス登録・設定手順【初心者向け】に解説!

サーチコンソール(Google Search Console)を導入する手順

サーチコンソールでは、キーワードの順位、どんな風にサイトに訪れた方がキーワードを入力しているのか??など、多くの情報を得る事ができます。

サーチコンソール(searchconsole)の登録方法と設定方法【Googleアナリティクスの連携】

サーチコンソールも、アナリティクスもどちらも、絶対に必須の無料ツールなので、ぜひ導入すべきです。

アフィリエイトするためにASPに無料登録しよう!【オススメのASP】

収益を上げるためには、Googleアドセンスでの収益化、アフィリエイトASPに登録して収益化、自社製品を販売して収益化、などなど色々あるかと思いますが、まずここでは、オススメのASPについて解説したいと思います。

アフィリエイトを始めるためには必須の作業なので、必ず登録しておきてください。(※登録する前に、10記事ほど、記事がないと審査に通らないと思うので、入れておきましょう。)

以下の記事で、詳細記事を書いていますのでぜひ参考にしてみてください。

【2020年】登録しておきたいASP一覧|どんな案件を扱えるか知りたい方必見

WordPressブログの基礎は完成!

 

基礎は完成

全体像

ここまでの作業で、WordPressブログをはじめるための基礎は完成しました。

Toshi

お疲れさまでした。

基礎ですが、かなり重要な部分なので、もし手順を忘れてしまった場合は、またはじめから読み直してみてください。

何回か読んでいると、全体像について理解できるようになります。ここの基礎を理解することで、一つのサイト、二つめのサイト、三つ目のサイト、、、といった感じで、いくつも応用してサイト作成をする事ができます。

でも、はじめのうちは、一つのサイトの作り方を理解する!という事が大切かと思います。

インターネット上には、いくつもの情報がありますが、わたしは、ここまでの設定をするのに、時間がかかってしまいました。でも、上のステップを順番に沿っていくだけで、非常に効率よくブログやサイト作成をする事ができるんじゃないかなって思っています。

まとめ

わたしが実際にサイトをつくる時に行う手順をそのまま、順番に記事にしてみました。
(古い記事があれば、その都度修正しますね。)

多分、右も左もわからない方は、設定に沿って作業するだけで、非常に簡単に自分のブログをつくる事ができるかと思います。また、新しく別のサイトを作りたいなっ思う時でも、同じような手順でサイトやブログを簡単に設定する事ができるかと思います。(一つ目のサイトがちょっと時間かかりますが、二つ目は要領を理解しているので、スムーズに設定できます。)

はじめのうちは、言葉の用語だったり、作業の仕方だったり、わからないものですが、作業しているとわかるものが多く見えてくると思います。なので、はじめは設定は難しく感じてしまう部分もあると思いますが、慣れだと思います^^
WordPressブログの作り方を初心者向けに、基本的かつ重要な部分をまとめましたので、もし、記事が良かったよ~。という方は、コメントや、ブックマーク、記事をシェアしてくれると嬉しいです。はげみになります^^

Toshi

WordPressブログって作る初期設定の段階が一番難しいと思います。でも、設定がおわったら、あとは記事の執筆なので、慣れれば誰でもできますよ~。レッツトライです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です