Wordpressでサイトをつくってみませんか?はじめてみる

シン・レンタルサーバーの評判は?メリットとデメリットを解説!

シン・レンタルサーバー

この記事はこんな人におすすめ

  • ブログを運営したいけど、どこのレンタルサーバーを利用したらいいからない。
  • シン・レンタルサーバーを利用するか検討している。
  • エックスサーバーとシン・レンタルサーバーの違いを知りたい。
  • シン・レンタルサーバーの料金プランや利用できる機能について知りたい。

本記事では、シン・レンタルサーバーを利用するメリット・デメリットを解説していきます。

これから、シンレンタルサーバーを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

シン・レンタルサーバーって、どんなサーバーなの? どんなメリットがあるの?

この記事を読むことで、シン・レンタルサーバーを導入すべきか検討できるようになります。

この記事を書いた人
  • ブログ初心者の方向けにブログの運営方法やWordpressの使い方を発信しています。
  • WordPressテーマの購入が趣味
  • 複数サイト運営中
Toshiです!

シン・レンタルサーバーは、エックスサーバーのシステムをベースに進化(シンカ)し続けるレンタルサーバーです。

\ 進化し続けるレンタルサーバー /

新技術を積極的に搭載!

ブログの始め方や他のレンタルサーバーもチェックしたという方は、以下に別の記事も用意しているのでチェックしておきましょう。

この記事の内容

シン・レンタルサーバーの特徴とは?

シン・レンタルサーバーは、エックスサーバーのシステムを採用しており、エックスサーバーの使いやすさと、最新機能を掛け合わせた新しいレンタルサーバーサービスです。

エックスサーバーの関連記事

シン・レンタルサーバーの特徴
  1. エックスサーバーと同じシステムを採用!
  2. サーバー速度が非常に速い!
  3. 『高速性』『新技術の導入』に重点を置いたサービス。
  4. 料金がエックスサーバーより格安で利用できる

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの違い

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの違い

シン・レンタルサーバーは、エックスサーバーの機能をベースとしたシステムを採用しています。

エックスサーバーは安定性を重要視しており新技術の導入に対しては慎重に行うのに対して、シン・レンタルサーバーでは新技術の導入が積極的に行われるサーバー(革新性)として位置付けられています。

シン・レンタルサーバーはエックスサーバーのシステムを採用しているため、管理画面や機能はほぼエックスサーバーと似たような機能を実装しています。

大きな違いとしては、シン・レンタルサーバーはエックスサーバーと違い、1ユーザーあたりのCPU/メモリリソースの割り当てが厳格に設定されている。という違いがあります。

また、エックスサーバーではアダルトサイトの運営はできませんが、シン・レンタルサーバーは運営可能。という違いがあります。

その他、料金を比べてもエックスサーバーよりシン・レンタルサーバーの方が格安で利用する事ができます。

シン・レンタルサーバーの料金費用や機能について

シン・レンタルサーバーの料金プランは、ベーシック、スタンダード、プレミアム、ビジネスプランの4つあります。

基本的な料金プラン

4つのプラン

スクロールできます
項目ベーシックスタンダードプレミアムビジネス
初期費用0円0円0円0円
容量300GB400GB500GB600GB
3か月契約990円1980円3960円7920円
12か月契約880円1780円3560円7120円
36か月契約770円1540円3080円6160円
1か月の料金

シン・レンタルサーバーの料金プランは、ベーシック、スタンダード、プレミアム、ビジネスの四つのプランが用意されています。

個人ブログや複数サイト運営したい方は、ベーシックプラン、あるいはスタンダードプランで問題なく運営する事ができます。

契約期間は長く契約するほど、利用料金は安くなります。長期的に運用を検討している方は1年以上で契約するのがオススメです。

Toshi

長期的に運営していく事がオススメです。

シン・レンタルサーバーの利用を検討してる方は、10日間のお試し期間も利用できるので、導入前に触れてみてもよいかもしれません。

WordPressを簡単に始める事ができるWordpressクイックスタートを利用する場合は、無料体験を利用できません。

シン・レンタルサーバーの機能やサポート

簡単に機能を紹介

  • WordPressクイックスタートあり!
  • セュリティー機能はWAF登載
  • 自動バックアップ機能あり
  • ドメインが永久無料

エックスサーバーと同じ機能を登載しているため、基本的には便利な機能を標準で利用する事ができます。

サポート

メール     :時間指定なし
電話対応    :平日10時~18時

急ぎでサポートに問い合わせる場合は平日の10時~18時までですが、特に急ぎではないけど対応に困った場合はメールでの連絡がスムーズです。

Toshi

電話連絡は平日のみです。

シン・レンタルサーバの評判や口コミ

良い口コミや評判

シン・レンタルサーバーの良い口コミをみていると、『表示速度が速い』という投稿をしている方が多くいました。

Toshi

速度が早い!という口コミが多いです

悪い口コミや評判

あまりよくない口コミは、『エックスサーバーやシン・レンタルサーバーの違いがよくわかりにくい。』『サーバーダウンした』と評価している方もいました。

サーバーダウンは困りますが、エックスサーバー会社が運営しており、そんなにたくさんの頻度で出現するものではかと思います。

また、エックスサーバーとシン・レンタルサーバーの違いについては、『違いがわかりにくい。』と口コミをしている方もいました!管理画面や使える機能はほぼ一緒なので、明らかな違いを実感する機会は少ないのかもしれません。

Toshi

シン・レンタルサーバーのメリットを紹介します。

シン・レンタルサーバーのメリット

WordPressブログを簡単に開設できる!

シン・レンタルサーバーは、『Wordpressクイックスタート』というサービスがあります。

このサービスは、ブログ初心者でも最速でブログを立ち上げる事ができる便利なシン・レンタルサーバーのサービスになります。この機能はエックスサーバーにもありますが、シン・レンタルサーバーでも利用する事ができます。

ブログ開設にかかる時間は10分程度です。通常ブログ開設をする場合は慣れている方でも1時間程度(※操作に慣れていない遅い方では調べながらの作業で1日以上かかる。)ですが、それがグッと短縮することができます。

サイトの表示速度や表示スピードが最速

シン・レンタルサーバーの公式でも謳っているように、エックスサーバーのシステムを採用しながら、サイト速度を高速化するためのシステムを積極的に導入しています。

そのため、シン・レンタルサーバーではサイト速度を重要視していますので、他サーバーを使っていてサイト速度が遅くて困っている。という方は利用することも視野にいれておきましょう。

さきほど、紹介した口コミでも『スピードがとても速い』という口コミが多いのも理解できます。

エックスサーバーと同じ管理画面で使いやすい

シン・レンタルサーバー
シン・レンタルサーバー
エックスサーバー
エックスサーバー

管理画面はエックスサーバーと同じような構造です。

とてもわかりやすい管理画面なので、操作方法は初心者でも直感的に操作する事ができます。

シン・レンタルサーバーがエックスサーバーよりも料金は安い!

スクロールできます
シン・レンタルサーバー
(ベーシック)
エックスサーバー
(スタンダード)
初期費用0円0円
容量300GB300GB
12か月契約880円1100円
1か月の料金

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの同じディスク容量で比較した時に、1年契約の時300GBで比較すると、エックスサーバーが月額1100円に対して、シン・レンタルサーバーでは880円程度で利用する事ができます。

料金は変動する事がありますが、現時点でシン・レンタルサーバーの方が安く利用する事ができます。

シン・レンタルサーバーのデメリット

新しいサービスのため他のレンタルサーバーに比べ利用者が少ない。

2021年5月末より、シン・レンタルサーバーのサービスが開始となっています。

国内シェアNo1のエックスサーバーに比べるとシン・レンタルサーバーは新しいサービスのため、まだ利用者が少ないのが現状です。

これから利用者は増えていくと予測できますが、ネット上で調べものをした時に、情報を発信している方も少ないため、調べものをした時にネット検索ではすぐにでてこない可能性があるのがデメリットだと思います。

リソース不足がわかりにくい。

サーバーパネルからリソースの状況を確認する事ができますが、リソースが不足した時に通知がくることはありません。

そのため、リソースに負荷がかかっている時に、上位プランに自動でアップデートしてくれれば操作は不要なので楽ですがシン・レンタルサーバーではそのような機能はありません。

リソース不足からWEBサイトが閲覧できない。という現象もありますが、不足しているかどうかは自分で確認しないといけません。

シン・レンタルサーバーの利用をおすすめする人

  • エックスサーバーと似た機能を利用したい人
  • エックスサーバーよりも安く利用したい人
  • サイトの表示速度を高めたい人

エックスサーバーと似た機能を利用したい人

シン・レンタルサーバーはエックスサーバーと同じ機能を利用する事ができ、管理画面も同様なので操作方法は扱いやすいです。

また、Wordpressクイックスタートが搭載されているため、ブログ初心者の方でも、ブログ開設までに最短で開設する事ができます。

エックスサーバーよりも安く利用したい人

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーと料金プランを比較した時に同じディスク容量を利用する場合、価格は安いです。

そのため、少しでもコストを抑えたい方にとってはオススメだと感じています。

サイト表示速度を高めたい人

シン・レンタルサーバーを利用すべき人は、サイト表示の速度を高めたい人です。

高速化させるための技術導入に積極的であるため、『新しい技術の導入などをサイトで試したい。』という方はシン・レンタルサーバーはおすすめです。

シン・レンタルサーバーと他レンタルサーバー料金比較

シン・レンタルサーバーと他レンタルサーバーの比較表を用意しました。

個人向けのおすすめプランは以下の通りです。

ブログ運営におすすめのプラン

スクロールできます
サーバープラン容量初期費用1年契約時(月額料金)

エックスサーバー
スタンダードプラン300GB0円1100円
シン・レンタルサーバー
ベーシックプラン300GB0円880円
ConoHa WING
ベーシックプラン300GB0円891円
mixhost
スタンダードプラン300GB0円1210円
ロリポップ!ハイスピードプラン400GB0円825円
お名前.comレンタルサーバープランは1種類のみ400GB0円1078円
さくらのレンタルサーバ スタンダード
スタンダードプラン300GB0円437円
ヘテムル
プランは1種類のみ500GB0円
1650円
スターサーバー
ハイスピードプラン
320GB0円825円
リトルサーバー
ビッグプラン120GB一律1012円430円
カゴヤ・ジャパン
S12プラン100GB0円880円
カラフルボックス
ボックス2300GB3か月以上契約で無料678円
JETBOY
スタンダード200GB3500円(※プランで異なる)1380円
CORESERVER
V2プラン(CORE-X)300GB1650円(※ドメイン同時申し込みで初期費用無料)528円
個人サイトに人気のプラン

他のサーバーで気になるものがあれば公式サイトでチェックしておきましょう。

シン・レンタルサーバーに関するよくある質問

シン・レンタルサーバーに関するよくある質問をまとめました。

独自ドメインは無料で利用できますか?

シン・レンタルサーバーは独自ドメインを無料で利用する事ができます。

.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog / .online / .site からドメインを選択する事ができます。

ブログで始めるならどのプランがおすすめですか?

300GBあれば基本的には複数サイト運営していく事ができます。

そのため、シン・レンタルサーバーではればベーシックプランでも問題ありません。サイト規模が大きい場合はそれ以上のプランにするのが良いです。

お試しで利用する事はできますか?

シン・レンタルサーバーでは無料お試し期間が10日間あるので、一度導入してみて使いやすいと思ったらそのまま契約してもよいかと思います。

ただ、Wordpressクイックスタートを利用する場合は、お無料お試し期間の利用はできずそのまま契約の流れになります。

ブログ初心者の方はWordpressクイックスタートを利用した方が圧倒的にサイト開設までの時間が短縮できるので、面倒だから開設までの短縮させたいか、あるいは設定に時間はかかってもいいから無料お試し期間を利用する。のどちらかになります。

自分の状況にあわせてどちらを導入すべか考えて良いでしょう。

シン・レンタルサーバーの申し込み手順

\ 進化し続けるレンタルサーバー /

新技術を積極的に搭載!

シン・レンタルサーバーの申し込み手順について解説します。

以下の手順で申し込みを行うことができます。

STEP
シン・レンタルサーバー公式へログイン

申し込みをクリック。

STEP
お申込みフォームをクリック。

『新規申し込み』をクリック。

STEP
契約内容の選択

プランの選択と、Wordpressクイックスタート利用を選択します。

STEP
アカウントに関する基本情報を入力

個人情報の入力は、ログイン時に必要な情報になるので、大切に保存しておきましょう。

ここではクレジットカードの入力も行います

STEP
メールアドレスの認証

登録したメールアドレスに『確認コード』が届いているので、シン・レンタルサーバーにそのまま入力します。

STEP
登録した内容の確認

登録した内容があっているか確認しましょう。

続いて、SMS・電話認証画面に移動します。取得する電話番号を入力する!の項目をチェックして、『認証コード取得する』をクリック。

STEP
SMS・電話認証

スマホにショートメッセージで認証コードが届くので、『認証コードを入力する。』にコード番号を入力して、申し込みを完了させます。

STEP
申し込み完了。

以上で申し込みは完了です。

登録したメールアドレスはログイン情報が記載されているので大切に保管しておきましょう。

まとめ

今回はシン・レンタルサーバーの評判やメリットとデメリットに解説しました。

シン・レンタルサーバーでサイト運営を楽しみましょう。

シン・レンタルサーバー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
この記事の内容