エックスサーバーをレンタルしてブログ運営を始めよう!エックサ―バ―は快適なサーバー!

レンタルサーバーって何なの??

私も愛用しているエックスサーバーについてお話ししますね。無料ブログではなく、自分のサイトを運営する為には、ドメインの取得の他に、サーバーをレンタルする必要があります。

独自ドメインの取得方法!バリュードメイン(value‐domain)でドメインを取得する方法

サーバーをすでにレンタルしている人にとっては、参考にならないかもしれませんが、これからサーバーをレンタルして、サイト運営していこうと考えている方にとっては、参考にしてみてください。

まず、サーバーというのは、「ブログやホームページなどを表示させるため必要な、情報等を収納する場所」みたいなものです。

サーバーというのは収納庫をイメージしてください。

いわゆる、サーバーは「収納庫」として、イメージしたら、わかりやすいかもしれません。

例えば、あなたが書いたブログの文章や図表、動画、音楽などを、その「収納庫」である「サーバー」に保存する事で、インターネット上に公開する事が可能になります。

今私が記事を書いているこの内容も、収納庫に保存されています。そして、インターネット上に公開しているので、誰でも閲覧する事ができるし、誰でもサイトを持つ事が可能となります。

自分のサイトをもつ場合、その「収納庫」をレンタルする必要があります。
レンタル(借りる)わけなので、やはり料金はかかってしまいますが、レンタル代金以上のメリットがありますので、サイトを運営したいと考えている人は参考にしてみてください。

ここでは、サイトを運営するために必要なサーバーのレンタルする方法について解説していきます。

サーバー(レンタル)は大きく分けて4種類

サーバーを借りて、情報を収納させる事で、ネット上で情報を共有できるようになります。
パソコンで閲覧する事もできるし、スマホやタブレットで閲覧できるようになります。

レンタルサーバー

4種類のサーバーについて簡単に解説していきます。

共有サーバー

複数のユーザーが1つのサーバーを借りて共有して利用するタイプがあります。これは、ルールさえ守っていれば、問題なく使用できますし、快適にサーバーを使用する事ができます。そして、なんといってもメリットは価格がとても安いという事。短所として考えるなら、やはり共有なので、他ユーザーサイトのアクセスが増えた時に、サーバーが重くなってしまい、自分サイトの表示速度が遅くなってしまう事が考えられます。

専用サーバー

共有サーバーとは異なり、サーバーを一人で自由に使う事ができます。他人からの影響がないので、自由につかえますが、ハイスペックな分、価格がとても高価になります。

VPS(仮想サーバー)

共有サーバーのような低コストで、専用サーバー同様に自由にWEBサーバーを利用したい人向けです。中規模~大規模サイトなどの展開、WEBアプリなどに適しています。

クラウドサーバー

サーバースペックなどを自由に変更できますが、月額料金ではなく、利用したサーバーへのアクセス数によりかかるコストが変動します。大規模サイト、ゲームアプリ、などに向いています。

個人がサイト運営やブログ運営を考えてるなら,共有サーバーであるエックスサーバーで問題ありません!!

個人のブログやサイトを運営したいと考えているなら、共有サーバーをレンタルしましょう。
やはり、安定性、安全面、コスト面すべてをとっても個人がレンタルするサーバーであれば、共有のレンタルサーバが一番オススメです。

でも、共有サーバーだと、他のサイトアクセスが増えた時に自分のサイトも重くなるんでないの??って心配に思う方もいると思いますが、問題ありません。共有といっても、問題なくサクサク動くし、快適に運営することが可能です。私も共有サーバーを利用しています。

エックスサーバーの特徴やメリットについて

エックスサーバーはとても人気があります。人気の理由としては

  • 高速環境(サイトの動作や表示の高速化)
  • 負荷耐性(大量アクセス時にも安定したサイト表示)
  • 低価格で利用できる
  • 24時間365日メールの安心サポート付き(これ、私もメールした事ありりますが、とても返信が早かったです。)
  • 自動バックアップ機能(データーを間違って削除した時にでも安心)
  • 海外からの悪質ウイルスなどを防御するシステム採用

もう、これらがすべてそろっていたら、使わない理由はないくらいだと思います。ということで、当ブログでは、エックスサーバーの登録の仕方について解説していきたいと思います。

エックスサーバーの登録方法

エックスサーバーの登録方法

エックスサーバーの登録方法について説明していきます。
まずは、エックスサーバーにログインします。

ログインして公式サイトに移動したら、メニュ-一覧よりより、お申込みをクリックします。

エックスサーバーのお申込み

次に、サーバーを新規でレンタルして利用する方は、左クリック。サーバー新規申し込みをクリック。(次回ログイン時は、右のIDからログイン可能です。)

エックスサーバーの新規申し込み

サーバーIDやプランを選択して、取得します。

※プランはX10、X20、X30とありますがX10で問題ありません。そして、各種項目を入力します。

エックスサーバーのプラン

X10だと料金的にも安いですし、個人サイトであれば全く問題ありません。
各種設定事項を入力したら、登録したメールアドレスに、ホスト名、ユーザー名、パスワードが記載してありますので、必ずメモにコピーしておきましょう。

エックスサーバーの料金の支払い方法!

新規でアカウントを取得したあとは、次に料金を支払う必要があります。

エックスサーバー料金の支払い

 

 

 

 

サーバーのインフォパネル画面の左側に「料金の支払い」という項目があるのでクリックします。
更新期間を設定し、「お支払い方法を選択する」をクリックします。

エックスサーバーへの支払いは、「銀行振り込み」「クレジットカード」「コンビニ」など選択する事ができますが、クレジットカード決済が楽です。「カードでお支払い」(確定)をクリックしたら、支払は終了です。

以上で、サーバーをレンタルする事ができました!!

エックスサーバーをレンタルする

ドメイン取得だけ、レンタルサーバー取得だけでを行っても、ネット上にあなたのサイトを公開する事はできません。お互いにリンク(連携を)させなければいけません。

初心者の始めの障壁であるサイト運営については、設定方法が難しくつまづいてしまう方もいると思いますが、心配無用です。WordPressを使った事がない人にとっては、結構初期設定は難しいものです。私のようなブログ運営が簡単に可能になります。

エックスサーバーとドメインを連携する記事はこちらも参考にしてみてください。

インターネットで、ドメインを取得するとか、サーバーをレンタル。という記事をよくみかけると思いますが、なかなかそのあとの設定については書かれていないものです。
私が作成した記事に関しては取得したあとの設定方法について記事にしておきます。

エックスサーバーとバリュードメインを連携してWordPress管理画面に入るまでの具体的手順!

まとめ

エックスサーバーは、安定性抜群のサーバーなので、長期的にサイト運営を考えている場合は、エックスサーバーにしておけば間違いありません。


ブロガーやWEBサイト運営者のほとんどが利用している有名なサーバーです!
エックスサーバー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です