WordPressブログの始め方【解説】

WordPress テーマ SWELL の7つの魅力を徹底レビュー!使い心地よさは本物だった!

SWELL

目次

WordPressテーマSWELLのレビュー|実際に使ってみた7つの魅力

オシャレなデザインSWELL

Toshi
Toshi

WordPressテーマ選びで悩んでいる。SWELLを購入しようかまよっている。検討している。SWELLって、どんな機能があるの??

そんな悩みを解決します。

実際に、わたしがSWELLで使ったサイトを紹介しておりますので、気に入ったぜ。というかたは、購入を検討してみてください。

上記のようなサイトも簡単に作成する事ができます。

たくさんのテーマをつかってきた私が本気でオススメできるテーマの一つです!

当サイトでは、実際にSWELLを購入して(別のサイトで使用)使用してみた7つの魅力をしっかりとお伝えするよ~。

オススメのテーマ

WordPressテーマSWELLの魅力①|SWELLはブロックエディタ初心者でも簡単に操作できる!

ブロックエディタ初心者でも簡単に操作ができるのがSWELLの特徴です。

それも、そのはず。SWELLは、Gutenberg「ブロックエディタ」に完全対応したWordPressテーマだからです。

HTMLやCSSといった難しい用語も不要で、デザインのカスタマイズ変更などが可能です。

クラシックエディタ使用時は、やや専門的な知識も必要でしたが、ブロックエディタでは、専門的な知識がなくても、綺麗なサイトを作成する事ができます。

もちろん、知識があった方がデザインの応用がきくのは間違いないですが、難しい用語を理解しなくてもサイト作成が可能です。

SWELLのテーマをつかうべき方は、直観的に操作をしたい。という方には非常にオススメできます。

WordPressテーマSWELLの魅力②|豊富なSWELL専用ブロック機能

SWELLには、SWELL限定の専用ブロック。というものが存在しています。

専用のブロック機能を利用することで、サイト運営にかかる時間は大幅に軽減されます。

では、実際にどんな専用ブロック機能があるのかみていきましょう。

SWELLブロック一覧

SWELLの豊富なブロック機能

専用ブロックがどんな事ができるのか紹介します。

Toshi
Toshi

本当に便利な機能ばかりです。

細かい部分の設定もできるので、非常に使いやすくて初心者でも扱いやすい!

SWELLブロック|吹き出し

ふきだしブロック

吹き出しブロックとは、名前の通り、画像やイラストを設定する事で、吹き出しが簡単に挿入できるブロックです。

Toshi
Toshi

ボタンクリックで、簡単に表示させる事ができる。便利!

吹き出しもボタン一つでデザイン変更可能!

あらかじめ、吹き出しセットに自分の似顔絵やイラストをセットしておくことで、ボタン一つでデザイン変更が可能です。

吹き出しカラーの変更はもちろん、吹き出しの方向(左右)、吹き出しの線(有り無し)、アイコンの丸枠(線有り無し)など、細かい設定が可能です。

SWELLブロック|ボタン

SWELLボタン

SWELLボタンとは、リンクのボタンを簡単に設置できるブロックです。

Toshi
Toshi

SWELLなら、ボタンリンクの作成も簡単!

SWELL専用のボタンがオシャすぎる!

SWELLボタンが美しい

ボタンの形、ボタンカラー、ボタンサイズなども自由自在!

SWELLブロック|フルワイド

フルワイドブロック

フルワイドブロックとは、ホームページとかランディングページでみかけるようなコンテンツ横幅にひろがるエリア設定になります。

Toshi
Toshi

企業型のホームページのようなデザインも作成が可能!

写真やイラスト素材など、好きな画像を用意しましょう。

ワイドサイズのエリア

ちょっと、イメージがつきにくいかもですが、コンテンツ内に横幅ひろめの装飾を行ってインパクトあるサイト作成が可能です。

(他のテーマではあまり見かけない設定を行う事ができるので、すごいです!)

横幅のサイズ、画像の透明度、テキストの挿入など、細かい設定を行う事ができます。

SWELLブロック|投稿リスト

投稿リスト

投稿リストブロックとは、書いた記事を1つのブロック内にリスト表示させる設定になります。

リストといっても、レイアウト設定を行うことができ、いろんなデザインに対応しています。

Toshi
Toshi

表現の幅がひろがりそうです。

色んなレイアウトに対応している!
投稿表示は、新着、人気でも設定できますし、記事を指定する事もできます。

以下のように、一つのブロック内で、レイアウト表示ができます。ちなみに、関連記事設定のように見えますが、記事内のどの場所でも簡単に設置可能です。


(以下は、表示する投稿数を3としていますが、最小1枚~最大15枚まで変更する事が可能です。)

Toshi
Toshi

関連記事としても使えそうですし、同じジャンルの記事を表示させる設定としても、よさそうです!
記事の最初でも、途中でも、最後でも挿入が簡単です。

カード型で設定

リストで設定

リスト(左右交互)

サムネイル型

テキスト型

活用方法は1つだけではなく、いろいろありそうです。

SWELLブロック|バナーリンク

バナーリンク

バナーリンクとは、画像にリンクなどを設定できるSWELLのブロック機能になります。

Toshi
Toshi

バナーの高さは自由に設定する事ができます。画像やリンクURLも好きなものに設定が可能。

画像の不透明度(明るくしたり暗くしたり)を調整したり、画像の角の丸みをどうするかの設定も行うことができます。

バナーリンク設定も簡単に!

クリックしたくなるような仕掛けも簡単に設置可能です!

SWELLブロック|キャプション付きブロック

キャプション付ブロック

キャプション付きブロックとは、タイトルをいれる事のできる枠デザインです。

チェックリストや伝えたい事などを要約してまとめる事で、シンプルに伝わりやすくなるかなと思います。

Toshi
Toshi

サイトで多用する頻度は高いかなと思います(笑)カラーもデザインもSWELLなら簡単!

SWELLでは、シンプルなデザイン、かわいいデザイン、かっこいいデザインどんなデザインにも対応しています。

カラーの変更なども後述しますが、自由に設定が可能です。

SWELLブロック|ブログパーツ

ブログパーツ

SWELLのブログパーツとは、ブロックごとのパーツを1つにまとめて設定する機能です。

Toshi
Toshi

ブログパーツでは、よく使う文章や、テンプレート的な文章を、ボタン1つで呼び起こす優れものです。

毎回、記事をかくたびに、同じような文章を書いているのに、手作業で書いていると時間がかかります。

そういった意味では、ブログパーツに一度登録しておくと、あとからいつでも同じような文章・テンプレート文章を瞬時に表現する事ができます。

挨拶文章や、よく使う言葉などがあれば、一発で呼び起こしが可能なので、頻繁に使うなどがあれば、登録しておきましょう。

※ブログパーツでは、事前の登録が必要です。

記事執筆における時間の短縮に最適です。

SWELLブロック|広告タグ

広告タグ

広告タグとは、アドセンスの広告や、アフィリエイト型の広告、Amazon型の広告、ランキング型の広告などを呼び起こす事ができるSWELL専用の機能になります。

Toshi
Toshi

広告のデザインが変化させる事ができます。

本当に細かく設定できる!

アフィリエイト型のタイプ

SWELLブロック|関連記事

関連記事

関連記事とは、自分の書いた記事に内部リンクをはる機能になります。

SWELLの内部リンクの設置は非常に簡単です。その理由について解説します。

Toshi
Toshi

関連記事は、みんなよく使いますよね。

SWELLでは、以下のようなデザインの関連リンクの設置が可能です。(デザインも少し変更が可能です。)

SWELLの内部リンク(イメージ)

非常にSWELLが素晴らしい。と感じた部分の一つとして、関連記事の検索が楽である。という事です。

例えば、内部リンクを設置したいと思った時に、記事タイトルを入力するだけで、すぐに書いた記事の呼び起こしが可能です。

内部リンクを探すのも簡単

他のテーマでは、記事IDを登録する必要性があったため、記事IDを探すために一旦投稿一覧などに戻って探していた事もありましたが、SWELLでは記事タイトルで検索する事ができるので、画面を戻って。という一つの作業が短縮できます。もちろん、IDでの設置も可能です。

以下は、SWELLの外部リンクのイメージです。デザインの変更も少し行う事ができます。

SWELLの外部リンク(イメージ)

非常にシンプルですが、美しいデザインです。

SWELLブロック|アコーディオン

アコーディオン

アコーディオンとは、クリックする事で、隠れている部分を展開させる機能になります。

以下をクリックしてみてください。隠れている部分が展開されます。

こうやって、クリックする事で隠れている部分を展開させる機能です。

以下では、SWELLテーマのアコーディオンデザインになります。

SWELL機能のアコーディオン

SWELLブロック|FAQ

FAQ

FAQとは、質問に対する回答を表示させるために設置する機能です。

SWELLデザインでは、いろんなカラーや形のFAQを選択する事ができます。

SWELLのFAQ

商品を販売したり、何か不安を取り除くために、知りたいであろう質問を予測して、予め回答を準備しておくと、よいですね。

SWELLブロック|ステップ

ステップ

ステップとは、手順で解説するためのSWELLのブロック機能になります。

ステップの色の変更だったり、ステップ数を増やしたり、減らしたりも自由に行う事ができます。

手順を説明したり、解説するためのサイトでは、こういったステップ付の機能があると非常に伝わりやすいサイトになるのかなと思います。

STEPの色変更も自由

STEP①~③のボタンカラーをすべてかえる事もできますし、統一感をだすために、同じ色にすることもできます。(上記はあえて、別のカラーにしてみました。)

SWELLブロック|ABテスト

ABテスト

ABテストとは、クリック率を測定するときに便利なブロック機能です。

AとBそれぞれに広告などを設定する事で、ランダムに表示させる事ができます。ランダムに表示させた結果、AとBのどちらの広告がより効果が高いかを把握するために便利です。

説明リスト

説明リスト

説明リストは、以下のよう表示を簡単に設置する事ができます。

リスト形式にすることで、伝えたいことを簡潔にまとめる事ができます。

以上が、SWELLで使える専用ブロック機能になります。

オススメのテーマ

WordPressテーマSWELLの魅力③|高速化機能

SWELLでは、高速化機能のための遅延読み込みなどの機能が設置されており、高速化表示などに役立っています。

しかし、動画の設置やスライダーセクションなど、重たい設定をした場合、もちろんサイトの表示はおそくなるかと思います。

WordPressテーマSWELLの魅力④|複数サイトで利用可能

SWELLでは、もちろん複数サイトでの運営が可能です。
ブロックエディターに完全対応したSWELLを使うことで、ブロックエディターが苦手。という意識は軽減されるかと思います。

WordPressテーマSWELLの魅力⑤|広告管理が非常に楽

SWELL専用ブロックのタグ機能を使うことで、簡単にアドセンスやアフィリエイト広告などの設置が楽になります。

WordPressテーマSWELLの魅力⑥|目次の自動生成

いままでは、目次を作成するためにプラグインを準備して設置していました。
ですが、SWELLでは、プラグイン不要で目次を自動生成する機能があります。

そのため、h2、h3等で設定したタイトルは自動で目次が生成されます。

WordPressテーマSWELLの魅力⑦|ユーザー専用フォーラムやslackで開発者に質問も可能!

購入者限定で専用のユーザーフォーラムを利用する事ができます。

困った時やちょっと、説明をみてもわからない時、質問をすることで解決する事があります。非常にありがたいです。

WordPressテーマSWELLレビュー|使ってみたメリット

メリット①|ボタン・マーカー・リストなど細かい設定も自由に行う事ができる!

SWELLは、細かい設定など自由に行う事ができます。今回は、その細かい設定の中の、一部を紹介します。

リストのカラーなどを自由に設定する事ができます。

リスト

キャプション付きブロックのカラーも自由に設定する事ができます。

キャプション付きブロック

マーカーのカラーも自由に設定可能です!

マーカー

ボタンのカラーも自由に設定が可能。

SWELLボタン

アイコンボックスのカラーやデザインも変更が可能です!

アイコンボックス

まだまだ色々な設定やカスタマイズがありますが、これからわたしもためしていこうと思います。

メリット②|SWELLは最小限のプラグインでサイト運営が可能!

SWELLを使うメリットとしては、最小限のプラグインでサイト運営が可能だということです。

WordPressテーマを導入したあとに、行うべきことは複数のプラグインの導入ですが、できれば、必要最低限のプラグインでサイトを運営したい方は多いのではないでしょうか。

多くプラグインを入れてしまう事で、サイトが重たくなってしまう可能性がありますので。

SWELLでは、クラシックエディタで使っていた有名プラグインは結構不要だったりしますので、そういったプラグインなしで運営が可能となるのはメリットかなと思います。

もちろん、クラシックエディターで使っていなかったGutenberg用のプラグインも導入する必要がありますが、クラシックエディタよりも少ないプラグインで運営が可能かと思います。

クラシックエディタで使用していた有名なプラグインである、「AddQuicktag」「tableofcontentsPlus」「speechbubble」「Tinymceadvansed」などは基本的には不要です。

SWELLテーマでは、推奨プラグインと非推奨プラグインがあるので、ぜひ購入する前にチェックしてみてください。

そこまで多くないプラグインの導入でサイト運営が可能となります。

メリット③|他有名テーマをつかっている方は簡単乗り換えサポート付き

WordPressテーマSWELLのもう一つのメリットは、他のテーマから乗り換えサポート用のプラグインがある。という事です。

これは、スゴイメリットではないでしょうか。

おそらくすでに、なんらかの有名テーマをつかっている方も多いでしょう。

SWELLテーマでは、「JIN」「SANGO」「STORK」「Cocoon」「The Thor」などの有名テーマからの移行プラグインがついているのは嬉しい限りです。

※有名テーマをつかっている方限定です

WordPressテーマSWELLのレビュー|デメリットってある?

デメリット①|価格設定が他テーマよりも少し高い

デメリットとしては、他のWordPressテーマに比べてやや価格が高めであるという事です。

例えば、以下有名なWordPressテーマの価格をまとめてみましたが、SWELLはテーマの中でも価格が高い。と言えます。

WordPressテーマ価格設定
The SONIC780円/月額
STORK1911000円(税込み)
SANGO11000円(税込み)
Emanon business12800円(税込み)
AFFINGER514,800円(税込み)
The Thor14,800円(税込み)
JIN14800円(税込み)
SWELL17600円(税込み)
DIVER17980円(税込み)
WordPressテーマの価格表

他にも有名なテーマはたくさんありますが、多くの方がもっているテーマの中では比較的高めの設定です。

SWELLを購入してみてどうだったかというと、価格は高いけど、それ以上の価値を提供してくれたWordPressテーマかな。と思います。

なので、どうしも料金だけでみてしまうと、どうしてもちょっと高いかも。と思ってしまいますが、個人的には機能や操作性を考えると、安い買い物であったと感じているところです。

グーデンベルクの操作になれる。という意味や、使いやすさの視点でみてみると、SWELLの価格は決して高くないし、むしろ安いかな。と思うところです。

SWELLのテーマを1年間つかったとすると、月額1466円で利用できた。という事になるので、非常にお買い得かな。と思います。(月額制ではないので、一括で支払する必要がありますが。)

どのテーマを使うにしてもいえる事ですが、ちょっと長く使ってみないと本当の良さは見えてきません。

デメリット②|乗り換えサポートに対応していないテーマをつかっている場合、テーマの移行は面倒である!

もう一つわたしが考えるデメリットをあげておきます。

それは、乗り換えサポートに対応していないテーマを利用する場合は、WordPressテーマの移行はちょっと面倒かも。と思ってしまうところかな。と思います。

これは、SWELLに限った事ではありませんし、他のテーマに移行する場合も同じです。

SWELLでは、乗り換えサポートに対応しているテーマの移行の場合は楽に乗り換えがすすむことでしょう。

しかし、乗り換えサポート対応していないテーマをすでに使っていた場合、設定やらなんらや、かんらやが面倒。という部分があります。

わたしもテーマの移行を何度か行っていますが、初期設定に戻っていたり、再設定したり、大規模なサイトであればあるほど、テーマの移行は大変かと思います。

逆に、まっさらの状態で、1からブログを始めたりサイトをつくるで、SWELLからスタートする。という方にとってはここはデメリットとはなりません。

そこを踏まえたうえで、テーマの移行を検討する事も必要かもしれません。

ただ、SWELLを使うことで、サイト運営が加速する事は間違いはない。と言えます。

Toshi
Toshi

次に、購入方法について解説していきます。

WordPressテーマSWELLの購入方法・設置手順

購入方法・設置手順①|公式ページへ

SWELL公式

SWELL』公式ページへ移動したあと、右上のカートマークの『購入する』ボタンをクリック。

購入方法・設置手順②|購入しダウンロード

以下、画面にきたら作動環境や決済方法を確認しましょう。

クレジットカードで決済する方が多いかと思うので、利用規約にチェックをいれて、SWELL購入ボタンをクリックします。

決済方法(クレジットカード)

VISA / Master / AMEX / JCB に対応しています。

こちらで、本親テーマを購入したあと、画面下の子テーマも一緒にダウンロード【無料】しましょう。

子テーマもダウンロードしましょう!

購入方法・設置手順③|テーマをインストール

WordPressテーマをパソコンにインストールしたら、次はテーマをWordPressにインストールしましょう。

以下で、インストール方法について詳しく初心者向きに解説していますので、あわせて確認しておきましょう。

WordPress テーマ インストールWordPressテーマをインストールする手順についてわかりやすく解説【初心者向き】

WordPressテーマ[SWELL]を使ったデモサイト

わたしがSWELLのテーマを使って、最速で作成したデモサイトになります。

使い方は無限大です。HTMLやCSS不要で、ホームページのようなサイトも簡単に作成する事ができます!!

SWELLテーマを使ったデモサイト

PC、スマホ両方からみると、デザインが少し異なるのがわかるかと思います。
スマホでは、カート決済できるようなボタンの設置もすごく簡単です。

オススメのテーマ

まとめ

今回は、WordPressテーマであるSWELLというテーマのレビューを行いました。実際にデモサイトで簡単に作成してみましたが、非常に素晴らしいテーマだなと実感した次第です。ちなみに、細かい設定なども多数行う事ができるので、非常に使いやすいテーマである事は間違いありません。ぜひ、気になる方はチェックしておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です