WordPressテーマで子テーマを使う理由!親テーマと子テーマどっちを使うといいのか?

WordPressテーマ導入時の初心者向むけの記事になります。

WordPressテーマを購入した時に、テーマをダウンロードする時に、親テーマと、子テーマというものがあるのを見た事がある方も多いかと思います。

例えば、WordPressテーマはいろんなものがあります。
『Emanon』であれば、ファイル名『EmanonPro』が親テーマ、『RmanonChild』が子テーマ。
『SANGO』であれば、ファイル名『sango』が親テーマ『子テーマ』が子テーマ。

というように、ここ最近のWordPressテーマは、ダウンロード画面で、親テーマと子テーマ。というものを一緒にダウンロードする事ができるようになっています。

Toshi

わかる方は問題ないですが、初心者の場合は、どっち使ったらいいのか。。。って迷ってしまいますよね。

結論から話すと、初心者の方は子テーマ使いましょう!

とりあえず結論から離すと、WordPressテーマを購入して、親テーマ、子テーマのインストールが済んだら子テーマを使用して、サイトを運営しましょう!
WordPressに、親テーマも子テーマもインストールして、そのあとに、子テーマで有効化しよう!

※以下の関連記事で、テーマのインストール方法について書いているので、チェックしてみてください。

wordPressテーマをインストールして有効化する方法!3種類のインストール方法でテーマを実装!

親テーマと子テーマの違い!

初心者向けの記事なので、難しい事は書きません。

親テーマがないとWordPressテーマは動きません。子テーマだけインストールして使おうと思ってもエラーがでてしまいます。なので、子テーマを使いたい場合は、その親テーマがインストールされている事が前提です。

子テーマを使う場合は、サイトデザインを変更したい時。サイトを、CSSでカスタマイズしたりする時に適しているのです。

Toshi

私は、カスタマイズしない~。という方ものちのちデザインの変更を行ったりする可能性が高いと思うので、はじめから子テーマで運営していくとよいかと思います。

子テーマだからと言って、なにか親テーマより不利になるという事はないかと思います。

親テーマを有効化して使うとどうなるの?

親テーマで直接データーを編集する方もいるかと思いますが、初心者の場合はまず子テーマでカスタマイズしていった方がいいです。

親テーマを直接編集してしまうとどうなるか。。。。

時々テーマ自体にアップデートがあります。
その、テーマがアップデートした時に、親テーマで編集をしていると、編集していた内容が消える可能性がある
のです。

Toshi

おそろしいよね。

 

子テーマで運営していた場合、アップデートしても影響されない。

子テーマで編集していた場合、親テーマがアップデートしていたとしても、カスタマイズしていたのは子テーマなので、影響なく作業することができるのです。

子テーマを自作する人もいる!

カスタマイズになれている人だと、子テーマそのものを作成してしまう方もいます。
初心者には難しいので、はじめから子テーマがあるWordPressテーマで運営しましょう^^

とはいっても、ここ最近の有名所のWordPressは、だいたい子テーマがあるので、心配しなくても大丈夫かと思います。

まとめ

・WordPressテーマを導入する場合は、WordPressに親テーマと子テーマの二つをいれる必要がある
・そのうち、子テーマを使うと親テーマがアップデートしたとしてもカスタマイズに影響はでない。
・初心者の方は子テーマを有効化してサイト運営しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です