wordpressでお問い合わせフォームを簡単に設置する方法【初心者編】

 

wordpressで、お問い合わせフォームを簡単に設置する方法についてご紹介しますね。

WEBサイトに、お問い合わせフォームを設置する目的としては、WEBサイトの信用を高めるために設置する。などの理由があります。
その他にも、「WEBサイト」と「サイト訪問者」をつなげる事で、ビジネスとして成果を高めるといった目的もあるかと思います。

サイトを訪問してくれた方が、投稿記事からコメントを残すこともありますが、お問い合わせフォームから連絡をしてくれる事もあります。

お問い合わせからくる連絡などは、訪問者の積極的なアクション行為であるため、WEBサイトにそのような仕組みをつくる事は重要です。

むしろ、作成しない理由はない。といってもいいくらいです。

今回、お問い合わせフォームを作成するプラグインは「Contact Foam7」という有名なプラグインを使用して設置する手順について解説していきます。

Contact Form7で何ができるの??

ContactFoam7は、お問い合わせフォームを設置できるWordPressプラグインです。

一般的にお問合せフォームをWEBスキルを使って作成しようとすると結構難しいですが、プラグインをインストールするだけで、簡単に設置する事ができます。

私も実際に使用していて、オススメできるプラグイン「Contact Foam7」を使って、WEBサイトに設置してきましょう。

お問い合わせ以外にも、アンケートフォーム、採用応募フォーム、資料請求などのフォームなども設置する事ができます。

WordPressの投稿テキストにショートコードをそのままコピー貼り付けするだけで、とても簡単にフォームを設置する事ができます。

インストールと有効化

WordPressダッシュボード左の管理画面より、「プラグイン」⋗「新規追加」をクリックします。
キーワード検索で<contactFoam7>と入力します。

すると、下のような画面がでてきますので、「今すぐインストール」⋗「有効化」をクリックします。

contactFoam7をインストール

以上で、インストールと有効化は完了です。

使い方(設定方法)

ContactFoam7のインストールが完了すると、Wordpressダッシュボード左管理画面に、お問い合わせ。という欄が追加になっていると思うので、お問い合わせをクリックします。
フォーム、メール、メッセージ各種順番にみていきましょう。

フォーム

contactFoam7のフォーム設定

【フォーム】
フォームでは、お問い合わせに必要な項目を編集する事ができます。

私は特に何も編集していませんが、デフォルトの状態では、名前・メールアドレス・題名・メッセージ本文・送信ボタンが表示されるようになっています。

必要最低限の表示にはなっていると思うので、そのままで良いという場合は、編集しなくて問題ありません。
追加したい時は、上の項目をクリックしたりして編集します。

メール

contactFoam7のメール設定

メールの設定項目では、お問い合わせがあった時に、どこのメールアドレスに受診をさせるのか、送信元はどこか、題名、メッセージ本文などを設定する事ができます。

あなたがお使いのメール受信ボックスのアドレスを選択して、その他は特に変更しなくても問題ありません。

メッセージ

contactFoam7のメッセージ設定

メッセージの欄では、自動返信機能のような役割をもっています。
例えば、あなたが私のお問い合わせから、連絡をしてくれた場合、メッセージが正常に送信された場合、「ありがとうございます。メッセージは送信されました。」といったコメントが自動で返信されるようになっています。

デフォルトの状態ですが、好きなようにコメントを編集しても問題ありません。

その他の設定は特に変更しなくても大丈夫です。

ショートコードを投稿、固定ページのテキストに貼り付けする

上記の設定が完了したら、次は、ショートコードをワードプレスの投稿もしくは固定ページのテキストにそのまま貼りつける作業を行います。

さきほどの、wordpressダッシュボード左の管理画面より、「お問い合わせ」⋗「フォーム」をクリックします。

すると、赤枠で囲った所に、ショートコードが表示されています。
【contactFoam~~~お問い合わせフォーム】といった部分です。

このショートコードをそのままコピーします。

contactFoam7のお問い合わせ設定

次に、Wordpressダッシュボード左管理画面の一覧より、投稿もしくは固定ページに貼り付けしたい所に貼りつける作業を行います。

多くの人は、投稿ページではなくて、固定ページに貼りつける方が多いと思いますので、固定ページで貼りつける解説を行っていきます。

固定ページで、「お問い合わせ」といった項目を作ります。

そして、投稿画面には、「ビジュアル」と「テキスト」で選択できるようになっていますが、テキストに画面を変更して、そのまま、さきほどのショートコードを貼りつけします。

ショートコード
すると、さきほど、デフォルトの状態で設定していた、

名前、メールアドレス、題名、本文、送信ボタンが設定されるようになりました。

以上で、お問い合わせフォームの設定は完了です。

お問い合わせフォーム

どうでしたか?? とても、簡単作業ではなかったでしょうか。

お問い合わせフォームを簡単に作成する事ができましたね。

私が使用しているEmanonProのWordPressテンプレートでは、contactFoam7にも対応しています。

ContactFoam7のプラグインは、EmanonProにも対応しています。送信ボタンなどはエマノンのデザインになっています。テーマに興味ある方は参考にしてください。

EmanonProを利用して、ContactFoam7の仕組みを作成すると、EmanonProのボタンを設定する事ができて、とてもシンプルでかっこいいデザインになっています。興味ある方は、EmanonProのテーマも参考にしてみてください。(豪華特典も用意しています。)

まとめ

WEBサイトに、お問い合わせフォームを設置する事で、サイトの信頼を高めてビジネスとして成果を高める役割があります。そのため、WEBサイトを構築している人の、ほとんどの方は設定していると思います。

とても、簡単に設定できるプラグインなので、ぜひあなたのWEBサイトにも設置してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です