WordPressブログの始め方【解説】

【Gutenberg】グーテンベルク対応のおすすめWordPressテーマ5選

Gutenberg対応のテーマ

【Gutenberg】グーテンベルクに対応したWordPressテーマを使いたい!

グーテンベルクってちょっと使いにくい。慣れない。そんな噂を聞いたことありませんか?

そして、この記事をみている方も、本当に使いやすいの?実際どうなの?と考えている方や、使えるかどうか不安に思っている。そんな悩みありませんか?

Toshi
Toshi

こんにちわ!Toshiです!グーデンベルクを使いたい。という方むけの記事になります。

わかります。わたしも、そのウワサを聞いた一人でした。

実際に、はじめはわたしもグーテンベルクにちょこっとやってみたけど、よくわからなくて、クラシックエディターを使い続けていた一人でした。(笑)

ただ、グーテンベルクを使いたい。そう思って触れてみると、意外にも使いやすいことに気がつきました。

はじめは、やはり慣れる。という事は必要でしたが、それでもなれたあとは使いやすい。と感じた次第です。

グーテンベルクが使いやすいかどうかは、WordPressテーマがグーテンベルグに対応しているかどうか。という部分が大きかったように個人的には感じています。

まぁ、たしかに、クラシックエディターを使っていた方が、急にエディタ画面が新しくなり、新エディターであるグーテンベルク[ブロックエディタ]にかわり、戸惑った方も多くいるかと思います。

グーテンベルクを使うか、クラシックエディターを使うかどちらを使いかは自由です。ただ、違いがよくわからない。という方は、以下もみておいてください。

記事投稿クラシックエディタとグーデンベルグの違い!メリット・デメリットは?【個人的感想】

本記事で解説するのは、グーテンベルクに対応しているWordPressテーマを使う事で、グーテンベルクが使いにくい。という悩みは解消される!という事を伝えたい次第です(本気で)

グーテンベルクは、慣れてしまうと非常に効率的に記事をかく事ができます。

Gutenbergが使いにくいかも。と思っている方が少しでも使いやすそうって思ってもらえれば幸いです。そして、グーテンベルクに対応しているWordPressテーマも紹介しますので、あわせてみてみてください。

※ちなみに、わたしは、ブロックエディターも、クラシックエディターも両方経験しています。いまでも、どちらも使っています。

そんなわけで、あたらしいエディターであるグーテンベルクってどうなの?対応しているテーマってあるの?という疑問を解決していこうと思います。

この記事を読むべき対象者
  • グーテンベルク[Gutenberg]=ブロックエディタで記事を書きたい。
  • ただ、使えるかどうか不安に感じている人。
  • 使ってみたいけど、対応しているテーマがあるのか知りたい人。

これから、グーデンベルクに完全したテーマは少しづつ増えていくでしょう。しかし、現状としてはグーデンベルクに対応しているテーマはまだ、少ない印象があります。

そんな中で今回は、グーデンベルクの使い勝手を加速するためのWordPressテーマを紹介します。

まず、はじめにグーデンベルクを使う場合は、対応しているテーマをつかうと良いよ。ということをお伝えします。

ブロックエディタの操作に慣れたい人は、グーテンベルク対応のWordPressテーマをおすすめします!その理由は?

その理由について解説します。

理由①|グーテンベルク対応しているテーマは専用ブロックが用意されている!

グーテンベルグに対応しているWordPressテーマは、専用のブロックエディタが用意されています。

ちなみに、以下の専用ブロックはテーマごとによって、使える専用のブロック機能は異なります。

わたしが、普段から使用している「swell」というテーマはブロックエディターに最適なテーマの一つです。

swellというテーマの専用ブロックです!
swellというテーマの専用ブロックです。

いろんな機能を専用のブロック機能を使って一瞬で表現することができます。

これが、非常に便利でして記事の投稿を支える役割をはたします。

ボタンワンクリックで、専用ブロックを使用する事ができるので、クラシックエディターでいう、ショートコードあたりと同じような機能があります。

グーテンベルクに非対応のテーマだと、残念ながらこういった専用のブロック機能というのは用意されていません。その場合は、逆にグーデンベルグにすると使いにくくなってしまうので、クラシックエディターに戻して、使う事をおすすめします。

ちなみに、グーテンベルクはWordPressを5.0以上に更新すると自動的に変更する事が可能なので、どのテーマでもグーテンベルクを使う事は可能です。しかし、テーマに専用ブロックがない場合、記事の投稿は簡素なものになってしまい、物足りなさを感じるかと思います。

どのテーマでも使えるのが、一般ブロックといって、ごく普通のブロック機能になります。

どのテーマでも使える一般ブロック

これだけだと、非常に物足りなさすぎます。。。。

Toshi
Toshi

たりなすぎるでしょ。。。

グーテンベルクに対応したテーマだと、専用のブロックを使う事ができますので、非常に記事の投稿が楽なのです。

操作もしやすくなりますし、記事の執筆速度もあがります。

理由②|HTMLやcssのスキルがなくても装飾が可能になる!

いままでのクラシックエディターでは、やや専門的な知識が必要でした。


デザインを整えるのに、CSSをいじって、HTMLで表現してといった作業が必要でした。(いじらなくてショートコードを利用すれば簡単に記事投稿できますが。)

ですが、ブロックエディターの場合では、専門的な知識がなくても、より画像の装飾やデザインの装飾などは、非常に楽になりました。

これは、専門的スキルがなくても、誰でも簡単かつ直観的に操作したい方にとっては、嬉しいポイントかなと思います。

まさにグーデンベルクの特権かとも思います。

初心者でも、直観的に操作できるレベルです。どちらかというと、ゴリゴリにプログラミングをしている方は、クラシックエディターの方が使いやすい。そんな人が多いのではないでしょうか?

どれだけ、専門的スキルがなくても、デザイン装飾が可能なのか。簡単に紹介します。

その一例を簡単に紹介します。

テキストの装飾も簡単!

テキストでは、こんな装飾も簡単

画像の装飾も簡単!

元々は四角い画像だって、スタイル一つで丸型に変更も可能!

クラシックエディターでは、細かい設定を行うためにはCSSが必要でしたが、グーデンベルクは、スタイルの設定で簡単に画像のデザインも変更が可能です。

いろんなスタイルから画像を選択できる!

吹き出しの自由度も高い!

吹き出しの色、文字、背景だってこんなに簡単!

Toshi
Toshi

グーデンベルクをつかうことで、自由度がたかくなります

グーテンベルクでは、こんな装飾も、本当に簡単にできます!

専門的なスキルがなくてもデザイン装飾が可能なのは、グーテンベルクの強みです!

今回紹介したのは、ほんの一例ですが、クラシックエディターでは専門的スキルが必要だった装飾なども、グーテンベルクでは、ボタン1クリックで、装飾が可能なんです!

なんとなく、イメージできます?

ただし、使える専用ブロックはGutenbergに対応しているWordPressテーマごとに少し、異なる部分があるので、実際には直接どんな機能が欲しいのか?どんな機能が使えるのかは、確認しておきましょう。

また、テーマやプラグインのアップデートで、追加される新しいブロックなども追加される可能性があります。

グーテンベルクの操作って難しそう。と思われている方は、一度グーデンベルクに対応しているテーマをつかってみてはいかがでしょうか。

一度、使い方を覚えておけば、この先もグーデンベルクに対応したテーマがでたときに記事の更新はらくになるかと思います。

理由③|対応しているテーマに触れる事でブロックエディターに対する抵抗感がなくなる!つまり慣れるという事!

クラシックエディターから、ブロックエディターに変更になって思った事は、記事投稿画面の操作が一気に変更となり、わかりにくい。

そんな事を思っていました。

クラシックエディターの方が、ショートコードでさくっと記事をかく事ができますから。でも、今後はGutenbergが主流になっていく事を思うと、グーテンベルクでの操作に慣れておくことは避けては通れないかと思いました。

グーテンベルクに対応していないテーマの場合、クラシックエディタ向けのテーマになるので、クラシックエディタでは非常に操作はしやすいです。しかし、グーテンベルクで使いたいと思った時にちょっと不具合がでます。

やはり、グーテンベルクを使う場合は専用のブロックエディターが提供されているので、実際に使う事で、操作はしやすいです。

はじめのうちは、グーテンベルクの操作に戸惑いつづも、対応しているテーマをつかって覚えながら記事をかくことで、グーテンベルクに対する抵抗感はなくなり無理なく操作方法を覚える事ができます。

これは、実際にわたしが触れてみて感じた事なので個人差はあるかと思いますが、グーテンベルクに対して抵抗感がある方はぜひグーテンベルク対応のテーマをつかってみてください。

では、さっそくグーデンベルクに対応したテーマを紹介します。

グーテンベルク[Gutenberg]対応おすすめのWordPressテーマ5選

グーテンベルク[Gutenberg]=ブロックエディタに対応したオススメのWordPressテーマを5つご紹介します。

グーテンベルクに対応したWordPressテーマを使うことで、グーテンベルグが非常に使いやすくなりますので、ぜひcheckしてみてください。操作が慣れて

では、さっそく紹介します。

SWELL

SWELLの使いやすさは最高峰!

SWELL』は、完全ブロックエディター対応『グーテンベルグ』のおすすめのWordPressテーマです。

check価格や機能
価格17,600円(税込み)
Gutenberg対応完全対応
操作性初心者~上級者まで
機能性オリジナルブロック多数
シンプル性非常に良い!
完全ブロックエディター対応

SWELLブロックというSWELL購入者限定のブロックエディターを使用する事ができます。別途、有料プラグインなども不要でグーデンベルクを使えるのは非常にうれしいかぎりです。

SWELL専用ブロック

SWELLで使用できるブロックは、以下です。

  • ふきだしブロック
  • 投稿リスト
  • SWELLボタン
  • フルワイド
  • バナーリンク
  • キャプション付きブロック
  • ブログパーツ
  • 広告タグ
  • 関連記事
  • アコーディオン
  • FAQ
  • ステップ
  • ABテスト
  • 説明リストタブ
Toshi
Toshi

完全ブロックエディター対応なだけあって十分すぎる機能がそなわっています。個人的にはかなりオススメのテーマです

※SWELLでは、クラシックエディターを使うと逆に使いにくくなってしまう可能性があるので、SWELLを使う場合は、グーデンベルクを推奨します!

SWELL

SWELLレビュー

Emanon

スマホからの表示がかっこいい!

集客に特化したWordPressテーマ Emanonは、ブロックエディター対応『グーテンベルグ』のおすすめのWordPressテーマです。

EmanonProとEmanonbusinessのテーマが販売されています。

check価格や機能
価格Emanon Pro9,800円(税込み)
Emanon business12800円(税込み)
専用プラグインEmanonBlocks 3680円(税込み)
操作性初心者~上級者まで
機能性オリジナルブロック多数
シンプル性非常に良い!
専用プラグインで利用可

Emanonもブロックエディタに対応したプラグインを使う事ができます。

ブロックエディタ専用プラグインに3680円と別途料金がかかるのが少し難点です。

EmanonBlockプラグイン

Emanonで使用できるブロックは、以下です。

  • ショーケース
  • ボタン
  • ダウンロード
  • PR BOX
  • 料金テーブル
  • メンバー
  • 吹き出し
  • メニューリスト
  • ボックス
  • 通知ボックス
  • CTAボックス
  • アイコンリスト
  • お客様の声
  • ステップ
  • FAQ
  • フレーム
Toshi
Toshi

Emanonでグーデンベルクを使いたい場合は、有料のEmanonblocksが必要です

※Emanonは、クラシックエディターもグーデンベルクにも対応しています。

Emanon

WP Avenue『STREETIST』

トップページがオシャレ!

『WP Avenue』は、ブロックエディター対応『グーテンベルグ』のおすすめのWordPressテーマです。

テーマは、『STILE』『STREETIST』が販売されています。個人的には、STREETISTのデザインが好きです。

check価格や機能
価格STILE 14,300円(税込み)
STREETIST14,300(税込み)
Gutenberg対応STREETISTカスタムブロック
操作性初心者~上級者まで
機能性オリジナルブロック多数
シンプル性非常に良い!
専用プラグインで利用可

STREETISTブロック

STREETISTで使用できるブロックは、以下です。

  • 期間限定表示
  • タイムライン
  • 開閉できるボックス
  • アフィリエイト用ボタンリンク
  • タイトル付きボックス
  • ボタンリンク
  • 吹き出し
Toshi
Toshi

専用ブロックについては、他のテーマに比べてやや少ない感はありますが、他のテーマとかぶりにくそうなデザインです。

※STREETISTは、クラシックエディターもグーデンベルクにも対応しています。

STREETIST

LIQUID PRESS

テーマが安いのが魅力

日本語対応高品質WordPressテーマの『LIQUID PRESS』は、ブロックエディター対応『グーテンベルグ』のおすすめのWordPressテーマです。

テーマは、複数販売されており、価格も他のWordPressテーマに比べると購入しやすい価格になっているのも魅力の一つです。

check価格と機能
価格LIGHT 3,600円
MAGAZINE 8,900円
CORPORATE 9900円
INSIGHT 8900円
LP 9900円
SMART 7900円
APP 9900円
PORTFOLIO6900円
Gutenberg対応LIQUID BLOCKS
操作性初心者~上級者まで
機能性オリジナルブロック多数
シンプル性非常に良い!
専用プラグインで利用可

すべてのテーマで、専用プラグインを使うことができます。

実際には、テーマの種類が豊富なので、自分のつくるサイトとマッチしたデザインから探す事ができます。

LIQUIDブロック

LIQUIDブロックでは、33種類ブロックがあります。

  • ヘッドLINE
  • レイアウト(Q&A、ランキング、カラム、ステップ)
  • 料金表
  • CTA(コールトゥーアクション)
  • ランディングページ
    などなど
Toshi
Toshi

専用ブロックは、無料で使うことができます。

LIQUID PRESS

STORK19

グーテンベルクに対応したストーク19

WordPressテーマ「STORK19」』は、ブロックエディター対応『グーテンベルグ』のおすすめのWordPressテーマです。

有名なストークというWordPressテーマが、ストーク19という名前になりグーテンベルクに対応したテーマとなりました。

check価格や機能
価格11,000円(税込み)
Gutenberg対応専用ブロック
操作性初心者~上級者まで
機能性オリジナルブロック多数
シンプル性非常に良い!
専用プラグインで利用可

専用ブロック

STORK19の専用ブロックです

  • ボックス(タイトルなし)
  • アコーディオン
  • ボックスタイトル付き
  • 吹き出し
  • ボタンスタイル
  • テキストマーカー
  • 補足説明ブロック
Toshi
Toshi

今後も便利なブロック開発に期待です!

ストーク19

Toshi
Toshi

いろんなテーマがではじめていますが、グーテンベルクになれるなら、Gutenbergに対応したテーマをつかうことをオススメします。Gutenbergの操作にも慣れるし、記事の執筆速度も格段と上がります。

これから、ブログやWEBサイトを作りたい。という初心者の方にも操作しやすいのがグーテンベルクかなと思います。

まとめ

今回は、グーテンベルクに対応したWordPressテーマという内容で記事を書きました。わたしもグーテンベルクに対応したテーマをつかい始めてから、操作になれてグーデンベルクの良さを知りつつあるところです。まだ、グーデンベルクに完全に移行していない方は多いかと思いますが、近い将来、クラシックエディタからグーデンベルグへの移行がすすむと思いますので、ぜひ触れてみてくださいね~。では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です