WordPressブログの始め方【完全版】1から作り方を無料で解説中!

WordPressのパーマリンク・スラッグの設定方法について解説!【初心者でもわかる】

スラッグとパーマリンク

今回は、WordPressの初期設定で必要なパーマリンクとスラッグついての設定方法について解説していきます。

ここでは、パーマリンクの設定やスラッグの設定方法について、解説します。
なぜ記事投稿前に設定するべきなのか理由も踏まえて、解説します。

ぜひ、記事をかくまえの初期の段階で設定しておきましょう。

パーマリンクとは何!?

Toshi

専門用語とかちょっと、わからないですよね。私もはじめは、わからなかったのでみなさんも安心してください(笑)これから解説します。

WordPress初心者の方は、難しく考えないでOKです。
ただ、覚えておくべきなのはパーマリンクとは、ページごとに設定しているURLの事と覚えておけば問題ありません。

パーマリンクをはじめに設定しないで、記事を書くとサイトURLはどうなのるか?

答えは、「SEO上、不利になってしまう可能性がある」という事です。

例えばですが、この記事はパーマリンクについての記事を書いています。

でも、何も設定せずに記事をかいた場合パーマリンクは、https:toshiya.nishizawa.net/p=123(パーマリンク)となってしまいます。(たとえで紹介しています。)
でも、これだとサイトの記事について、どのような事が書かれているのか理解できない状態になります。

123ってどんな記事なの!?って感じになりますよね??

見ているサイト閲覧者やグーグルにもどのような記事になっているのか伝える事は難しいです。

(ダメな例)https:toshiya.nishizawa.net/p=123(パーマリンク)⇒どんな記事なのかわからない。
(良い例)https:toshiya.nishizawa.net/wordpress/permalink(パーマリンク)

という記事URLであればどうでしょうか?

123だと意味がわからないけど、記事のURLが、WordPressのパーマリンクについて書いてある記事なのかな。というのが瞬時に理解できるますよね。
おそらく、サイト訪問者のほとんどの方は、そこまで詳しいサイトURLをみていないかもしれません。。。

でも、サイトを作っている方だとこういったURLを見ている方は多いかと思いますし、いがいに見ているかたはみているかと思います。
また、Googleにもどんな内容について書かれている記事なのか、というのが伝わりやすくなります。

結局、パーマリンクの設定ははじめのうちに設定しておくべきですし、やっておいて絶対に損はない設定です。

パーマリンクは記事投稿前に設定すべき理由について

何故、パーマリンクを記事投稿前に設定する必要があるかについて、もう一度解説します。

デメリット①:デフォルト設定では、意味不明なURLになってしまう。

さきほども紹介しましたが、事前に設定しておかないとちょっとデメリットが多いと思うので、解説しておきます。

ドメインの後のURLですが、パーマリンクについての記事を書いている場合、

・p=123(前者)
・wordpress/permalink(後者)

を比較したときに、どちらがパーマリンクについて書かれている記事だと認識しやすいでしょうか??

おそらく、100%後者のURLの方が把握できるかと思います。
パッとみただけど、何となく理解できますよね。

WordPressのカテゴリーの中の、パーリンクについての記事なんだな。って感じで理解ができますね。

重要なので、もう一度説明しておきますが、前者は英数字になって記号でサイトURLが表現されているのに対して、後者ではWordPressのパーマリンクの記事について書いているものなのだな。というのが理解できるかと思います。

簡単な設定だけで、ここまでGoogleに伝える、人に伝える。事ができるので、設定しない理由はないかと思うくらいです。(笑)

こういった設定はSEO的にも影響がでる。と理解しておいてよいかと思います。

デメリット②:途中でパーマリンクを変更する事でSEO評価に影響してしまう

例えば、今回の記事のURLはhttps://toshiya-nishizawa.net/permalink-settings/です。

WordPressのパーマリンクの設定に関する記事を書いていることをわかるかと思います。

でも、途中でパーマリンクを変更する。という事は、赤い部分が変わってしまう事になります。
途中で、このURLが変わってしまうとどうなるのか、ちょっと考えてみましょう。。。。。

答えは、URLの記事が変更されてしまう。ということになります。

その記事が良いものであって、サイト外からリンクがはられている状態だった場合、その外部リンク先から再度、そのページにいく事ができないのです。404ページがありません。と表示されてしまうでしょう。

これは、ユーザーの視点で考えるとデメリットでしかありません。
また、外部リンクにはSEO効果もある事から、サイトのURLを変更する。という事はSEOにも影響がでてしまうというデメリットがあります。

なので、基本的にははじめの段階で設定しておく事が必要になるのです。

Toshi

はじめに設定しないとちょっと大変というのが理解できたかな。

パーマリンクの決め方|オススメの設定は構造化を意識する事

パーマリンクは、サイトのカテゴリーにあわせて決めてあげるとよいと思います。

でも、ほとんどの方は、記事カテゴリーを整理して記事をわけていく場合がほとんどだと思うので、カテゴリーで指定してあげるのがベストかもしれません。

 

わかりやすく解説するために具体例で説明していきますね。

例えば、旅行系のサイトを運営しており、Tabi.comといったサイトURLだったとしましょう。
実際にそういったサイトがあるかは不明ですが、仮定として説明します。
(下の赤い部分がパーマリンクだと仮定しましょう。)
ドメインのあとに続く、URLがパーマリンクなので、カテゴリーをわけると、以下のようになるかと思います。

・tabi.com/カテゴリー名/記事タイトル
(例)tabi.com/food/Sushi

こんな記事URLをみた時、どんな風に把握するでしょうか。

あ~、このサイトは、旅系の情報を発信していて、この記事は、食べ物のお寿司についての記事なんだ。というのがすぐに理解できるのではないでしょうか(笑)
おおきな食べ物というカテゴリーの中の、お寿司というテーマについて話している。といったイメージでしょうか。

また、別の記事で例えると

・tabi.com/カテゴリー名/記事タイトル
(例)tabi.com/travel/tokyo

このサイトは、旅系の情報を発信していて、この記事は、旅行に関するカテゴリーで、東京のことを伝える記事なんだ。というのが理解できるかと思います。
これも、旅行という大きなカテゴリーの中の、東京を伝えるサイトみないな感じの内容なのかな~。といったイメージが瞬時につかめるかと思います。

このパーマリンクの決め方であれば、サイト内のどのカテゴリーにはいっているのか?どういった記事内容なのか、というのがわかるのではないでしょうか。

こういった構造を意識して記事をかくと、非常に伝わりやすいサイトになるかと思います。
ブログでも、WEBサイトでも、こういった構造を意識して伝える。というのは非常に大切です。

では次に、パーマリンクの設定方法について解説します。

パーマリンクの設定方法

WordPressの管理画面からパーマリンクの設定が可能

初期設定では、日付と投稿名にチェックがはいっているのではないしょうか。

さきほど、説明した事例では、「基本」の項目にチェックをいれると、P=123のような暗号になってしまいます。なので、修正が必要になります。

パーマリンクの設定は、設定⇒パーマリンク設定。で変更が可能です。
基本、日付と投稿名、月と投稿名、数字ベース、投稿名、カスタム構造と選ぶ事ができます。

さきほどの構造でパーマリンクの設定を考えると、
・ドメイン/カテゴリー名/記事タイトル
にするか、

・ドメイン/記事タイトル

にするのがベストでしょう。

パーマリンクのオススメ設定

・ドメイン/カテゴリー/記事URL。とする場合

(例)tabi.com/travel/tokyo

・ドメイン/記事URLとする場合

(例)tabi.com/tokyo

こんな感じになると思います。

初期設定では、カスタム構造に、ならんかの文字が入力されていると思うので、まずはすべて入力されているものを消します。

それから、入力してきましょう。

ドメイン/カテゴリー/記事URL。としたい場合、、、

カスタム構造にチェックをいれて、
「/%category%/%postname%」と入力するだけです。
POSTNameは、記事タイトルと同じなので、この設定だと、カテゴリー⇒記事タイトルで設定する事ができます。

同様に、ドメイン/記事URLとする場合、、、

カスタム構造にチェックをいれて、「%postname%」と入力しましょう。

※手入力だと、スペルミスで間違えてしまう可能性があるため、利用可能なタグから選ぶようにしましょう。

パーマリンク

このあとに、設定するのは、スラッグの設定です。

スラッグの設定方法

スラッグ

パーマリンクの設定がおわったあとは、スラッグの設定をしましょう。
ちょっと、わかりにくいので、さきほど、パーマリンクの所で設定した部分をもう一度、みてみましょう。

パーマリンクでは、「/%category%/%postname%」と入力しましたよね。

この設定をすることで、記事単位のURLを、カテゴリーと記事投稿名。と指定してげることができます。

パーマリンクだけの設定だと、カテゴリーを設定する事はできていません。
ここで、カテゴリーもわかりやすい半角英数字をいれてあげることで、適切なURLにしてあげることができます。

カテゴリーのスラッグを簡単に説明すると、カテゴリー名を、半角英数字で設定指定してあげる事で、旅行というカテゴリーがあった場合、travelとカテゴリーを指定してあげる事ができます。

名前に、旅行というジャンルをいれて、スラッグにtravelと指定してげます。
すると、以下のようなURLになります。

(例)tabi.com/travel/tokyo

この部分が、カテゴリーのスラッグ設定です。

スラッグは半角英数字で、英数字とハイフンのみが使われます。

もう一度、別の例で紹介しましょう。例えば、カテゴリーを日帰り入浴とした場合、半角英数時にすると、one-day-inputとというカテゴリーにしました。
すると、サイトURLとしは、以下のように表示されます。

●サイトドメイン/one-day-input/記事タイトル
(サイトドメイン/(カテゴリー)/記事タイトル)

となります。

ここまでの設定で、パーマリンクの設定、カテゴリーのスラッグ設定が完了しました。
最後にやる事は、記事投稿名のスラッグ設定についてです。

難しく考えなくてOKです。

記事投稿名のスラッグ設定といっても、記事タイトルを設定する。ものだなと、と理解しておけば問題ありません。

もうここまで、いったら最適化されたようなものですよ!!

記事投稿名でスラッグを考える!

さきほどまでの解説で、パーリンクの設定と、カテゴリーのスラッグ設定まで終了しました。

最後に行う事は、記事投稿名のスラッグ設定です。
上の画像をご覧ください。

注意
記事投稿名のスラッグ設定は、記事を投稿する時に行う設定となります。
ここは、記事を投稿する段階でごらんください。どんな風に表示されるか確認するために、設定してもOKです。

さきほどの解説で設定どおりおこなったとすると、ドメイン⇒カテゴリーまでの設定がおわりました。
でも、記事タイトル名はまだ決めていない状態なので、ここは記事投稿前に設定をします。

記事名をわかりやすく、「test」としたとします。
すると、カテゴリーの後のつづくURLも、「Test」としてあげます。

testという記事は、どんなURLになるのか、確認すると、以下の記事URLになります。
ドメイン/カテゴリー/testという記事タイトルにする事ができました。

これが、記事投稿名のスラッグ設定になります。

あくまで、この投稿名は例題ですが、あなたがブログを作成する時に、自由に決めてあげましょう。

本来設定する時は、記事タイトルを入力すると、スラッグも日本語で設定されてしまいます。
(記事タイトルが日本語になっている場合は、投稿名のスラッグも日本語になってしまします。)

画像のとおりです。

この設定だと、日本語のURLになってしまい、Googleには伝らない言語になってしまいます。
これでは、あまりよくなくて、この部分も半角英数字で指定してげると良いです。

わたしの場合は、Google翻訳で、そのまま翻訳をしていますが、短文の方が伝わりやすいURLになります。

ここまで、設定してあげるとgoodです。

いままで、行ってきた設定を振り返り、まとめてみると以下になります。

  • パーマリンク設定をする
  • カテゴリーを事前に決めておく。
  • カテゴリーのスラッグ設定をする
  • 記事を投稿する前にスラッグを設定する
  • 記事投稿

こんな流れで、記事を投稿してあげると、非常にわかりやすく、かつ適切なパーマリンク設定になるかと思います。

ドメイン / カテゴリースラッグ名 / 記事タイトルスラッグ名/ と、わかりやすい構造ができたかなと思います。

ねんのため、パーマリンクの設定をする時の注意点について2点ほど説明しておきます。

パーマリンクの設定の注意点

日本語のパーマリンクは避ける⇒半角英数字にする

以前は、日本語のURLとか流行っていた時期もありましたが、Googleに伝えるためには日本語URLではなく、半角英数字でのパーマリンク設定がオススメです。

日本語で設定する事も可能ですが、投稿したあとにURLを見てみると、ながーい意味のわからない文字系列のURLになるので、できるだけ避ける方がいいかもしれません。

パーマリンクの設定では、小文字の英語数字で設定するのがよいですが、わたしの場合は、Google翻訳などで、記事タイトルの日本語を英語表記に変換して記載する事が多いです。

グーグル翻訳で、日本語から英数字へ変更しよう⇒グーグル翻訳

結構活用できますよ。

長文アルファベット避ける⇒短文アルファベットで設定

私は、日本語翻訳ツールなどで、英語にしてパーマリンクを設定しています。

長くなると、サイトURLが見にくくなってしまう。という理由から短いアルファベット文字で、瞬時に伝わるようなパーマリンクがオススメです。

タイトル名によっては、長くなってしまう事もありそのまま投稿してしまう事もありますが、基本考え方としては、URLをみて、パッと伝わるような短文アルファベットで設定するのが、非常にわかりやすいのかなって思います。

WordPressブログの始め方【完全版】|初心者でもわかるように画像付きで解説

初心者向けに、WordPressブログの始め方という記事を書いています。
これから始める方は参考になるかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

WordPressブログWordPressブログの始め方【完全版】|初心者でもわかるように画像付きで解説

まとめ

WordPressをはじめて作成した時、わたしが設定に困っていた部分もあります。
今回は、初心者向けにかなりかみ砕いて説明していますが、ブログやWEBサイトを作成するときに、必ず設定すべき項目だと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です