WordPressブログの始め方【完全版】1から作り方を無料で解説中!

wordPressで記事を投稿する方法を初心者向けに分かり易く解説!

投稿

 

Toshi

 こんにちわ。Toshiです。

本日は、WordPressで記事を投稿する方法についてかわりやすく解説したいと思います。

 

こんな方向けの記事です。

  • wordpressで記事を投稿する方法がわからない。
  • 記事を投稿する手順や方法について知りたい。
  • 新エディター:Gutenberg(グーテンベルク)=「ブロックエディター」って何!?
  • 旧エディター:classiceditor(クラシックエディター)って何?
  • グーデンベルグとクラシックエディターどっちが使いやすいの?
  • これからブログを始める場合はどちらを使うといいの?

 

この記事をみる事で、記事の投稿方法を理解する事ができます。
個人的な意見もありますが、これからWordPressでブログをはじめる方に覚えてほしい事をお伝えします。

wordpressで記事を投稿するための5つのステップ!

Toshi

記事の投稿は非常に簡単にです!

記事を投稿する手順は、基本的には以下1~5のステップで投稿を完了する事ができます。
他にも細かな部分は後述しますが、基本的には5つのステップで投稿する事ができます。

※こちらの画面はclassiceditorを使って解説しています!

ステップ1
記事タイトルを設定する

記事の投稿

記事本文を書く前に行う事は、タイトルを設定する事です。
タイトルは、ただなんとなくつけるのではなく、キーワードを入れてタイトルをつけてあげましょう。

ステップ2
見出しをつくる
先に本文を書いてもいいのですが、本文を書く前に、どういった文章構成にするのか見出しを書いておくことをオススメします。
h1(見出し1)はタイトルにあたるので、文章をかくときには見出し1はでてきません。
文章をかくときに大見出しでは見出し2を使います。
その大見出し2に対して、小さな見出しを書く時は見出し3で設定してあげます。
ステップ3
見出しに対する本文を書く。
タイトルが決まって、見出しを決めたら次に行う事は、見出しに対して本文を入力していきましょう。
ここまでで、ほとんど完成した状態です。
ステップ4
アイキャッチを設定
記事を投稿

アイキャッチの設定を入力する事で、記事トップに表示させる画像を設定する事ができます。

ステップ5
記事を投稿する
最後に記事を投稿する。ボタンをクリックして完了です。

他にもあるのですが、初心者がおぼえておくべき、WordPressで記事を投稿するステップは5つの手順で行う事ができます。

他にもあるといったのですが、文章に装飾をつけたり、囲み枠をつけたり、文章を読みやすくする修正はあとでで問題ありません。

とりあえずは、はじめのうちは文章を書くことに集中して行うと良いと思います。

wordpressで記事を投稿する時は、新エディターと旧エディター2種類のエディターがある事を覚えておこう!

Toshi

2種類あるってどういう事??

はい、解説します。

これからWordPressでブログを書いていく時に、投稿する画面を新エディターで投稿するのか、旧エディターで投稿するのか、どちらかで選択することによって、投稿する画面が異なります。

インターネットで解説されている記事にも新エディターで解説しているものや、旧エディターで解説されているものがありますが、わたしのWordPressにそんな項目はでてきていない。。。そんな事があるかと思います。

Toshi

解説をみているハズなのに、わたしのWordPressにその項目はないな~。(汗)

そんな時でも、焦らなくても大丈夫です。

2つの投稿の画面があるんだ。って理解してもらえれば、もし投稿の画面で違う画面だったとしても、別のエディターをつかっている可能性がある。と理解しておいて問題ありません。

はじめのうちは、どちらの投稿画面で作業するか?を決めなければいけません。
おそらく、これからWordPressでブログを始める。という方は、新しいエディターの方がベースになっているかもしれません。メリットデメリットについても紹介しておくので、どちらが正解という事はありませんが、のちのちの作業において、どちらがいいかな?と考えて作業をすすめる事をおすすめします。

実際に、どちらを使うかは自由です。
どちらも、メリット、デメリットなども踏まえて解説していこうと思います。

では、はじめに新エディターを説明したあとに、旧エディターの画面を説明していきます。

新エディター:Gutenberg(グーテンベルク)=「ブロックエディター」って何!?

Gutenberg

新しいエディター画面であるグーデンベルグ(Gutenberg)は、WordPress5.0から標準となったエディターです。

新エディターとか、グーデンベルグ、ブロックエディター、等で呼ばれています。
ちょっと、解説するサイトによっては表現の仕方はことなるものの、同じエディター画面であると理解しておけば問題ありません。

グーデンベルグでは、ブロックごとの要素で記事を書いていく事からそのように呼ばれているようです。

では、次に従来からあるclassiceditorの方で解説します。

旧エディター:classiceditor(クラシックエディター)って何?

クラシックエディター

次に旧エディター画面による説明ですが、以前からあるエディター画面なので、昔からWordPressを触れていた。という方はこちらの画面が良くなじまれているしょう。

こちらも、言葉の表現は様々で、旧エディターとか、classiceditor、クラシックエディターと呼ばれています。

旧エディターのclassiceditorと、新エディターのGutenbergはどっちを使うと便利なの??

わたしの場合は、グーデンベルグがでる前からWordPressを触れていたので、classiceditorを使った方が非常に効率よく記事をかく事ができます。

使っている理由としては、慣れているという理由が一番大きいかなと思います。

WordPressを以前から使っていた人もクラシックエディターをつかっていた。という方がほとんどでしょう。

Toshi

サクサクっと記事をかく事ができます。

でも、これからはGutenbergの方を使うのが主流になりつつあるので、これからはじめるという方は、Gutenbergで初めて良いと思います。
慣れると記事の執筆が早いと聞きます。(わたしの場合は、別サイトで使い始めの段階です。)

わたしは、こちらのサイトではクラシックエディターを使っていますが、これから別サイトをつくる時はGutenbergで記事を書こうと思っています。

どっちを使ったら作業がはかどるか?それについては、ちょっと慣れの部分もあるかと思いますが、どっちを使ったらいいかわからない場合は、以下のメリットデメリットを理解したうえで、実際にどちらも画面を変更して使ってみたらいいと思います。(変更方法は簡単です。後述しますね。)

どちらを使うのも自由です。
ただし、Gutenbergにもclassiceditorにもメリットとデメリットもあると思いましたので、一応記載しておこうと思います。

Gutenberg classiceditor
メリット ・2018年12月頃にWordPress5.0から新しくGutenbergという投稿画面で記事を投稿できるようになった新しいエディターである

・WordPressの投稿画面はこっちが主流になっていくと予測される。

・直観的な操作で記事を楽々、更新できる。(個人的感想!)

・インターネットで困った事を調べると色々な人が記事にしているので、困った時にすぐに調べられる。

デメリット ・プラグインがclassiceditorでは対応しているのに、Gutenbergでは対応していないものがある。

・困った時に調べても記事があまりでていこない(まだ使っている人はそこまで多くはない。)

・まだまだ画面が使いにくい。という反対意見もみられている。

・サポートが2021年12月31日まで(実質2020年で終了。)

Classic Editorプラグインは2021年12月31日まで公式にサポートされます。
WordPress公式

以上のメリット、デメリットを踏まえた上で、どちらかを導入してすすめるのが良いかと思われます。

今現在は、classiceditorで作業している人も今後はいずれGutenbergに移行する時がくるのかなって思っています。
ですが、いまのところ、Gutenbergは少々使いにくい。という意見もあるのが難点です。
これは、おそらく、classiceditorで作業していた人が、途中でGutenbergを使い、作業画面が異なるから使いにくい。という意見が多いように思います。

Toshi

記事の投稿画面がまったく違うから、classiceditorで作業している人は戸惑いますよね。

将来を見据えて、ちょっと作業に戸惑うかもしれないがいまのうちから慣れておくぜ。って方はGutenbergでの作業をオススメするし、いやちょっとまだみんな使っていないみたいだから、classiceditorで慣れてそのうちGutenbergに移行するよって方はclassiceditorでの作業をオススメします。

Toshi

 ここについてはどちらも、正解は無さそうだけど、いずれはみんなGutenbergへの移行かな。と思います。 

それを理解したうえで、記事の執筆にあたりましょう~~♪

Gutenbergとclassiceditorの変更方法

WordPressを最新の状態にアップデートしている場合、通常ではGutenbergでの仕様画面になっていると思います。

変更方法は非常に簡単なので、覚えておきましょう。

Gutenbergからclassiceditorに変更する方法

Gutenbergからclassiceditorを使う場合は、プラグインを使ってすぐに変更が可能です。

プラグイン

〚classiceditor〛というプラグインをインストールして有効化するだけで、従来のclassiceditor画面に変更が可能です。

classiceditorからGutenbergに変更する方法

classiceditorからGutenbergに変更する場合も、簡単です。
classiceditorのプラグイン画面で、停止をクリックすると、プラグインが停止します。
すなわち、Gutenbergの画面になります。

 

では、次にWordPressのダッシュボードの投稿の4つの項目について簡単に触れておきます。

wordpressの記事投稿で良く使う|【投稿】の4つの項目を解説

WordPressの記事投稿の5つのステップで、実際に記事投稿についてのおおまかな作業については解説しました。

次に、実際に記事投稿の管理画面はどこから管理するか確認しましょう。
WordPress管理画面の、【投稿】から、記事を投稿する事ができますが、4つの項目について解説します

MEMO
以下の投稿での4つの項目は、classiceditorも、Gutenbergも同様の画面になります。

投稿一覧

記事を投稿したあとに、記事一覧を確認する事ができます。
この場所でできる事は、記事を修正したいと思った時に以前かいた記事を編集したり、不要だと思った記事を削除する事ができます。その他にも、プレビューで投稿した記事がネットでどういった風に表示されるのか確認する事もできます。
ここはよく使います。

新規追加

新規追加では、実際に記事を投稿する画面に移行します。
ここから、記事をかく事ができます。
ここも記事を投稿する時につかうので、よくつかいます。

カテゴリー

新しくカテゴリーをつくる事ができます。親カテゴリー、子カテゴリーなど設定が可能です。

ここははじめのうちに設定したらあまり使いません。

タグ

記事に対して大切な言葉やキーワードを表現するものがタグになります。

ここもはじめに設定したら、あとはあまり修正しません。

wordpressの記事投稿で覚えて欲しい3つの基本操作!【超基本】

Toshi

すっごく基本的な操作を理解しておきましょう。

WordPressの基本操作で超基本的な事だけど、初心者向けに覚えてほしい事3つを伝えます。

記事を投稿する。
記事を修正や編集する。
記事を削除する。

この3つです。

Toshi

記事を投稿する、削除する、修正する。の基本的な3つの操作ははじめのうちに理解しておきましょう。

はじめのうちは色々操作に慣れないかもしれませんが、絶対にはじめのうちに覚えておくことをオススメします。
記事を書く前にテスト記事でもいいので、実際に触れてみましょう。

わたしがいつも使っているclassiceditorで解説します。

①wordpressで記事を投稿する

記事投稿

WordPress管理画面 < 投稿 < 新規追加 < 公開。

の操作方法で、記事を投稿する事ができます。

②wordpressで投稿した記事を削除する

記事の投稿

WordPress管理画面 < 投稿一覧 < 削除する記事をクリック < ゴミ箱。
の操作方法で、記事を削除する事ができます。

あやまってゴミ箱にいれてしまった。復元したい。。そんな時にでも、復元する事ができますので、ご安心を!
以下の手順で、誤ってゴミ箱に入れてしまった時の復元方法についても解説します。

WordPress管理画面 < 投稿 <ゴミ箱。
の操作で、ゴミ箱にいれた記事の一覧を確認する事ができます。

ゴミ箱の復元

テストという記事を、復元したい。ゴミ箱から戻したい。そんな時は、【復元】をクリックすると、記事一覧に戻す事ができます。
ちなみに、ゴミ箱から完全に削除する。という場合は、完全に削除をクリックしましょう。

ゴミ箱の復元

基本的な操作なので覚えておくと良いです。

③wordpressで投稿した記事を編集・修正する。

WordPress管理画面 < 投稿一覧 < 編集。

の操作方法で、以前かいた記事に修正をしたい時に、この場所から編集作業を行う事ができます。
一度かいた記事をあとから修正する。という事はよくあることなのでこの場所から編集操作を行う事ができます。

WordPressの記事を投稿する前に覚えておいた方がよい3つの事

ここも記事を投稿する前に覚えておいてほしいことをお伝えします。
本当に覚えておいた方がいいです。

わたしも失敗しました・・・・
これから、記事を投稿する方には失敗してほしくない、できるだけ避けてほしい点をわたしなりにまとめました。

Toshi

失敗した~~とならない為にも覚えておいてね。

その①|画面を移動する時は下書き保存をしましょう!でないと途中まで書いた記事消えます!

記事投稿が消える

ここは、ブログを書いている方であれば、一度はやってしまった。。という経験はあるでしょう。
例えば、WordPressで記事をかいている時に、他の画面に移動しようとすると、注意書きがでます。

このサイトを離れますか?行った変更が保存されない可能性があります。という表示。

あまり文字数をかいていない場合!その場合は、また最初から記事をかけばいいので問題ありません。
ですが、渾身の記事をかいて完成まじかの状態で、保存もせず他のページに移動したらどうなるか。。。。

このページを離れる。をクリックしたら最後、あなたの途中まで書いた記事が消えます。。。。

Toshi

時間を返してくれ~~~。もう書けない。。。

なので、記事をかいていきなり〚公開〛をクリックするのではなくて、記事をかいている途中の段階で、画像右上に表示されている〚公開〛の項目の、【下書きとして保存】をクリックして、記事が消えないように保存してあげてください。

WordPressの画面を消してしまったり、画面の移動をしようとしたときに、消えてしまうので、本当にテンション下がります。。。。

いまでも、間違えてしまう事がありますが、初心者の方ほど避けてほしいが、WordPressを使っているとどうしてもありがちなので、ぜひ覚えておいてください。

その②|投稿する前にプレビューをみてパソコンから誤字脱字を確認しよう!スマホでも記事を確認しよう!

記事投稿

記事が完成したら、記事を公開(ネットに公開)しても問題ありません。

ですが、記事の信頼性を高めるために、実際にプレビューをおして、パソコンでどのように表示されるのか一度みておくと良いと思います。

記事を執筆している段階ではきづかなかった、誤字脱字に結構きづきます。
急いでいる時なんかは、プレビューをせずいきなり公開することもありますが、誤字脱字は記事の信頼性にかかわるかなと思いますので、できるだけ時間がある時はチェックしてから記事を公開すると良いと思います。

Toshi

わたしも誤字脱字はよくやります(汗)

あとは、記事を投稿したあとは、スマホからも最後チェックしておきましょう。

WordPressで記事を投稿すると、(スマホ対応化されているテーマでも)パソコンとスマホの画面幅が異なるので、見えにくい箇所がでてくる事があります。それはパソコンでプレビューをしていても確認する事はできません。

なので、記事を投稿した段階で、最後にスマホで見やすさはどうかな。というチェックをするといいと思います。

いまはスマホでも閲覧するのが当たり前になっているので、パソコンはもちろんのこと、スマホからの閲覧のしやすさ。という意味でチェックしておくと良いです。

その③|WordPressに記事を投稿する前の5つのチェック項目!

書いた記事が完成しました。

Toshi

さぁ、投稿ネットに投稿しよう。

となる前に、一度、記事投稿ページの全体を確認してから投稿するようにしましょう。
使っているWordPressテーマにより、多少画面の操作は異なるにしても、記事投稿前に最低限チェックしてから投稿すると良いと思います。

あとから、投稿設定を確認するのも大変だし、できれば、はじめのうちに全体を確認しておきましょう。

チェック①|記事タイトルやパーマリンクの設定は完了しましたか?

タイトルは大丈夫?

記事タイトルと、パーマリンク設定がおわったかどうか?チェックしましょう。
また、タイトルと、記事内容があっているかチェックしましょう。

チェック②|記事の本文に見出しはつけました?

段落

見出し2(h2)、見出し3(h3)あたりで記事内のタイトルをつける事が多いと思います。
見出しをつける理由としては、見出しで記事内容を整理する事で、サイト訪問者が見やすい。というメリットもありますが、Googleにも記事内容を伝える効果もあります。
※記事のタイトルは見出し1(h1)になるので、記事をかくときには見出しタイトルは表示されないです。

タグは設定しましたか?

タグ

タグは、ブログ記事のキーワードをいれることでサイト訪問者が情報をさがしやすくするという目的があるかと思います。
3個~5個くらいが望ましいといわれていますが、多すぎはダメだと思われます。

カテゴリーは設定しましたか?

カテゴリー

カテゴリーを設定して、その記事がどこのカテゴリーに属するか設定しましたか?
カテゴリー設定をしないのはもったいないので、記事を投稿する前にちゃんとカテゴリー設定したか確認するようにしましょう。

未分類

カテゴリーを設定していない場合、カテゴリーが未分類。という設定にデフォルトで設定されているかと思いますが、非常にもったいないです。記事投稿前に、カテゴリーを指定しているか確認しましょう。

アイキャッチは設定しましたか?

アイキャッチ

アイキャッチ画像もあわせて、設定しておいた方がよいので設定してきましょう。

まとめ

初心者向けにWordPressの記事投稿に関する方法だったり、注意点についてお伝えしました。
記事を投稿する前に、参考にしてくれるとありがたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です