失敗しないWordPressテーマの4つの選び方!初めて有料テーマを導入する時の注意点!

 

こんにちわ。LifeStyleCreateを運営するToshiです。

Toshi

今日のテーマは、WordPressテーマをどれにしようか、自分にはどんなのが合っているのか、探していて迷っているけど、失敗しない選び方があったら教えて!そんな方向けの記事になります。

実際は、直観的に『自分がいい!』といったものを使えばよいかと思うんですが、WordPressテーマは無料のものを使うより、有料テーマを使う方が非常に作業しやすいです!

有料のWordPressテーマの方が非常に効率的である理由!

無料テーマの場合は、あくまでもメリットは無料なのですが、有料テーマに比べると費用対効果はちょっと弱いのかなって思ったりもしています。(個人的に。。)
もちろん、無料でもいいものはたくさんありますし否定はしませんよ~。

でも、初心者の方こそ、ブログで成果を上げたいとか、収益につなげたいよ~。と考えている方は、はじめっから有料テーマを購入して、サクサク記事をかいた方がとっても効率的です。

無料なのはありがたいのですが、自分でちょっとカスタマイズしないとシンプルすぎる感じになってしまうし、プラグインをたくさんいれたり、デザインのカスタマイズに時間がかかってしまう事があるんです。

で、結果的に色々操作した結果、もっと、あーしたい、こーしたい。無料だとこれができない。といった不満がでてきて、無料テーマを使っている方も、最終的にはほとんどの方が有料テーマを購入します!

Toshi

みんな最終的には有料テーマを購入します!

だって、時間をかけないで、すっごく綺麗なサイトがつくれるから。。。
自分の欲しい機能だって、お金をかけずに簡単に装備されているから。。。

そういった、あーしたい。こーしたい。と考えている時間は、結果的に自分の勉強にもなりますが、最終的に有料テーマを購入してしまうのならば、はじめっからテーマを購入してしまった方がてっとりばやいです。

悩んでいる時間とか、無料テーマから有料テーマに移行する時間とか。。。。結構もったいなです!
まぁ、そこはお財布と相談という形になるかと思いますが、私は直観でいいのがあったら購入しますよ。

サーバーをレンタルしていない方はこちらも記事も参考に!

私のサイトでは、初心者でもブログ運営を始められるように記事を書いています。
サーバーについてちょっとわからない。という方はこちらも参考にしてみてください。

エックスサーバーの6つの特徴!サーバー選びが重要なワケ!

WordPressテーマは愛着を持って運営できるものにしよう!

どのテーマが一番いいよ!とか、オススメだよとかは、一概には言えません。
結構、好みに左右される部分もありますので。あとはどんなサイトをつくるかによってもかわってくるでしょうし。

かわいいテーマが好きな方もいれば、かっこいいテーマを好む人もいるし、シンプルなテーマがいい。っていう方もいます。逆に、ごちゃごちゃしている方が好きだ。っていう方もいます。
ブログであれば、読者から見てもらいやすいデザインがいいだろうし、企業や組織であればそういったテーマよりも、もっと清潔感のある信頼されるようなデザインのテーマを購入するかと思います。

なので、まずはテーマのデモサイトをいろいろみてみて『あ~、これなら私が愛着もってブログ書けるわ。』って思えるようなテーマがいいかと思います。

Toshi

サイトに愛着をもつって結構重要だよ!私は自分のサイトを愛着もって書いています(笑) 

なので、私的には愛着をもって運営できそうなものを導入することをオススメします!

Toshi

愛着ってなんやねん。って話ですよね。

愛着があればブログを書くのが楽しくなる!

今現在は、Googleも採用している、マテリアルデザインとかフラットアイコンが合うWordPressテーマは結構やはっていますね。そういったdesignを好む方が増えてきているので、『SANGO』とか『JIN』とか流行っていますよね。
イラストやアイコンと相性がよいので、まだまだそういった利用者は増えていくでしょう。

でも、マテリアルデザインとかフラットアイコンのデザインが一生良いか。という点においてはいまの所すっごくはやっていますが、また流行るものが変われば、新しいテーマがどんどん開発されるでしょう。

なので、一概にいまどれが一番いいよ。とかおすすめだよ。というのは言えません。

そこで、私的に、ブログやサイトのコンテンツをつくるにあたり大切にしたい事。それは、愛着をもってサイトを作成できるかどうか。なんじゃないかな~。と個人的には思っています。
自分サイトに愛着があれば、ブログ記事を書いていて楽しいし、逆に愛着がうすくて自分でサイトをつくっていて楽しいと思えなければ、作業となってしまい続けられない可能性があるのです。

ながーく続けるブログなので、やはり楽しく運営したいよね!?

ってことで、色々探してみて自分の気に入ったテーマとかがあれば、即購入です!私の場合!
愛着がもてるな~。って思ったら記事もかきたいし、カスタマイズも楽しくなってきますよ。

Toshi

MACのパソコンをもっているとやる気がでるっていう人いるじゃないですか。それと近いかもしれません。Macをもってcafeで仕事するとはかどるよ。みたいな

少し話がそれてしまいましたが、次からは失敗しないWordPressテーマの選び方というはなしをします。

 

こちらの記事でも、テーマ別で紹介していますので、参考にしてみてください。

SEOに効果のあるオススメのWordPressテーマ一覧!初心者が選ぶべき3つのポイントを紹介!

失敗しないWordPressテーマの4つの選び方!

自分がこのサイトかっこいいな~。とか、このデザインオシャレだな~。使いたいな~。といた直観は結構重要です。
とはいっても、直観を頼りにするのは怖い!という方のために、失敗しないWordPressテーマの4つの選び方についてご紹介しておきます。

サイト閲覧者側の視点と、あなた側の視点でちょっと考えてみましょう。

失敗しないWordPressテーマの4つの選び方

  • スマホ対応されているかどうか?
  • デザインは見やすいかどうか?
  • テーマ自体使いやすいかどうか?
  • 自分のサイトデザインにマッチしているかどうか?

テーマを探している方は覚えておきましょう。

スマホ(レスポンシブ対応)対応されていますか?(サイト閲覧者の視点)

有料テーマを購入するにあたり、そのテーマがスマホ対応化されているかチェックしておきましょう。
スマホをもっていない方はほぼいないでしょうし、いまはパソコンから見るという人もいますが、ほとんどの方はスマホをつかってスキマ時間にいじっている方がほとんどです。

デザインは見やすいですか?(サイト閲覧者の視点)

サイト閲覧者にとってそのデザインは見やすいかどうか?をちょっと考えてみてください。
最近のテーマはすっごくデザインも綺麗なものが多いのであまり心配する必要はありませんが、ちょっとデザインが見にくいものを使用してしまうと、サイトから離れていってしまいます。
有料テーマの公式サイトをみて、あなたが見やすいかどうかをちょっと確かめてみてください。

WordPressテーマ使いやすいですか?(あなたの視点)

公式サイトでは、結構使い方や機能などの説明をされている所がほとんどかと思います。
今のWordPressテーマはかなり優秀なので、使いやすいものが多いかと思います。
でも、ちょっと注意したいのは古いテーマを使用してしまうと結構使いにくかったり、かんだか操作がわかりにくかったりで結構大変です。初心者の方ほどシンプルにカスタマイズできるものがいいかもしれません。

WordPressテーマ特有のカスタマイズ。というものがあり、そこでWordPressテーマ特有の味を表現する事ができます。サイトの見栄えやデザインはこのテーマを変更するだけで全然違うサイトになります!
驚きです。

WordPressテーマとあなたのサイトコンテンツはマッチしていますか?(あなたの視点)

ここもちょっと注意してほしい所なので書いておきます。

WordPressテーマとあなたのサイトデザインはマッチするものを選択しましょう。
ミスマッチ(デザインとサイトの内容があわない。)場合、結構お客さんは引いてしまったりもします。

・企業のような信頼感や清潔感をイメージしたサイトをつりたい時は、シンプルなwordPressテーマを選択したい。
・個人のブログなどのサイトをつくりたい時は、サイト閲覧者と距離が近いようなデザインがよい。
・飲食店を経営している方であれば、料理メニューをのせれるようなWordPressテーマにしたい。
とかとか、いろいろあるかと思うんです。
ある程度、サイトコンテンツとデザインがマッチしていればいいですが、違うものを選択してしまうとちょっと戸惑ってしまうこともあると思うので注意しましょう。

まとめ

テーマ選びは愛着だよって結構うるさくいったけど、本当に愛着をもって運営する事は重要です。
自分が大切にしないと結局サイトは育たないしコツコツサイトを修正したり記事を更新したりするのは、個人的には愛着って言葉が合う気がする。

  • 有料テーマは費用帯効果が高い!
  • 愛着あるテーマを選択すればブログを書くのが楽しい!
  • WordPressテーマを選ぶ時は4つのポイントを理解しておこう!

Toshi

一緒にブログをはじめしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です