輸入転売って何?どうなの?昔と今は何が違うの?

 

輸入転売って何??

輸入ビジネスって何??
輸入ビジネスとは、海外のAmazonや、イーベイ、中国の販売サイト、その他海外サイトからから商品を仕入れて、国内のネットショップやオークションサイトで販売するビジネスです。
海外で商品を仕入れて、国内で商品を販売し、その差額で利益を得るといった方法になります。
商売の基本である、安く購入し、利益ができるように高く販売するというビジネスの根底にあるビジネスですね。

実際には輸入をして売れるだろうか?

結論から話すと。。。

昔と違って、今はモノが安く購入できる時代になったので、海外から安く仕入れて、日本で販売するには、利益を大きく上げる事は難しいビジネスなんじゃないって思います

輸入ビジネスをやるにしても、仕入れる商品の在庫だったり、軍資金だったり結構必要になります。100万円使って利益が10万~20万でたらいんじゃないかなって思います。

輸入や転売ビジネスが難しい理由

今現在、輸入ビジネスが成立しにくい理由としては、

・メルカリの誕生で、日常生活に必要なモノがとても安く購入できるようになったこと。(高価な物も、安く購入できる。)
・衣服でも、GU、しまむら、H&M、GAP、ZARAなどのファストファッション系のブランドが、とても安く購入できる。
・物が溢れていて、物質的なモノというモノにそこまで価値がなくなった。

現在では、モノが安く購入できる時代です。衣服もモノもシェアして安く利用する事ができるようになりました。

転売でうまく利益を上げるには

なので、海外から安く買い付けをして、日本で売るためには

・日本の平均価格で売っているモノより安く仕入れができるかどうか。
・日本では発売されていない珍しい物か。
・レアや希少性の高い物か。

などを仕入れする事がよい方法と思われます。

昔は売れていたの??

みなさんは、メンズエッグという雑誌をご存じだろうか??

昔に流行ったギャルやギャル男世代の雑誌です。(今はなくなりましたが。。)メンズエッグに出ていた有名な方だと、小森純さんの旦那さんである「今井涼」さんや、益若つばささんの元夫である「梅田直樹」さんが有名だと思います。そして、メンズエッグが流行していた初期の頃は、古着が流行っていた時期があったんですが、ご存じでした??

古着で着こなすサーフ系と言われるファッションですね。今のフリマアプリのようなメルカリで販売しているような衣服でなくて、本当に昭和40~60年代に売られていたTシャツとかアメカジ系のシャツのことですね。。

この時期は、海外に古着を買い付けにいく業者「バイヤーとも言う」が多くいて、古着を大量に購入して日本で販売して売れていた時期がありました。その時は、古着一着あたり数百円で買い取り、日本で数千円で売るといった事が流行していました。

その時代は「古着」が一時期爆発的な人気がありましたが、今現在は古着というよりも、ファッションは多様化しているので、海外でとても安く購入する。という事も難しいのではないでしょうか。(古着を着ている方を、否定しているわけではないです。)

昔の価値感として、古着は一点物としてとても価値を感じてきている方が多くいました。
珍しいとか、色がかっこいいとか。

でも、今はとても安くよい素材や品質の商品を選択できるようになったため、綺麗な品質のものを選択する人が増えたため古着を着る方は少なくなりました。古着屋さんって、10年位前は結構お店がありましたが、今は昔に比べて少なくなっているかと思います。
話しはそれてしまいましたが、、、、笑

何がいいたいかというと、これから転売をしようと考えている方は

輸入のメリット・デメリット

・輸入をするためには英語は必須?
ネットで購入したり、直接買いつけにいく人だったり、現地で買い付けを依頼する人もいますが、どれもやり取りをする場合には、英語力が必要な場合が多いと言えます。なので、言葉の壁がある事を理解しておきましょう。英語を理解していないとことがスムーズにいかない事が多いでしょう。それがストレスと感じで輸入ビジネスを辞めたYO~という方もいると思います。

・日本で通販など商品を購入すると、本当に良い物が送られてくると思っている事が当たり前と思ってしまいます。日本はそれほどすばらしい文化なのだと思います。でも、海外から購入すると、偽物だったり、不良品などが送られてくる事もあります。そういった事にも対応していかなければなりません。これはストレスだよ~。

・在庫を抱えてしまうという事と、利益を生み出す事は難しいビジネスでもあります。その他デメリットは、関税の計算がとても面倒だという事です。その他、為替変動の影響を受けるため、大きく値段もかわる可能性もあります。

・メリットは、モノありきなので、比較的売りやすい。サービスとか目に見えない者ではなく、モノという価値を提供するために売りやすいです。レアな商品や希少性の高い物だと、とても高価な値段で売れる事もある。という事ですが、さきほども話した通り、モノがあふれている時代なので、昔より売れにくい。というのはあるかもしれません。

海外から仕入れるならどんな商品がよいのかな。

・1回の取引で利益がでるものを探すのがいいのかな~と思ったりもします。
これを探すのが大変ですが、もし1つの商品で利益が5000円程度でる商品であれば、月10個販売したとしたら、月5万は稼ぐ事ができる計算になります。利益が薄ければ、あとは数で勝負する方法になります。

・国内と海外の商品価格の値段に差があるものを狙う。
円高の時は、内外価格差が大きくなる傾向があるので、そういった商品を狙う。(送料や関税なども考えなければいけませんが。。。)

・自分が得意な分野で勝負をする
例えば、カメラにとても興味や関心がある人ならその分野を理解していれば、ある程度相場はわかりますし、苦手な商品を扱っていても結構苦しくなります。

・希少性の高いものやあまり日本で販売されていないものをみつける事ができたら、高く売れる可能性はあります。

わたしは、転売とか輸入のビジネスモデルはオススメしていません。
かなりの作業量が必要なわりにむかしと比べて、たぶん、もの自体が売れにくくなっているハズ!

とはいっても、海外Amazonや日本のAmazonでも商品を販売している方も多いと思うので、この限りではないかと思います。

まとめ

輸入ビジネスって簡単だよ~。言われることがありますが、簡単ではありません。
そして、利益を出すためにも資金が必要になってくるため、まとまった軍資金も必要になります。
日本で安く商品が購入できる現在、輸入ビジネスで成功する人は組織化している人じゃないと結構難しいビジネスじゃないかなって思います。

個人で、何かをはじめるなら、わたしはアフィリエイトがよいかな~。と思っています。わたしの別の記事でもそういった内容のものをお伝えしているので、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です