Windows10へのアップデートどうやるの?【条件付きで無償でバージョンアップ可能】

Toshi

きょうは、Windows10にアップデート方法についてのおはなしをするよ~。

PCでWindowsを使っている方、みなさんアップデート済んでいます!?

以前より、Windows7のサポートが終了予定と(2020年1月14日)話題になっていますが、まだアップデートしていない。そんな方もいるのではないでしょうか。

操作が面倒くさい、とかアップデートが面倒くさい、とか慣れない画面で作業したくない。とかいろいろあるかと思いますが、とりあえず、わたしはここ最近Windows10に無料アップデートしたので、そのお話しについてしますね。

やはり最新のバージョンにアップデートする事でよかったことをちょっと書いておきます。
Windows7、Windows8.1を使っている方はアップデートしましょう。
Vistaとかは対応していないようです。

Windows10にアップデートした事でよかった事!

よかったこと

・パソコン動作がかるくなった。気のせいか?
・PC内の検索機能がわかりやすい
・Adobeソフトも最新バージョンが使えるようになった。

いまのところ、Windows10にアップデートした事でよかったことしかありません。
Windows8.1をいままで使っていましたが、8.1も動作が遅かったわけではないですが、なんとなくサクサク動くようになったよう気がします。(気持ちの問題なのか、最新バージョンのため何か動作が早いのかわかりません。笑)

あとは、左下画面に「ここに検索」という検索機能がありわたしは非常に使いと実感しています。
いままでも従来どおりあった機能かもしれませんが、なんとなく、ファイルにたどりつくまでに、少し時間がかかっていたような気がします。
でも、今回Win10にアップデートしたことで、ここの部分をふんだんにつかって設定をしました。
初期設定で、マウスやキーボードのデバイスを設定し、その画面にいくまで、検索するだけで、一発で設定画面を開くことができる。これWin10にアップデートしてからちょっと、楽と感じた部分です。

Windows10

あとは、Adobe製品のpremiereProや、Photoshopなどなど、最新のバージョンを使えるようになったのも嬉しい点です。8.1でも使えていましたが、新しいバージョンは使えませんでした。

わたしも、面倒さという部分でアップデートをしていませんでしたが、今回最新バージョンにしたことで、
なんとなく、使いやすくなった。というところが正直なところです。

また、それぞれサポート終了する予定とマイクロソフトより発表がでているので、今回アップデートした次第です。

いつサポート終了するの?
Win7は、2020年1月に終了予定。Win8.1は2023年1月終了予定となっている。

ということで、アップデートはまだだよ。という方は最新バージョンにしておきましょう。

Windows10にアップデートしたい。

2016年~2017年頃に、Windowsを使っていた方で、Windows10に無償アップグレードできたことを覚えていますか?
(それ以降にPCを購入された方はちょっとわからないかもしれません)

その時期に、無償でバージョンアップを行っていたのですが、わたしも、ちょっとその時使うかどうか検討していたのですが、慣れていたWindows8.1を使っていたので、ちょっと躊躇していました。

一度、その時に無償でバージョンアップを行うことができたのですが、お試しでバージョンアップしたWindows10をその時にすこしだけ使っていました。それから、やはりちょっと慣れないなという事もありすぐに8.1に戻したんですよね。

でも、やはり最新バージョンに対応しているソフトも多いということで、わたしはWindows10にアップデートしました。

Windows10にアップデートしたいけど、どうやるの?対処方法4つ

①無償アップデート時に一度でも、PCにアップデートした事がある人!

わたしはこちらの方法で、アップデートが完了しました。
これ以外の方法については、きっと有料でダウンロードするしか方法はないかもしれません。

マイクロソフトWin10アップデート

②いままで使っていたパソコンをそのまま使いたい方|イメージファイルをダウンロードしましょう。

以前、無償でWindows10にアップデートする時期で、わたしと同じようにアップデートをした事がある方であれば、無料でアップデートできます。

ですが、以前無償アップデートの時に、Win10にアップデートを一度もした事がない。という方は、Win10のディスクイメージをダウンロードして、そこからアップデートしていく方法しかなさそうです。

注意
アップデートする場合は、自己責任でお願いします。当サイトでは、一切責任をおいません。あくまで私はWindows8.1からWindows10へのアップデートは完了していますが、以前に無償のアップデートをしていた経緯がある事から、今回はすぐに無料で行うことができました。状況・環境・古いパソコンを使っている方の場合は、公式サイトで確認することをオススメします。

わたしはMacのPCをつかっていますが、MacにWindowsをいれて使用しています。
その時に購入したのが、上の商品のバージョンのWin8.1の商品です。

③パソコンが古い場合は、Win10が付属する中古のパソコンに買い替えるという方法もあり

もう一つの方法は、新しいパソコンに買い替えをする。という方法です。
いま、Windowsのパソコンを購入する場合、Win10ははじめから使用できるようになっていると思われるため、パソコンが古くなりイメージファイルを購入するくらいであれば、新しいパソコンを購入する方法も一つの手ではあるかと思います。

④新品のパソコンを購入するという方法もあり

あとは、新しいパソコンを購入して、そのままPCに入っているWindows10を使うという方法もあります。
状況あわせて、導入したらいいかなって思います。

Win7と8.1のサポート終了予定について。サポートないとどうなる?

サポートが終了する。という事はきっとメンテナンス事体も行わない。という事になると思うので、セキュリティー上、問題が生じてくる可能性があります。

プログラムも、つねに最新のものを利用しないとウイルスの感染だったり、個人情報の漏洩などのリスクが心配です。

Windows10にアップデートしたらBluetooth塔載していなかった問題

わたしは、以前に無償でWin10にアップデートしていましたので、そのせいもあって、Bluetoothが搭載していなかったのかもしれません。

Elecom【Elecomのマウスがオススメ】Windows10にアップデート後にマウスが使えない時の対処方法

これから、パソコンを購入される方や検討している方は、Bluetoothが対応しているかどうかもチェックしておいてください。わたしの関連記事で、わたしの事例を紹介しています。

まとめ

古いバージョンを利用している場合、わたしのようにAdobeのソフトが使えない。そんな事も多々あります。
Adobeにかぎらず、これからはWindows10に対応したソフトが一般化していくのではないでしょうか。
何かソフトを利用する時に対応できなくなることが予測されます。また、Windowsのセキュリティー上も心配になってきます。
これから、アップデートを検討している方は参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です