スマホ専用のオススメのジンバル・スタビライザー5選|手ブレ補正や綺麗な映像制作に必須アイテム!

スマホ用スタビライザー

Toshi

こんにちわ。Toshiです。本日はジンバルやスタビライザーについてオススメの商品を紹介するよ。

最近は、スマホの画質もよくなり、スマホに機器を装着して、写真や風景をとる方が非常に増えてきました。

動画をインスタグラムやYou Tube用として、単純に動画をとる方もいますが、やはりジンバルやスタビライザーを使用して、撮影する事によって、『プロのカメラマン』が撮影したような映像だって、個人で簡単に撮影ができるようになりました。ほとんどの機器において、『手ブレ補正機能』なんてものもついていますので、しっかりと動きのある映像をとりたい時にでも、ウネウネ~。として撮影することができるのが、魅力なのです。

プロ仕様のでかい撮影機材であれば、値段はすごーくはりますが、今では値段も安価で、非常に綺麗な映像を低価格で撮影する事ができるようになりました。

そこで、色んな会社で、ジンバルやスタビライザーが販売されていますが、実際にどこのメーカーを選んでいいかわからない。そんな方向けの記事になりますので、参考にしてみてください。

まずは、ジンバルやスタビライザーって何かわからない方のために、簡単に説明します。

ジンバルやスタビライザーの言葉の意味について

ジンバルとスタビライザーの言葉の違い・意味ってなに!?

 

あまり難しく考えなくていいです(笑)

ほとんどの方は言葉の定義がよくわかっていなくても、しっかりと撮影する事ができています。
ですが、簡単に説明させていただくと、、、

ジンバルとは、ある1つの軸を中心として物体を回転させる台のことをジンバルっていいます。
ジンバルによっては、1軸のみ。2軸のみ。3軸のみ。なんていい方しますが、この軸によりバランスのとる方向や範囲などもことなってきます。1軸よりも3軸の方が、よりジンバルが回転するので、周囲を見渡すのに適しています。3軸の方が周りをとりたい。という時には適きています。

では、スタビライザーとはなんなのか!?
これは、一眼レフのカメラを装着したり、スマホのカメラを装着したりできるもの。をスタビライザーといったりもします。
いまではいろいろな商品がでています。

今回の記事は、スマホに装着できるスタビライザーを紹介させていただきます。

メモ

スタビライザーといったら、スマホやカメラを装着できる機器全体のものをさして、ジンバルといったら1軸、2軸、3軸というものがあり、軸が多い方が周囲の景色を幅広く撮影できる。

スタビライザーの種類

撮影機材に搭載されている電気モーター仕様によるものと、それとも電気式ではなく重りのついたタイプでバランスをとって、撮影できる仕様のもの。大きくわけて2種類あります。
いまは、電動で撮影するものが主流になりつつありますので、今回は電動系で撮影する商品をこれからご紹介します。

スタビライザーの軸数と価格について

1軸、2軸、3軸があるので、用途と値段に合わせて利用するのがよいかと思います。

映像撮影で、本格的に映画のような撮影をするなら3軸がオススメです。
1軸、2軸でも問題ありませんが、幅広く撮影する場合は3軸がよいと思います。
また、3軸の場合、値段は少しはりますが、1軸~2軸では3軸に比べやや価格が安いという印象があります。

ジンバルやスタビライザーがあると、どんな事ができるの!?

プロが撮影したような綺麗な動きのある動画を一般の方でも気軽に撮影する事ができます。

最近では、インスタグラムやYou Tube撮影用として使用される方が多いです。

例えば、走ったりした時に、走った振動で、ぶれぶれの映像が撮影されます。これは、手ブレ補正がついていないからです。
でも、スタビライザーをカメラに装着する事によって、カメラの位置が安定するので、走って撮影をしたとしても、ヌル-っとした映像が綺麗にとる事ができます。
そんな事から、一般の方でも綺麗な映像を撮影する事ができるようになり、楽しみながら簡単に撮影できるというのがスタビライザーのいいところだと思います。

あとは、各種機能によっては、若干の違いはあるにせよ、最新機種では、だいたい機能は充実しています。

ジンバルやスタビライザーを選ぶ時の3つのポイントは?

スタビライザーを選ぶ時の3つのポイント

・カメラ系に強いメーカーで選択するのもアリです。

・重さは軽く、サイズも小さいコンパクトの方が持ち運びには便利!

・撮影時間が長いなら、バッテリー駆動時間で選ぶのもあり!(※もちろん使い方によってバッテリー消費量は異なります。)

あえて、いうならば、この3つあれば問題ありません。

スマホに最適なオススメのジンバル・スタビライザー5選

【Feiyu Tech G6 Plus】フェイユーテック|幅広いカメラに対応したおすすめのスタビライザー

 

スマホ用に対応している3軸のスタビライザーです。

こちらの商品の優れている点は、スマホのカメラだけではなく、他の一眼レフカメラを装着する事ができるという点です。

今もっているスマホも手軽に装着する事ができるし、これから、本格的に撮影をはじめるという場合、一眼レフにもGoProにも、対応しているので、1本このスタビライザーがあれば、いろんな使い方で楽しむ事ができてしまいます。

GoProでは、Hero7,6,5にも対応しています。
その他、カメラで有名なSONY、キャノン、パナソニックなどのカメラにも対応しています。
扱える機器、扱えない機器があるので、公式サイトでご確認ください。

生活防水対応になっている所も嬉しいポイントです。もちろん、GoProのように、海の中にもぐって。。。とはいきませんが、それなりに、日常的に雨や雪が、降っている場面でも問題なく撮影ができるという点は嬉しいポイントです。

基本情報

・重量(約)663g

・サイズ328㎜

・バッテリー駆動時間は9時間

 

おすすめのポイント

  • Feiyu Tech G6 Plusのおすすめのポイントは、色んなカメラに対応しているという点です。
    スマホで使うのはもちろんのこと、一眼レフのデジタルカメラ、アクションカメラであるGoPro、など使い方は幅広く利用できます。
    もし、あなたが一眼レフをもっているならそれを装着する事もできるし、もちろんこれから、スマホではなく一眼レフも使っていくという場合にも利用できる優れものです。
    お使いの一眼レフカメラが使えるかどうかは、公式サイト(こちら)を参考にしてください。

【DJI Osmo Mobile2】オスモモバイル2|ドローンでもお馴染みのおすすめスタビライザー・ジンバル

スマホ専用のスタビライザーです。DJI社のOsmo Mobile2で、3軸のジンバルが装着されています。
DJI社はドローン機器も幅広くでている事で有名ですね。これから、ドローン撮影をしていく。という方はあわせて、OSMOMOBILEも使うという方も多いかと思います。

基本情報
  • 重量(約):485g
  • 本体サイズ(約):幅7.2×奥11.3×高29.5cm
  • バッテリー駆動時間は最大15時間

DJI社のスマホアプリ『DJ Go』をダウンロードして使用する事ができます。

特徴としては、スマホを手軽に装着できて、ブレのない滑らかなな映像撮影が可能です。また、簡単にSNSへのアップロードも行う事ができます。

 

OSMO MOBILE2【Osmo Mobile2のレビュー】スマホにオススメのスタビライザーは使いやすい!VLOG始める人必見!
注意
DJ Goのアプリをダウンロードしますが、対応していないスマホ機種もあるようなので、購入前に必ず相互性を確認しておきましょう。アイフォンユーザーは問題なく使用できるかと思いますが、注意したいのはアンドロイドユーザーです。私もアンドロイドユーザーですが問題なくアプリをダンロードする事ができました。

 

 

【DJI Osmo Mobile3】オスモモバイル3|ドローンでもお馴染みのおすすめスタビライザー進化版

 

スマホ専用のスタビライザーです。DJI社のOsmo Mobile3です。こちらも2と同様に3軸ジンバル付きです。

2と3がいまは主流ですが、Osmo mobile2との違いは、

①コンパクトサイズになった。
②重量がやや軽くなり持ち運び便利になった。
③片手操作にとっかしたトリガーボタンがついた。
が新しくなったという点です。

2と3で比較するとわかりますが、非常に小さくコンパクトになっておりコンパクトにサイズになったのがわかります。
2でも小さいですが、3ではさらに折りたたんで持ち運びが便利になりました。

基本情報

・重さ405g
・折りたたみサイズが157×130×46mmとかなりのコンパクトサイズ。
・駆動時間15時間

DJI社のスマホアプリ『DJ Go』をダウンロードして使用する事ができます。特徴としては、DJIのozmo mobile2よりもさらに折りたたむ事ができコンパクトサイズになって、持ち運びが便利になりました。

注意
DJ Goのアプリをダウンロードしますが、対応していないスマホ機種もあるようなので、購入前に必ず相互性を確認しておきましょう。

【ZHIYUN Smooth4】ジーウン|中国のトップペーカーおすすめスタビライザー・ジンバル

スマホ用のスタビライザーです。
中国メーカーの【ZHIYUN】ジーウンという所からでているスタビライザーです。こちらは、中国のジンバルのトップメーカーで色々な方が利用されています。こちらも3軸のスタビライザーです。

基本情報

・重さ550g
・サイズは123(幅)×328(高さ)×105(奥行)cm
・最長12時間撮影が可能

特徴としては、スマホでプロが撮影するような動画を撮影する事ができるジンバルです。

注意
ZHIYUN TECH製品と連動するアプリ、ZY PLAY(ジーワイプレイ)をダウンロードして使用する事ができます。アイフォンユーザーというよりは、こちらはアンドロイドユーザー向けになっているようです。お使いのスマホアプリと相互性があるか確認してから購入しましょう。

【SNOPPA M1】|Goodデザイン賞にも選ばれたおすすめスタビライザー・ジンバル

スマホ用の3軸のスタビライザーです。今では、色々な方が使用されていますが、手ブレのない質の高い映像を気軽に撮影する事ができるスタビライザーです。

非常にコンパクト。というのが特徴的です。
バックにもすっぽり入るほどの大きさなので、持ち運びに便利です。

基本情報

・重さ 480g

・サイズ 208×53×43㎜

・バッテリー駆動時間4時間

注意
SNOPPAの専用アプリをダウンロードすることによって、色々な機能が使えるようになります。
お手持ちのスマホが対応しているかどうか購入する前に調べておきましょう。

おすすめのスタビライザーまとめ

スタビライザーはスマホと装着する事によって、綺麗な映像撮影が簡単に、かつ気軽に行う事ができるようになります。
これから、映像撮影にチャレンジする方、スマホのスタビライザーを探している方は、ぜひ自分のスマホに合うオススメのスタビライザーを見つけて、楽しく撮影しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です