一眼レフカメラ専用のオススメのスタビライザー|手軽に撮影できるハンドヘルド型

スタビライザー

 

Toshi

こんにちわ。TOSHIです。本日は、一眼レフ専用のスタビライザーを紹介しようと思います。

スマホ用のスタビライザーを購入して、少しなれてくると、次に購入したくなるもの、それは、『一眼レフ用のスタビライザー』です。

今現在は、プロの方も多数使用されていますが、素人(アマチュア)のような方でも手に届く価格で、広く使われている機材になります。

スタビライザーはいろんな場面で使われている。

例えば、映像クリエイターや、テレビの映像、You Tube、インスタグラム、ポートフォリオ、映像作成、映画制作などなど、いろんな場面で使われている事が多いかと思います。

素人のような映像ではなく、本当のプロのような映像をとるならスタビライザーは必須です。

 

一眼レフのカメラには、手ブレ補正がついているものやついていないものまで様々あります。たとえ、ついていたとしても、スタビライザーなしでは、滑らかな表現を映像で撮影する事は難しいのではないでしょうか。

そこで、

滑らかな撮影をとりたいと考えた時に、より綺麗に撮影できるものが、『一眼レフ用のスタビライザー』
の出番というわけなのです。まずは、スタビライザーには大きくわけて3つ形状がありますので、まずはそこから解説します。

スタビライザーには色んな形状がある!手軽さで言えばハンドヘルド型!

  • ハンドヘルド型
  • ボディーマウント型
  • ショルダーマウント型

ハンドヘルド型は、片手でもって撮影できるスタビライザーになります。自撮り棒の手ブレ補正版と考えてもらえればいいです。

ボディーマウント型は、両手で機材をもって、その機材にカメラをつるす。といったタイプのスタビライザーになります。両手がふさがってしまうので、気軽に撮影とはいかないタイプになります。より本格的な映像作品をつくられる方には愛用されています。

ショルダーマウント型は、肩と両手を使って撮影するタイプのスタビライザーになります。こちらも、両手がふさがりますので、気軽に撮影とはいかないタイプになるのではないしょうか。

この中で、手軽に撮影できて、一般の方にも人気の高いのは、ハンドヘルド型タイプのスタビライザーになります。

今回の記事では、ハンドヘルド型の商品に絞って紹介したいと思います。

商品を紹介する前に、カメラを購入する前の注意点についてちょっと触れておこうと思います。

※【失敗しないスタビライザー選び①】|カメラとスタビライザーの相互性について

スタビライザーを購入される方は、自前の一眼レフカメラと相互性があうのか必ず確かめてから購入するようにしましょう。

一眼レフ用のスタビライザーは非常に価格が高価であるものが多いです。
また、『このスタビライザーかっこいいな。』『ほしいな。』っていうものが、結構でてくるかと思いますが、いざ、購入したものの、カメラとあわなくて使えない~。なんてことがないように、しっかり公式サイトで、相互性について確認しておく必要があります。

ちょっと価格もお高いので、どうせ買うなら失敗したくないですよね?

公式サイトにかかれていなくても、一眼レフカメラを設置する事はできるかと思いますが、故障の原因になったり、推奨されていなかったりと、あまりいいことはありませんので、相互性は必ず確認するようにしましょう。

※【失敗しないスタビライザー選び②】|スタビライザーの耐久重量を確認しよう!

カメラとスタビライザーの相互性があっていたら、次に確認すべきは、耐久重量です。

スタビライザーが耐えられる重さであれば問題ありませんが、カメラ本体の重さが重すぎて、スタビライザーが重さに耐えられない。そんな場合もあるかと思います。そんな時は故障の原因になってしまうかと思うので、購入する前に確認しておきましょう。

耐久重量は、これからカメラに設置するであろう付属品を考えて、重量オーバーにならないようにしましょう。

一眼レフカメラ専用のスタビライザーおすすめ5選

一眼レフのオススメのスタビライザー|【Feiyu Tech G6 Plus】

汎用性の高い一眼レフカメラ対応の、スタビライザーになります。
優れている点は、様々なカメラに対応しているという点です。一眼レフカメラだけではなく、スマホやGoProにも対応しているカメラになります。他のスタビライザーに比べ価格も安価で、幅広く活用する事ができます。
一眼レフ専用のスタビライザーを購入するのは、ちょっと高いし、自分には少し早いかなって思っている方には非常にオススメの商品です。ちなみに、手頃な価格なので、こちらはわたしも購入しています。

基本情報

・重量(約)663g

・サイズ328㎜

・バッテリー駆動時間は9時間

対応機種

お持ちの一眼レフカメラが対応しているかは、コチラを参考にしてください。

一眼レフのオススメのスタビライザー【Feiyu Tech α2000】

本格的な映像撮影を行っていきたいという方には、オススメの商品です。
プロ仕様の一眼レフ対応のスタビライザーです。

カメラの重量が、約250g~2kgまでなら耐えられる事ができるため、様々なカメラに対応している点がオススメです。幅広く利用できるカメラのため、お持ちのカメラが使えるか以下の対応機種で確認してみてください。

基本情報

・重量(約)1111g

・バッテリー駆動時間12時間

対応機種

対応する一眼レフカメラについては、こちらを参考にしてください。

一眼レフのオススメのスタビライザー【Feiyu Tech α1000】

こちらも本格的な映像撮影が可能なスタビライザーです。
重量が150g~1700gまでに対応しているのでα2000よりも重量があるものを乗せることはできません。
比較的軽量のカメラであれば、対応しているカメラが多いかと思いますので、手持ちのカメラの機種を確認してみてください。

基本情報

・重量(約)875g

・バッテリー駆動時間12時間

対応機種
対応機種に関しては、こちらを参考にしてください。

一眼レフのオススメのスタビライザー【RONIN-S】

DJI社による、一眼レフ装着可能なスタビライザーになります。
一眼レフにRONIN-Sを装着する事で、より安定した撮影が可能となります。
プロ仕様ですが、一般の素人の方でも映像作品をつくっている方にはオススメの商品です。
こちらは、わたしも今度購入を検討しています。

基本情報

・重量(約)3.6kg

・バッテリー駆動時間 12時間

対応機種

一眼レフカメラの相互性はコチラを確認してください。

一眼レフのオススメのスタビライザー【ZHIYUN】WEEBILL

本格的な映像作品が可能なスタビライザーになります。
耐久重量は3kgと比較的重さのあるカメラでも耐久可能なスタビライザーなので、色んな装備を行っても比較的耐える事ができるプロ仕様の商品です。

基本情報

・重量(約)970g

・バッテリー駆動時間10時間

 

対応機種

対応機種は、こちらの『ユーザーズマニュアル』を確認してください。

一眼レフ対応のスタビライザーのまとめ

一眼レフ対応のオススメスタビライザーをご紹介させていただきました。
いかがでしたでしょうか。
とくに、カメラのことを全くわからないという方は、カメラの操作などを覚える事を先にしてほしいものですが、なれてくると、少しづつ綺麗な撮影をしたい。と思うようになってきます。そんな時にはスタビライザーはあなたの作品をより綺麗につくるための手助けを行ってくれるでしょう。

ぜひ、ぬるぬる動画をとるなら、スタビライザーの購入を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です