アウトプット大全【OUTPUT】|アウトプットしたい人にオススメの書籍!

 

時間があればビジネス書籍を読み漁っていますが、ここ最近わたしが「面白いな~。」と思った本を紹介します。

Toshi

読んでいる方も多いかなと思いますが、読んでいない方は絶対に読んで。

OUTPUT大全という精神科医が書いた書籍が面白い!

ずっと、昔から言われている事ですが、インプットよりもアウトプットが大切。というのは誰もが聞いた事はあるかと思います。
よく言いますよね、インプット(情報を得るより)、アウトプット(情報を出す。)が大事だよという話。

勉強でも仕事でも、どんな事でもいいと思うけど、日本人というのは完璧を求めるあまりにインプットを完璧までこなそうとする人が多い。そして、完璧になるまでインプットをしようとするから、いくら時間があっても足りない。という現象に陥る。。。

この書籍では、どうやって効率的にアウトプットをしていくか?とか、生産性を高める方法論などが具体的に書かれていて、とても読んでいて面白いな~。と思った次第です。

まさにこの書籍は、アウトプットの重要性について教えてくれる書籍かな~。と思います。

読んでいない方は絶対に読んで。メンタリストのGAIGOさんの書籍を読んだ事がある方ならわかると思いますが、1項目1ページ程度でさらーと読めます。というかまとまっているので読みやすい。

アウトプットとインプットの黄金比は7:3である!

アウトプットとインプットの黄金比は7:3と表現されています。

かりに試験勉強などで10時間勉強できる時間があったとしたら、3割は教科書をみる時間につかって、残りの7割は問題をときましょう。という事がかかれています。

仕事でもビジネスでも同じだと思いますが、わからない事や調べものなどに3割程度の時間を費やしたら、あとは7割程度は、行動する。手を動かす。といった実践的な行動に落とし込む。といったような感じですね。

ちなみに、この精神科医の樺沢さんという方は圧倒的なアウトプット量により、かなりの情報を世の中に出しているようです。すごいです。

精神科医の樺沢さんという方のアウトプット量はすごい!

精神科医の樺沢さんという方のアウトプット量はすごいです。

箇条書きにしておきますね。

樺沢さんという方のアウトプット量

  • 1年で2~3冊書籍をかく。10年で28冊の書籍を書いた
  • Facebook毎日更新
  • YouTube毎日更新
  • 毎日3時間以上の執筆
  • メルマガを発行は毎日発行して約13年。3000通以上発行している。
  • セミナーは毎月2回以上
  • その他にも、月10本以上の映画鑑賞、月20冊の読書、週5日のジム、飲み会、年30日以上の海外旅行など

アウトプット量のこなし方が、すごいな~。の一言ですね。

アウトプット系の書籍は結構でているかと思いますが、読みやすくて、面白い。といった印象があるので、ぜひアウトプット力を高めたい。という方はオススメなので、ぜひ読んでみてください。

人生においてアウトプットはとにかくメリットだらけです。色々な書籍を読んでいますが、わかりやすいのでぜひ熟読することをオススメします。

まとめ

ブログを書く、動画をとる、SNSで情報を発信する。これはすべてアウトプット。
逆に、調べる、確認する、情報を得る。などの動作はインプットになります。
使える時間が10割あったら、インプットに3割使って、アウトプットに使う時間は7割使いましょう。という事です。

わたしもインプットが好きですが(笑)、あらためてアウトプットの重要性についてきづかされる書籍です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です