WordPressテーマを変更する時の注意点!テーマ変更する前と後にやっておくべき事!!

こんにちわ。

WordPressテーマ(有料テーマのEmanonから有料テーマSANGOに)を2019年2月に変更しました。

変更したあとは、いろいろとやる事もあったので、記事にしておこうと思います。

きっと、この記事をみている方も、これからテーマを変更したいと考えているけど、大丈夫かな~。という不安があるかと思います。
わたしもはじめは不安がありました。

しっかりテーマを変えても動作するだろうかって。

運営期間が長ければ、長いほど多分変更したあとの設定も面倒なことも起こるかもしれません。
なので、変更しない方が安全!という事はいえるでしょうが、テーマを変えたい時だってあるハズ。私が実際にやった経験をもとにお伝えします。
ながくなればなるほど、記事内で編集していた事もすべて記事修正をかけなければいけないので大変な作業でした。
なので、テーマを変えるなら早いうちか、もしくはそのままテーマを長くつかっているなら、続けるか。が楽かもしれません。

注意
 WordPressのテーマの変更は画面が真っ白になったりエラーになったりする事があるので、注意してください。そこは自己責任で! 

このブログを立ち上げた時は、SEO内部対策済みWordPressテーマ Emanonを利用していました。今でも他のサイトではEmanonを使用していますが、こちらのサイト『LifeStyleCreate』では、ちょっとカスタマイズの事とか、SANGOでやってみたいな~。と前々から思っていたので変更した次第です。Emanonが決して不満だったから変更した。というワケではありませんので、勘違いしないように!!

Emanonの方はサポート体制があるので(SANGOはサポートなし。)Emanonは扱いやすいという実感はあります。テーマに関する事で、わからない事を確認しても、すぐに返答がかえってきますので。初心者であるわたしにとっては、とても助かりました。

長く運営していると、テーマの見た目をかえたいとか、何か違うテーマでも挑戦したい。って思う事もでてきます。

無料ブログから有料テーマに変えた。という方もいるかと思いますが、わたしの場合は有料テーマから有料テーマへの変更です。

Emanonの魅力を語っていますので、どうぞ!気になるかたは関連記事もチェックお願いします。

Emanon Pro(エマノンプロ)がWeb集客に必要な機能を搭載したWordPressテンプレートである理由!! Emanon Pro(エマノンプロ)はSEOにも最適化したテンプレートである理由!

先日、EmanonProからSANGOへWordPressテーマを変更しました!!

EmanonProはcool!



 このサイトは当初からEmanonを利用してサイトを作っていました。めちゃめちゃ綺麗なテーマだし、初心者でもプロでも、すっごくデザインは綺麗なテーマである事は間違いないです!!
テーマの変更を迷っていたんですが、他のサイトでEmanonを利用していく事になったので、こちらでは今後はSANGOというテーマを使ってサイト運営する事になりました。

Emanonの強みは色々あるかと思いますが、私が一年ほど使用していて、とくに、強みだな~。と感じた部分に関してお伝えします。

EmanonはCTA機能が充実している!
これは、フリーランスの個人事業主や企業サイトには強力な味方になる、テーマだと思います!!

このCTAというのは、集客のための窓口のために利用する方は多く、商品や何かのサービスを紹介したい。という方には非常に有用なのです。

フリーランスや企業サイトは何か自社の商品や紹介したいものがあるわけなので、そこに誘導する機能(仕組み)というのが、多くそなわっています。ヘッダーにボタンを設置したり、サイドバーだったり、フッターだったり、と色々な所からその仕組みの所に集客する事が可能なテーマなのです。商品だけではなく、自分が運営しているメルマガに集客をすることもできるし、会員サイトの仕組みをつくったりもできるので、とても素晴らしい機能です。もちろん、通常通りブログとして活用する事もできます。ランディングページもすっごく綺麗なものができます!

こういった仕組みを作りたい方は非常にEmanonはビジネスサイトとしてマッチするでしょう^^
本気のテーマSEO内部対策済みWordPressテーマ Emanonを利用してみて、実感する事でしょう。

Emanonシリーズが好きで、話がそれてしまいましたが、テーマの変更の注意点についてお話しします。

テーマ変更時に理解しておくべき事と注意点

テーマ変更前後の注意点

変更前に理解しておく事!
・Backupプラグインでbackupの準備をしておきましょう。(真っ白になったときの為に。。。)
・変更するテーマが決まっていたとしても、『有効化』はせず、絶対に『プレビュー』でまず確認する事!
・私の場合は、『プレビュー』で確認したら、画面が真っ白になっていた!(冷汗)

変更後の必要な作業!
・プラグインはテーマを変えても、そのまま引き継がれる!
・WordPressテーマのカスタマイズで今まで行っていた設定は、すべて消えるので新しいテーマの方で新しく設定しなおす!
・ヘッダー画像なども新しく設定が必要!
・アイキャッチ画像はそのまま引き継がれた!
・CSSを変更している場合は変わる可能性がある(私の場合はカスタムCSSプラグインを導入していたが、以前のテーマのため不要な所は削除した。)
・サイドバーのウィジェットなども新しく設定が必要!
・SNSなども新しく設定が必要。Facebookページの表示も消える!
・記事数は100近くあって、自分の顔の吹き出しは使えなくなったので、記事内をすべて修正した。(記事数が多いと大変かも。)
・アドセンス設置(header and footerというプラグインを使っている場合はアドセンス審査時のコードがそのまま張り付けた状態になる)
・アドセンスはテーマカスタマイズで挿入していた場合は、新しいテーマで再度設定する。
・カエレバ、ヨメレバはそのままテーマ変更後も設置されていました。
・グーグルアナリティクスとサーチコンソールをテーマに再設定(久々すぎて忘れていた。

わたしの変更点はこんな所です。
他にもあるかもしれませんが、実際にわたしが行った作業ではこんな所がメインです。

といっても、これをすべて修正するには結構時間がかかりましたが、他の方も、変更するかもしれない。という思いで記事にしていますので、参考にしてもらえたら幸いです。

状況は違うかもしれませんが、だいたいどのテーマを利用していても、同じ感じだと思います。一番いいのは、そのままテーマの内容がそっくりそのまま引き継がれたら楽かな~。と思うのですが、なかなかそうはいきませんよね。なので、テーマを変更すると考えている場合、長く運営しているサイトであれば、修正作業が結構大変なのかな~。という所であります。

作業の流れは、一つ一つ確実に行っていきましょう!!

テーマを変更する前は必ず、有効化せず『ライブプレビュー』でどんな風に表示されるか確認する事!

外観⇒テーマから設定が可能です。

ライブプレビューは、サイトデザインを決定する前に事前に確認できる!

サイトテーマを変更するのに、有効化してしまうとそのテーマに決定してしてしまいます。でも、エラーがでていたら取返しのつかない事になっているかもしれません。このライブプレビューで実際にどんなイメージのサイトになるのか決定をせずに確認できる優れものなのです。

EmanonPro

もう一度いいます。
テーマを変更する前は、必ずテーマを有効化(決定)しないで、プレビューで確認するようにしましょう。
新しいテーマにするぞー。といって勢いあまって有効化してしまうと、もしかしたら画面が真っ白になっているかもしれません。こうなってはもう手におえなくなります。。。

ライブプレビューでサイトテーマを変更しようとしたら、画面が真っ白になっていた!私の対処方法!

多分、サイト運営歴がすごく短いサイトで、何も手を加えていない状態であれば、テーマ変更でエラーがでる事は少ないと思います。
でも、少し長く運営していて、プラグインなどを入れている、画面がまっしろになっていたりします。

わたしの場合はプレビューで確認したら、『え、まっしろだけど!テーマ変更にいきごんでいたのに、テーマ変更ができない!』『しかも、エラー表示は英語で書かれていて何を書いてあるかわからない状態。。。』『んんん????』『困った。。。』といった感じ。
わたしのあたまの中も、まっしろ!!(笑)

本当はその時のキャプチャー画像などをとっておけばわかりやすかったんですが、焦っていて取り忘れました(笑)
英語のエラー表記は、たしか~~~AMP~~~。と書かれていました。

私のテーマでAMPのプラグインを入れていましたが、そのプラグインが誤作動を起こしたいたのです!
たった一つのプラグインを入れているだけでも、エラーが表示される事があるようなので、ここは注意が必要です。
他にもテーマ変更時で、何かのプラグインを入れていて誤作動という事も結構ありそうです。
この場合は、原因となっているプラグインを削除していくしかないです。

AMPプラグインを削除して、再度『プレビュー』をクリックすると、『あら、不思議!』ちゃんと、新しいテーマでプレビューをみる事ができました。ここで確認せず『有効化』をしていたものなら、すっごく時間がかかったかもしれません。

なので、注意喚起の意味も込めて記事にしていますので、必ずテーマ変更前にはライブプレビューは必須です!

多分ですが、エラーがでる場合は画面が真っ白になって英語のメッセージがでるんですが、そのエラー箇所が誤作動を起こしている部分。という事になるので、エラー部分を読み解いて、どこが原因なのか探る必要があるのが、ちょっと面倒だと思います。

プラグインを削除するだけでは、解決できない部分があると思いますが、ググってそこは調べるしかないです。

テーマ変更後のわたしの修正作業

基本的には新しいテーマでカスタマイズの修正が必要になる!

ここの点においては、すべてどのテーマも変更する時はおなじかな~。と思います。
なので、今までテーマ特有のカスタマイズをしていれば、そこはすべて新しいテーマで再度作り直しが必要になる。という事です。
ここは仕方ないという感じでしょうか。

プラグインは消えず、次のテーマでも引き継がれる!

アドセンスコードをわたしはプラグインを使って設置しているので、特にここに関しては申請用アドセンスコードははりっぱなしの状態でした。
修正もしていません。

あたらしく行った作業としては、新しいテーマで、アドセンスコードを設置する箇所がある場合は、再度設定が必要になります。

サイドバーとかフッターで今まで設定していたウィジェットは消える!

これも今まで設定していたカスタマイズがすべて消えるので修正作業は必要です。
新しいテーマにした場合は、新しくそのテーマ特有のウィジェットなども使えると思うので、修正しましょう。

Googleアナリティクスとサーチコンソールは新しいテーマに再度設定が必要!

ここについては、新しいテーマでアナリティクスのコードとサーチコンソールのコードを設定する箇所があれば、修正が必要になるので、しっかり行っておきましょう。

サイトに表示するアイコンをデザイン変更とともに修正!

以前のWordPressテーマEmanonは、キャラアイコンというよりは、自分の画像をつかって表示している方がたくさんいました。もちろん、キャラアイコンが合わないというわけではありません。
しかし、今回はSANGOというテーマを利用する事になったので、アイコンはココナラで作成をお願いしている所です。

ココナラではスキルの高いイラストレーターさんが多数いますので、手頃な価格で高クオリティーのデザインを依頼する事ができます。

イラスト作成ならココナラ

結構な作業量でしたが、修正する時は一気に修正した方がよい

一度テーマを変更した事がある方ならわかると思いますが、本当に記事数が少ない時に変更した方が楽である事は間違いありません。
記事数が増えると、作業量も膨大になってくるのではないでしょうか。

私の場合は、ちょろちょろ記事を修正するよりも一気にやってしまった方が早いかな~。と思ってテーマ変更して、その後の修正作業は一気にやってすませてしまいました。

ここからは、たくさん記事が書けるかな~。という次第です。

まとめ

WordPressテーマの変更はちょっと怖いと思う方もいるかもしれませんが、上のポイントを押さえておくだけでも、だいぶ注意して作業する事ができるのではないでしょうか。新しいテーマへの導入は、気分転換とともに、自分の勉強のため。にもやりたいと思った時に修正しておくのがよいかもしれません。Emanonもすばらしいテーマなので、絶対にチェックしてくださいな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です