多動力で学べる力|書籍は自分の考えの幅を広げてくれる!

ホリエンモンさんの『多動力』という本、結構前に出ている本だけど、まだみていない人はチェックしてね。

本を読む事が苦手な人でも、サクッと読めちゃうのが、ホリエモンさんの書籍の特徴的!!
『話し言葉』のようにかかれているので、かんがえながら読む、という事はなく、考えながら読まなくても、スラスラ~と読めるのが特徴的です。

文字だけしかかかれていないですが、漫画で例えるなら、絵やイラストが多くて文字が少ないマンガ(実際に文字数が少ないとはでないですよ。たとえばなしです。)のような感じで読み進める事ができます。

難しい本だと考えながら読む事もありますが、一切そういった事は不要です。

多動力は、『同時にこなす力』と本では紹介されていて、とにかくいろいろなことを同時に、やってしまえ!!!!
みたいな内容ですね。

どんなビジネスにも色々チャレンジする!という言葉があると思いまが、『あれこれ考える暇があったら』とりあえず、やってみた方が早いよ。っといった感じでかかれています。

読んでみた結果、『ためになるな~』と思う事もあるんですが、ちょっと、『そんな事できないよね!』っていう内容もあります!!

まねできなな~と思う点は、『会議で、スマホをぽちぽちしましょう!』といった内容があるですね。

こればかりは、一般人にはまねできる人はいないだろうな~。と思います。
それなら、すでに会議というものに参加しないほうがマシかな~と思います。

あとは、多くの『肩書き』をもて、といった内容もありました。

いまでは、はじめてしまえば、ある意味その分野での専門家になれるわけなので、肩書きを名乗れるわけです!

自分の肩書きをたくさん書き出す

いまでは、いろんな肩書きをつけてビジネスをはじめている人が多いですよね。

ほにゃららの専門家です。とか、なんちゃらブロガーとかって人も増えました。それも肩書きの一つだと思います!

別に、資格を取得していなくても、『なのってしまえば』肩書きをもつことができます。

さすがに、国家資格などは、資格を取得していないと仕事をする事はできないですが、(あたりまえですね)、基本的にはその分野ではじめてしまえば、だれでも専門家になれるのです!!

例えば、芸能人なども新しいビジネスに参入していますよね。
ゆーちゅーぶに参入した芸能人といえば、キングコングのカジワラさん!カジサック?という名前でやっていますよね。芸能人としての仕事をしながら、ゆーちゅーぶの世界でもビジネスをしています。

元スマップの草彅さんもやっていますね。動画にでてから、自分は「ユーチューバ―」と名乗っていました。ユーチューバ―の成功者としてはHIKAKINさんが代表例だと思いますが、草彅剛さんのように、名乗ってしまってもOKなわけです。

もはや、何でもあり!

個性というかキャラと押し出して、新しいビジネスをはじめている人がとても多いという事実!

肩書きが多い人ほど、価値を生み出すという考え方

料理を上手く作れるなら、「料理講師、料理研究家、フードコーディネーター」なんて人もいるかもしれません。

料理がうまくつくれる!という一つの特技だけで、いろんな肩書きをつけてしまって、その分野でいろいろ活躍できる。と本の中では、表現されています。

なので、一つの肩書だけではなくていろんな肩書きをホリエサンはもっていると、いっています!

準備している時間は無駄。中途半場でもいいからやれ!

完璧主義者ほど、きっと完璧を追い求めて作業をするので、下調べや準備に時間がかかってしまいます。

でも、完璧主義ではなく、ある程度は妥協して行動にうつす事ができるようになると、とにかくいろんなことをどんどん作業する事ができるから、中途半場でもいいからとにかく、やれ!と表現しているところはあります。

ことわざで、百聞は一見(いっけん)(し)かず、という言葉があります!
ひとから百回話しを聞いて行動するよりも、まずは行動してはじめてしまった方が、よくわかるよ!ということとにている!

タイムマネジメント=自分の時間をコントロール

タイムマネジメントについてはいろんな書籍でかかれています。
自分の時間をコントロールする。というのは、けっこうむずかしい事であり、一生のテーマだと思います。
だって、実際に自分の時間をコントロールできる人がいたら、どんなにすごいか!!

なので、いろんな書籍がタイムマネジメントについて語っています。
この書籍でも、ホリエモンさんは自分で服は選ばず、他人に選んでもらっている!と話しています!すでに、他人に選んでもらう事で、『服屋にいって、洋服をえらんでいる時間』をなくすことで、自分の時間をつくりだす。ことが可能だと表現されています。
服選びだけではなく、不要だと考えられる事は他人にまかせてしまう。という事です。

多動力は、すぐに読めて、シンプルな内容なので、とてもわかりやすかった。

すべて参考になるわけではないが、人の体験とか考え方に触れる!という事じたいはとても大切だと思う!

まとめ

ほりえさんの本は、かなり読みやすい!
みていない人は、ちぇっくしておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です