iMac購入するならデスクトップかノートパソコンかどちらがいいか?

今日は、私も使用しているiMacのパソコンについてお話しをします。
Macの購入を考えているけど、ノートパソコンにしようか、デスクトップのパソコンにしようか、どちらを購入するのか迷う方も多いと思いますが、私なりの視点でちょっと考えてお話しします。
これから、パソコンを購入する方が参考になればと思います。

私は、自宅でパソコンを利用する機会が多いため、デスクトップ型のMac27インチを使っています。

外出先で作業する事が多いならノート型パソコンにしよう

ノートパソコンパソコンには、ノート型のパソコンとデスクトップの2種類がありますが、ノート型では、MacBook、MacBookair、MacBookProという種類があります。

ノート型を購入する最大のメリットは、やはり持ち運びができる・どこでも作業ができる!という点だと思います。バックの中にも収納して持ち運ぶ事もできるし、無線LANを使用しれば自宅だろうが、外出先だろうがどこでも作業ができるので、とてもオススメです。そして、Macのパソコンはデザイン性にも優れているというのもポイントですね。あとは、ノート型のメリットとしては、10時間程度バッテリーが持つパソコンが多いので、万が一停電になっても安心して利用する事ができます。

Macのノートパソコンでオススメは、やはりMacBookProです。
すべてにおいて高性能なんです。

値段が少々高いですが、処理速度が速くて、サクサク動作しますのでストレスなく作業する事ができます。
処理動作が遅いパソコンは作業効率がとても下がりますから、色々な事をパソコンでしたい、仕事でパソコンを使いたい場合は、スペックのいいものを使っていく必要があります。

MacBookProであれば、画面サイズは13インチと15インチから選択する事ができます。

MacBookProライナップ

Corei5とCorei7とありますが、数字が大きいほうが動作は軽いかと思います。なので、二つを比べた場合は、Corei7>Corei5 が優れているという事になりますが、corei5が劣っているというわけではありません。
動画編集など重たい作業をする場合にはCorei7の15インチで問題ありませんが、それほど動画編集作業をしないのであれば、Corei5の13インチでも問題ありません。ブログを書いたり、ネットで仕事をしたり、音楽をダウンロードして聞いたり、といった場合も問題ありません。
(※動画編集する場合、動画をいれるとパソコンはかなり重たくなります。)

ポイント
・動画作業を頻繁に行うならcorei7を選択しよう!
・動画作業を頻繁に行わないなら、corei5で問題ない。

重さやサイズはどうなのか?

軽さで比較するなら、MacBookが1㎏を切る0.92㎏なので一番軽いと言えます。長時間持ち歩いたりする場合、やはり軽いにこしたことはありません。
ですが、MacBookProが今は軽くなり、薄くなってきてるので、はやり両者を比較しても、MacBookProが勝っているような印象があります。

ポイント
・軽さだけで選択するならMacBookがよい。
・MacBookProの13インチは薄さと軽さ、ともに優れている。
・15インチでもバックに入れて持ち運ぶ分には、たいして重さは気にならない。

バッテリーの持続時間

外出先で使用する時は充電したいと思ってもできない場所もありますので、バッテリーのもち時間は結構重要だったりします。
しかし、MacBook、MacBookair、MacBookPro、どれも10時間前後なので、差はないと思います。
MacBookairは12時間程度と表示されていますが、使用内容によってもバッテリーの減り具合は大きく変わりますので、平均は10時間程度と理解しておきましょう。

ポイント
・バッテリーは平均10時間程度

販売価格

MacのパソコンはMacBookairで10万前後、MacBookで15万前後、MacBookProで15万~25万程度です。
MacBookProの15インチはかなり高性能であることから、やはり値段は高めの設定となっています。
比較的購入しやすく、お手頃な価格としては、13インチあたりがいいと思います。
ポイント
・値段は結構異なる!

自宅で作業をするならデスクトップ

デスクトップ型には、iMac、Macmini、MacProの三種類がでています。

デスクトップ型のメリットとしては、画面が大きいので作業がしやすいというメリットがあります。画面に二つのページを表示させながら作業をする事も簡単にできます。私はこれがしたくてデスクトップ型のiMacにしました(笑)
これ、結構便利なんですよ。一つの画面で確認しながら、もう一つで別の作業をするみないな。作業効率が断然に高いので、色々な作業を同時に行う事ができます。ノート型であれば結構画面いっぱいになってしまいます。
その他のメリットとしては、パソコン裏にあるポートの数が多いというのもメリットです。ヘッドフォン、SDXCカード、USB×4などなど。これだけのポートがついているんです。ノートだとUSBを使用するためにはアダプタが必要だったりします。あとメリットとしては、重たい処理動作の作業もデスクトップであれば処理動作も早いと言えます。
MacProも高性能であると言えますが、やはり、重たい動画(YouTubeなど)など作業する場合や、パソコンに負荷をかける作業をする場合は、iMacの方が優れていると言えます。

27インチが使いやすい

ノート型パソコンのメリットもたくさんありますが、21.5インチより、やはり27インチはサイズが大きくて同時作業をするのにとても便利です。safari(インターネット)を立ち上げながら、別の画面でテキスト入力などなど。いろいろな使い方があります。
新品でもいいと思うし、中古でもいいと思います。

・私の使用しているiMacパソコンですが、左がYahoo!の画面で、右側がwordPressの画面。結構大画面で両方サクサク動きますよ。(画像が暗くてちょっと、みにくいですね!笑。)
・私はMacもWindowsも両方使えるように、MacのPCにwidowsを導入して使用しています。両方使う事ができます。MacもWindowsも両方使いたい人にはオススメの方法です。

わたしのmac

27インチは、使い方の自由度がとても高いと思う。
作業効率の点では、デスクトップに勝るものはないんじゃないかと思う。

 

ポイント
・小さい画面は作業効率に結構影響しますので、デスクトップなら27インチがよい。

価格

販売の価格差は結構、幅があります。安いのでも12万程度(21.5インチ)から高いもので25万程度のものまで。
私も使用している27インチはとてもオススメですが、27インチを選択すると、20万程度はします。しかし、一生物の買い物と思えば結構安いものです。

ポイント
・27インチの中でも3種類あるけど、料金の事を考えると3.4GHzがオススメ。
・ハイスペックを求めるなら27インチの3.8GHzを使おう!

一緒に購入した方がよいもの!外付けDVD!

widowsのパソコンでは、DVDを入れる取り込み入口がありましたが、Macの場合は付属していないんですよ。

どこから、DVD入れるの??って思いましたが、外付けポータブルCD/DVDがないと、DVDを閲覧する事ができません。
使用されない方は不要かもしれませんが、年賀状作ったり、DVDをみたりとか、パソコンのソフトを利用する場合には、外付けのドライブが必要になります。あれば、とても便利ですよ。

わたしはWinもパソコンで使えるようにしているので、必須でしたので購入しました。

MacとWindowsはどちらがいいの?

MacとWindows

Macもwindowsもどちらもいいんです!!

Appleのパソコンは、デザイン性に優れているというのが誰でもわかります。
iPhoneを利用している女性のユーザー層も多いため、そのままパソコンも相互性を合わせてMacにするという方も多いと思います。

しかし、今はマイクロソフトのWindowsもデザイン性の高いパソコンがどんどんでてきています

また、価格の話でいうと、やはりMacはWindowsよりもすこし高価である印象は否めませんね。同スペックのパソコンであってもMacの方が高いです。まぁ、私もMacのデザインが好きで購入しましたけどね。デザインを重視するヒトはMacではないでしょうか。

仕事柄、エクセルやpowerpointなどのオフィスを使う事の方が頻度が高い方はWindowsをオススメします。オフィスファイルのやり取りをする場合はやはりWindowsであれば文字化けするという事もありません。そして、Macに対応していないファイルデータなども存在しているため、幅広く一般的に使えるのはウィンドーズであるのは間違いありません。

でも、Macも使いたいし、Windowsも両方つかいたいという人いませんか??

Macとwindows、両方使いたい場合はBootcampで可能になります!

はい、私がそうでした。その両者を解決する方法は、MacのパソコンにWindowsを入れる方法が一番よいかなとおもいます。
ブートキャンプという方法です。
私が購入したときはBootcamp8.1でしたが、いまは10が主流なのかな。

※このBootcampという方法をざっくり説明すると、Macのパソコンの中にWinを入れて、Winも使えるようにする。といった感じでしょうか。なので、MacにWinを入れるという作業が必要になります。

Bootcampを行った場合、作業を行った場合、Macのパソンを使用しながら(本体はMac)、通常通りMac(画面Mac)も使用する事ができるし、windowsも使える(画面もwindows)という事になります。

両方使いたいという方はBootCampして作業しましょう^^

アマゾンなどのサイトで、Windows 8.1 64bit 日本語などで検索するとでてくると思います。
(今は8.1ではなくて10の方なのかな。なんか商品がでてこないですね。)

Bootcampのデメリット

外付けDVDドライブが必要

この方法にもデメリットがあります。デメリットといってもわたしはあまり気にならない程度ですが紹介しておきます。
Bootcampを行うためには、Macにデーターを入れる必要があります。データーはCD-ROMになるので、CD(DVDドライブ)を入れる場所がなければ、この方法を行う事はできません。WindowsはCDを入れる部分などあるかと思いますが、macはシンプルなのでそういったものがないのです。なので、Macユーザーは、CD-ROM(外付けDVDドライブ)を入れるものを購入しなければいけません。わたしも購入しました。

再起動して活用しなければいけない。

もうひとつデメリットとしては、Mac一台で、MacもWindowsも両方使う事ができるのですが、同一画面で、同時(Mac・Win)に二つの事はできません。Mac・Winお互い使うときは再起動して活用して使うかたちになります。その再起動が面倒という方もいるかと思いますが、わたしは特に気にならないですが、一応デメリットになるかなと思って記載しています。

WinからMac使いたい⇒Win、再起動、Mac
MacからWin使いたい⇒Mac、再起動、Win

というように、再起動して活用しなければいけないのがデメリットかもしれません。

Macは故障した時のサポートもすごかった話

MACのPCの裏Macのサポートがとてもすごいんですよ。ちょっと、その時のお話しをさせていただきます。

これ、どこの部分かわかりますか???

そうです、私のiMacのデスクトップの裏の画像になります。ここの部分って意外と動かしたりしても普段は問題ないんですけど(角度を調整するのに便利。)ある時、掃除をしていたら、この部分がこわれたんです。

壊れたといっても、ボキっていくわけではありません。普通は角度を調整するために一定の位置を保つのですが、角度を調整しても画面が下を向いてダラーんとなってしまったんです。

やばい、壊れたと。。。。高価な買い物なので、正直その時はショックでした。
この大きなパソコンどうするねん。。。。修理はどうするんや。。。。まずは肩がこらないようにペットボトルでもはめとこうか。といった感じ^^困り果てた結果、どうしたかというと、初めはペットボトルを下にはさみ固定していましたが、見た目もダサいし、角度が調整できないからクビも疲れる。。。こまった。。。かっこも悪い!!笑

修理に関して「どうしたらいいか?」とAppleのサポートセンターに問い合わせを行ったら、Appleのスタッフが、親切に、運送会社を通して自宅までパソコンを取りにきてくれて1週間程度で無料で治して、再度自宅まで届けてくれた。

といった体験が実際にありました。

その時Appleの会社は、なんて丁寧なんだ~~~~!「アイラブMac」!って思った事を今でも忘れません。
めちゃめちゃ対応がスムーズで丁寧なんです!!
iMacがすっぽり入るMac専用??のカバーケースみたいなものを、運送会社さんがもってきてくれて丁寧に回収しにきてくれました
。画面もきづつかないように、カバーしてくれました。
そして、無事、パソコンがなおって戻ってきました。それ以降、ダラーんとはならないです。笑

デスクトップを使っている人で、固定部位がダラーんってなってしまうのは、ある程度起こりうることなのかなって思ってしまいますが、それ以来問題なく使えています。

しかもMacって高いから修理代もそれなりにかかるかと思っていたんですが、すべて無料でした!新品で購入しているからサポートついていたのか?と思いきや多分2年くらいは使っていると思いますので、サポートは切れている?ちょっと忘れてしまったが。。
Appleのサポートは神!!だとおもった瞬間でした。

パソコンが完全に壊れたとか、別の修理が必要とかについてはわかりませんが、(私はそういった事はまだない。)、とても親切に対応してくれたサポートセンターに、今でもとても感謝しています。わたしは一生忘れないでしょう^^

話はそれてしまいましたが。。Macサポートはよいという事をお伝えしたかった次第です。

まとめ

・MacBookProを購入するなら13インチがよい
・iMacを購入するなら27インチがよい
・MacもWindowsも両方使いたいなら、MacにWindowsを入れる。
・Macの修理サポートは神である^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です