wordPress管理画面の各項目の使い方について解説します|初心者でも理解できる講座

wordPressの管理画面で、WEBサイトの設定のほとんどは行う事ができますので、各項目について理解していきましょう。

初心者の方にとっては、見慣れない表示に戸惑うこともあると思います。でも、使い慣れる内に自然と操作を覚える事ができるようになります。

wordPressの管理画面で使用する頻度の高いものは、「投稿」「メディア」「固定ページ」「外観」くらいです。
使用する所はある程度決まっていますので、管理画面の各項目をある程度理解するようにしておきましょう!!

各項目を理解して、作業する事で、自然とどこのページで何をしたらよいかがわかるようになります

wordPressの管理画面の使い方!全体を理解しよう!

wordPressにログインしたら、「wordPressへようこそ!」といった画面が表示されます。
この画面がwordPressの管理画面になります。

WordPress管理画面

ポイント
左側は管理画面のメニューと覚えよう。
ダッシュボード、ホーム、更新、投稿、メディア、固定ページ、コメント、外観、プラグイン、ユーザー、ツール、設定から各項目をそれぞれ設定する事ができます。右側(メニュー以外)は、管理画面で指定した内容を、実際に確認しながら作業できる画面になります。

wordPressの上のバーの見方

wordPressには、左側の管理画面以外にも、上にもバーがあるを確認できますか??
①~④番まで順番に説明していきます。私は左側の管理画面で作業する事が多いので、上のバーをほとんどみませんが、それでも、気になる方のために解説しておきます。
使うとしても、①番くらいでしょうか。

WordPress管理画面の説明

①サイト名が表示されます。
ここをクリックすると実際にあなたが作成途中の、WEBサイトを表示する事ができます。
「LifeStyleCreate」私のサイトですが、インターネット上で、どんな風にWEBサイトが表示されるのか確認する事ができます。サイトを修正したり、イメージと違っていた場合、適時修正・確認する事ができます。

②wordPressテーマやプラグインなど、未更新の時に表示される項目になります。
私の場合ですと、7と表示されています。更新していないプラグインが7ほどあるという事です。
左側管理画面の、更新と同じ機能になります。

③書いた記事にコメントがあった場合に通知される項目です
他の人がサイトにコメントを残してくれることがありますが、コメントしてくれた時に表示される項目になります。
私も返事が遅れてしまう事がありますが、なるべくレスポンスは早い方がよいので、ここのコメントができていないかどうかは確認していきましょう。

④新規という所は、新しく記事を書く事ができる場所になります。
後述しますが、左側管理画面の「新規追加」と同じ機能になります。

では、次に左側の設定項目について説明していきます。

wordPress左側の管理画面の見方

左側の所を順番に説明していきます。

更新は、最新のものにアップデートする項目

更新ボタン

更新とは、wordPressを最新バージョンを更新したり、プラグインを更新する項目になります。
新しいバージョンがでて更新ができるのに、更新していない時に、いくつ更新していません。といった数字で表示されるようになっています。
(※すべて更新してもいいんですが、更新した後にバージョンとサイトが合致しなくてエラーになる事もあるので、注意が必要です。なので、私の場合は何でもかんでも更新しないようにしています!!)

新規追加で、新しく記事をかくことが可能

新規登録

新規追加は、新しく記事を書く時に使う項目です。(この項目が今後使用頻度が一番高いと思います。)
記事のタイトルや本文、タグなどを設定する事が可能になります。
どんどん、記事をかいていく場所になるので、この新規追加が一番使用頻度は高くなるんじゃないかなって思います。

新規追加というボタンの上に、投稿一覧という項目があると思いますが、この部分は、あなたが文章をかいた時に、記事が一覧で表示される場所になります。
昔かいた記事を修正したりだとか、ちょっと手直ししたい時に、記事一覧から記事を選択して修正が可能になります。

最新記事

(※投稿記事ではこのように表示させています。設定によっては他の表示方法も可能。)

カテゴリーの設定でジャンルを作ろう!

カテゴリー

カテゴリーとは、その名前の通り、カテゴリーを設定する場ですが、名前とスラッグを設定する箇所があります。

名前は、サイト上に表示されるカテゴリーの名前です。
そして、スラッグというのは、カテゴリーのURLを決める場所になります。通常はすべて半角小文字で、英数字とハイフンのみが使われます。

ポイント

カテゴリーを作成する目的としては、投稿記事が多くなると、サイト閲覧者は目的の投稿を探しにくくなってしまいます。しかし、カテゴリーを作成する事で、ジャンル別や項目別で記事をかくことができるので、サイト閲覧者にとってわかりやすいサイトにするために役立ちます。カテゴリーは項目やジャンルに分けて作成するととても見やすいサイトになります。

タグの設定

タグの設定

記事のタグを設定できる場所になります。

カテゴリーとの違いは、カテゴリーは、複数ジャンルや項目を大まかに分けて使うのが一般的な使い方だと思います。

タグはそれよりも、細かい単語を表記する時に使います。関連したWordを紐づけて他のページに移動したりもできます。

例えばですが、健康を意識したサイトを運営している場合、
カテゴリー名が「健康」といった内容があったとします。その健康といったジャンルの中には、細かく記事にすると、食事の事だったり、料理の事だったり、睡眠の事だったり、運動の事だったり色々な記事をかく事ができます。
そして、その中でも食事の記事を書いているなら、食事のとり方とか、健康によい食材とか、、こういった細分化した内容をかく時に、タグを使うといいと思います。

メディアは画像や音声を保存しておく場所!

メディア

メディアは、WEBサイトに表示させるための画像や音声、動画などを保存できる場所になります。
記事内に、その画像を表示させるためには、メディアに画像を保存しなければいけません。

画像を保存する方法は、メディアをクリックすると「ファイルをドロップまたはファイルを選択」という画面がでてきます。
パソコン内に保存してあるファイルを選択する方法でもいいですし、画像ファイルをドラック&ドロップで落とし込んでも、メディアに画像ファイルを保存する事ができます。

固定ページではヘッダーやフッターメニューを作成できる!

固定ページ

投稿機能は、ブログなどの記事を追加して書いていく項目に対して、固定ページというものは、WEBサイトの決まった場所に情報を提示しておきたい時に活用しましょう。

WEBサイトの場合、ヘッダー下のメニューなどは固定ページで作成が可能です。
メニューなどはほとんど、変更がないし、常時表示させておきたいページだと思いますので、メニューを作成したい場合は固定ページから作成してきましょう。

ヘッダーメニュー
私のページであれば、上記メニューにしていますが、自由に設定する事も可能だし、修正も簡単に行う事ができます。

コメントは、場所でコメントを確認!

コメント

サイト訪問者から、コメントがあった場合は、こちらにコメント数が表示されます。
コメントを削除する事もできますし、コメントに返信する事も可能です。

外観ではテーマを追加したり変更する事が可能!

外観

当サイトではエマノンプロを採用しています。外観では、wordPressテーマを変更したり、新しく追加したりする場合もこちらの画面から行う事ができます。
こちらの記事も参考にしてみてくださいwordPressのテーマを有効化する方法はコチラ )

カスタマイズで細かいデザインを設定

カスタマイズ

wordPressのテーマを導入すると、そのテーマに沿った設定を行う事ができます。
EmanonPro(エマノンプロ)のカスタマイズ画面は上記の画面になりますが、とてもシンプルで扱いやすい画面になっています。
その他のテーマを使用する時も、カスタマイズからサイトデザインを修正したりする事ができます。

(私の記事では、エマノンプロ以外にも色々なテーマを紹介していますので、ちらの記事も参考にしてみてくださいwordPressテーマを種類別でご紹介 )

ウィジェット

wordPressにはウィジェットという機能もそなわっています。
このウィジェットという機能を使う事で、サイト内の「検索」「最新の投稿」「おすすめ記事」「カテゴリ」「フッター」「サイドバー設定」などなど、自由に設定を組み合わせて使う事ができます。
ウィジェットがとても簡単に使用できるのが、wordPressの特徴でもあります。

難しく考える必要はなく、必要なものだけドラック&ドロップをして使用したいものだけを選択して、サイト内に埋め込む事が可能になります。

プラグイン

プラグイン

プラグインもwordPressの特徴の一つです。
プラグインを導入する事で、WEBサイトがより使いやすくなったり、サイト内を強化する事ができます。
wordPressを利用する方はプラグインの導入は必須です。(入れていない方はいないです。)
ですが、プラグインがいいからといって、あれもいい、これもいいと入れすぎるとWEBサイトが重くなりサイト処理動作が低下する事があるので注意しましょう。必要な事は、必要なプラグインだけ最低限入れておき、後から追加で必要になった時に追加して入れる。くらいの気持ちで行っても問題ないと思います。

こちらの記事も参考にしてみてくださいプラグインの導入方法とオススメプラグインについて

ユーザー情報

ユーザー情報

ユーザー情報では、あなたのプロフィールだったり、ウェブサイトのURL,SNSなどのソーシャルメディアのURLなどを設定する箇所があります。
その他、wordPressの利用を個人だけではなく複数人で利用したい場合など、「新規追加」などからユーザーの追加が可能になっています。(企業や会社などでは活用できますが、セキュリティー上注意が必要です。)

設定

WordPressの設定

設定の部分は、WEBサイトを作成した時に初めの段階で設定してしまえば、あとはほとんど設定しない事が多いので対応ですが初めに設定を終えてしまいましょう。

この設定では、サイトタイトル、サイトアドレスなどを設定する画面もありますので必ず設定しておきましょう。
その他にも、ホームページの表示を、最新ページで表示させるのか、固定ページで表示させるのか選択することもできます。あとは、プラグインなどの設定変更などもここから行う事も可能になっています。

まとめ

・wordPressでサイトを構築するなら、管理画面の使い方を覚えておこう。
・管理画面で本当によく使うのは、「投稿」「メディア」「外観」の3つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です