wordPressの基本的な投稿ページと固定ページの使い方

wordPressの基本的な機能として、「投稿」と「固定ページ」という2種類の投稿方法があります。

wordPressの場合、最新の投稿記事をかく時には「投稿ページ」から記事を書いていきます。この「投稿ページ」ではどんどん記事を更新していきますので、情報量が多いと記事が埋もれてしまいます。

 

しかし、そういった埋もれてしまう記事を補うために、固定ページという機能が用意されています固定ページではある特定のページを指定して設定する事で埋もれる事を予防する事ができます。

ちょっと、イメージがつきにくいと思いますので、ここから、詳しく説明していきます。

投稿ページ

「投稿」は、基本的には、どんどん記事を更新していく時に活用するページになります。
一般的には、記事を更新して書いていく場合は、この投稿から書く事ができます。

「投稿一覧」は、今まで自分が書いた記事の一覧がでてきます。後で記事の内容を、修正する時もここの画面から入って修正していきます。記事を公開する事もできますし、下書き保存する事もできます。

「新規追加」は、新しく記事を書く場所になります。

WordPressの投稿ページ

そして、投稿ページで書いた記事というのは、下のように表示されます。
記事数が少ない時は埋もれませんが、どんどん記事数が増えていくと、1~5ページというように、表示されていきます。私の投稿ページで書いた記事はこんな感じで表示されます。

WordPressの記事一覧

固定ページ

赤枠の「固定ページ」から文章をかいていきます。

固定ページ

固定ページで記事を書くと、下のヘッダーメニューが完成します。

WordPressの固定ページ
そして、固定ページでは、指定したページを設定する事ができます。

作成した固定ページは、投稿ページとは違って、サイトのヘッダーにずっと表示させる事が可能であるため、埋もれる心配はありません。

私のサイトのメニュー(グローバルメニュー)では、このように表示させています。使い方や活用方法は自由に設定する事は可能です、企業サイトであれば、この固定ページに、「商品」「お店の情報」「お店の連絡先」「お店の地図」「お問い合わせ先」など設定する事も可能です。

投稿ページで作成した記事の場合は、昔の記事は過去にさかのぼって閲覧する事が可能です。しかし、固定ページの場合は、常時メニューとして設定させる事ができるので、埋もれる事なくいつでも、そのページを閲覧する事ができるというメリットがあります

とにかく、みせたいページを「固定」させるために「固定ページ」は存在していると理解しておきましょう。

まとめ

wordPressの基本的な投稿ページと固定ページの使い方

投稿ページ:どんどん記事を更新する時に活用する

固定ページ:ヘッダーメニューで固定させたページを表示せたい時に活用する

wordPressにおいて記事をかく時に、とても基本的な操作になります。投稿ページ、固定ページを使い分けて活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です