kindleのハイライト機能を使って書評を簡単にかく方法!!【便利】

 

今回は、書籍など書評記事をブログに書いて収益を得る方についてお伝えしたいと思います。

自分の知識を高めるために、多くの人は、その分野についての書籍を色々と購入するかと思います。
そして、購入した書籍の書評記事をかく事もあるでしょう。
kindleで本を購入して閲覧している人、実際に書店にいって書籍を購入する人、人それぞれです。

ですが、時間がなくて、なかなか書評をかく時間がない。どうやったら、もっと早くかくことができるのかと悩んでいる人もいるでしょう。

そこで、今回はアマゾンkindleを利用して、早く書評記事を書く方法についてお伝えしたいと思います。
書評記事を書いて収入を得る方法も載せておきます。

kindleならハイライト機能をつかう

私は読書が好きでkindle以外にも書籍はたくさん読んでいます。書店にいって購入する事もありますし、ネットを利用して多くの本をみています。

でも、kindleのような電子書籍では携帯でもみる事ができるし、PCでみる事ができるので便利ですよね。

kindleで書籍を購入している方は、「ハイライト」機能を使う機会があると思います。

本にマーカーを引いて、気になる箇所を保存してあとから閲覧できるようにするという機能ですね。
これが、結構便利で、あとから書評記事を書こうとすると、気になる箇所を簡単にピックアップできるんですね。

kindleを利用している方であれば、ハイライト機能なら
□Your highlightと検索するとでてくると思います。

Your highlightでは、ハイライトした内容がテキストで一覧表示されます。これをブログにコピーして貼り付ける事でできます。

kindleを利用していない方は、無料アプリをダウンロードして利用しましょう。

この方法で、気になった箇所を引用するために、どんどんハイライトをつけていきます。

引用した箇所に自分なりの視点で感想を述べたり、意見をもとに記事にする事ができるので、とても簡単に書評記事をかく事ができます。

Amazon kindleは無料アプリのダウンロードが必要

Amazon Kindle

・PC,iPhone、iPad、android各種に対応しています。利用するためには無料アプリをダウンロードして利用する必要がありますので、まだ、ダウンロードしていない。という方はぜひダウンロードして、活用してみてください。
ちなみに、私はPC,携帯どちらもダウンロードしています。

書評の記事を書いて、代金を回収する方法

書評記事書いてアフィリエイト報酬で代金を回収していくという流れについてご紹介したいと思います。

簡単には、
・kindleで購入して書籍を読む
・読みながら必要箇所をハイライト機能で保存していく
・後でハイライトからコピーペーストしてブログに貼りつける。
・気になる箇所をタイトルにつけて書評する。
・ブログに貼りつけた気になる箇所を自分なりの視点や意見を述べて記載する。
・書籍のアフィリエイトリンクを貼る。
・そこから売れれば代金が入る。
といった流れになるでしょうか。

当たり前の事ですが、本の代金はかかります。しかし、書評記事を書いて収入を得る事で、本の代金くらいは元を取る事も可能になります。(本は他のアフィリエイト報酬に比べて安いです。)
ですが、何よりも、自分の知識を増やしたり、視点が広がるため、色々な本を読んであまたにインプットするという事は大切です。
それに、書評記事をかく事で、分野について詳しくなる、要約力が身につく、文章の書き方がみにつく、本を読み解く力がみにつく、という事もできるので色々なメリットがあるかと思っています。

書評記事のタイトルのつけ方。

タイトルによっては、興味が持たれず見られない。という事も考えられます。
では、過激なタイトルや飛躍したタイトルにしたらどうだろう。と考える方もいると思うんですが、それはダメです。

明らかに内容とタイトルが異なっている場合は、違うじゃん。と思われてしまいます。

見たい。と思えるようなタイトルをつける事が大切ですが、書評記事をかく場合は、自分が保存した内容から印象的だった記事の文章を引用・もしくは自分なりの視点で書評記事を書いてもおもしろんじゃないかなって思います。

自分が印象的だと思う部分は、他のみている人にとっても、気になるポイントであるからです。

書評記事の文字数はどれくらいがいいの??

書評記事の文字数は、1000~2000文字ぐらいを目安に書くといんじゃないかと思います。
場合によっては、長すぎると読む気がなくなるし、短いと伝わりにくい文章になってしまう事があります。

でも、文章を普段から書いていない人にとって、文章をそんなに長く書けない。と思う方もいるでしょう。

でも、大丈夫です。

一冊について、一つの箇所しか書評したらダメ。というルールはありません。
よって、同じ本から別のテーマだったり、別の切り口だったり、他の言い方で表現したり、一つだけでなくて伝えたい事を色々と書いてよいわけです。たくさんかく事ができると思いませんか??

一つの本から、多くの事を自分なりの視点で書く事ができます。

一冊で、何度も色々な方向から書評するっていうことが可能なんですよね。

1個の気になる箇所でしか自分の視点を述べられないとしたら、それしか書けませんが、文章の中から気になる箇所をたくさんピックアップしてそれに対して自分の意見を述べれるとしたら、1000文字なんて簡単にいきます。

まとめ

書評記事を時間がなくて早く書きたいと考えている人は、kindleのハイライト機能を使うと便利なので、覚えておくとよいと思います。
インプットして、忘れないうちにアウトプットを素早く行う。これ大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です