定期的にWEBサイトに人を集める方法|体験談や人間の悩みに注目して記事を書く。

LifeStyleCreateを運営する西澤です。

今回は、アクセスを安定的に集めていく方法についてお伝えします。
バズを狙わなくても、ある安定した記事を書いていく事でアクセスは安定します。

では、どういった記事を書く事で安定的な記事を書く事ができるでしょうか。

私的には、不満だったり、欲求を満たすための記事は結構需要が高いと思っています。
その理由について、これからご紹介しましね。

まずは体験談からいきましょう。

自分の体験談を記事に書く。

体験代の具体的な例

・自分でその商品を購入したレビュー記事
・自分が体験した事柄(仕事、旅行、プライベート、トラブル、日常の気づき、ライフハック)

体験談というのは体験した人しかわかりません。しかも購入を検討している人(購入前)は、体験談や口コミをみて購入を考える人が多く存在します。購入を考えている人はメリットやデメリットを踏まえて商品を検討する事ができますので、体験談はとても良い情報源であると言えます。

以前からもある方法ですが、自分の体験談を書く。これは、もう当たり前であり、鉄板なやり方といってもいいでしょう。
私も、購入したものを写真にとって、それでアフィリエイトリンクなど差し込んだりしています。画像を載せて実際のデメリットやメリット両方書く事で、購入しようと考えている人にとっては安心材料だと言えますね。購入していれば、写真画像をアップして、購入してからどれくらいで届いたか、とか実際に開封してどういった事ができるのか、などなど詳しく書く事ができます。

使った事がない、全くわからないという未経験者の場合はリアルな記事を書く事は難しいですよね。手元に商品がないため実際の使用している写真を使う事はできませんし、上手く表現するのは難しかもです。
それでもやるとしたら他から画像を借りてくるとか(汗)??
書くとしても、レビュー記事を参考にするとか、イメージ?で伝えるとかそれくらいなものです。
商品(サービス・レビュー)は、あたりさわりのない事しかかけませんし、それだと記事に面白みがでないです。

かりに購入していたら、具体的にこの商品の言いところは~~です。とキッパリ伝えたうえで、メリットは~~と明確になりますよね。その他、失敗した事なども、その商品の購入を考えている人にとっては嬉しい情報です。
自分の体験談は最強ではないかと思います。

人間の悩みや問題に注目して記事を書く。

人間が生きている間は、人間の悩みや問題。というのは本当に尽きないです。
その問題となる悩みを解決できりよう記事にする事で、定期的にアクセスは集まります。

まずは、人間の基本的な欲求である、衣食住から書いてみます。

衣食住は、基本的な人間の欲求ですが、これらを解消(悩みを解消)しないと人はイライラしたり、場合によってはストレスの環境になります。

よって、そういった問題に対して欲求を解決できるような記事を書いて導いてあげます。

衣:しっかりとした衣服を着て、周囲から良く思われたい(かっこいい、かわいい。)
・最近のファッションって何が流行っているのかな??
・男性受けするファッションって何だろう。
・街にはどういった新しい店ができているのだろう。

食:おいしい食事を食べ、お腹を満たしたいという基本的欲求
・美味しい料理の作り方を勉強しよう。
・筋肉が付く料理ってどんな食事があるんだろう。
・グルメでどんなお店があるの??

住:安心して住む事ができるという基本的な欲求
・賃貸を定期的に払っているなら、一戸建て購入しようかな。。でも他の諸費用などんなものがかかるのかわからない。
・3LDK在住。3人家族だけどもうちょっと広い部屋探している人。。
・引っ越しを考えているけど、エレベーターはあるのか??なければ4階まで歩かなきゃいけないのか。辛いからエレベーターありの物件探そう。

こういった衣食住は基本的な欲求で、人間の誰しもがもっている欲求であるとされています。
よって、こういった悩みを解決したWEBサイトやブログを作成する事で、定期的にアクセスのあつまるサイトになると思います。

では次に、もう一つ三大欲求も考えてみましょう。

食欲、性欲、睡眠欲も、人間が生きていく上で、重要な欲求だと言えます。

食事:人間食べないと餓死で死んでしまいますから、世の中に食べない。という概念はなくなりません。外食する人なら、ぐるなびやホットペッパーを利用する。家で料理をつくるならクックパッドを使って料理をつくる。これも、欲求を満たすためのコンテンツだと言えます。

性欲:男女ともに需要があるジャンルです。
「Hがしたい。」「誰かと一緒になりたい。」「性の気持ちを満たしたい。」「付き合いたい。」といった気持ですね。
人間は、昔から子孫を残すのに繁殖行動を起こしますが、現代では子孫の反映というよりは、「子供が欲しい、単純に性を満たしたい。」と思っている方がほとんどでしょう。
そういった悩みを解決するコンテンツとしては、アダルトサイトや、人と合う事ができるアプリなどの需要が高まっています。

睡眠欲:1日8時間睡眠をとる人は1/3は寝て過ごしているわけです。睡眠をしっかりとらなければイライラしたり集中力が低下してしまう原因にもなります。なので、良質な睡眠を確保できれば、欲求がみたされるわけです。
そういった悩みを解決するコンテンツとしては、枕やマットの販売なんかも売れます。そして、運動を促して疲れて睡眠を促す方法をとったり、寝る前のリラクゼーションアイテム(御香、足浴、マッサージ、ホットパック)などを紹介して睡眠の質を高める方法。なんて事もできると思います。

人が抱えるその他の悩み

生活しているとそれ以外にも、多くの悩みがある事がわかります。女性と男性で少し異なったりもしますが、基本的には悩みは同じである事が多いです。

・仕事の悩み
就活が上手くいかない、人間関係がうまくいかない、上司からセクハラ・パワハラがある、
転職しようにもいいところみつからない。

・結婚や育児の悩み
相手の親にどうやって挨拶しようかな。式場はどこにしようかな。誰をよぼうかな。
育児の方法がわからない、ママ友が欲しい。

・コンプレックス系の悩み
不細工である、デブだけど食事か運動で痩せないと、ハゲだから育毛剤つけよう、ニキビあるから皮膚ケアしよう、アトピーだから治すために皮膚科に通おう、夏だし足や脇を脱毛したい、パサパサ髪が傷む

・経済的な悩み
老後の経済や収入的な悩み。今後生活できるだろうか。

・健康に関する悩み
痩せたい、脂肪を落としたい、小さいサイズの服をきたい、ダイエットしたい、筋肉をつけたい、綺麗な身体になりたい。病気になりたくない、身体に症状が出現する。

他にもまだまだでてきますが、ほんの一部です。
こうやって考えると世の中には、色々な悩みがあります。
そして、その問題を解決するための商品やサービスというのはすでにでています。
なので、こういった人の悩みは、誰しもがもつ悩みで需要があります。問題や悩みを解決するためにコンテンツを作成する事で定期的なアクセスをあつめる事ができます。

まとめ

定期的にアクセスを集めたいと思ったら、基本的な欲求や悩みは何か?を考えて、それに答えるようなコンテンツを作成する事である程度アクセスを集められると思います。
というのも、基本的欲求は人間だれしも持つ欲求なので、需要があるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です