WEBサイトにアクセスが集まるタイトルSEOの考え方|キーワードは重要!初心者向き!

 

本日は、WEBサイトにアクセスが集まるサイトタイトルのつけ方。という内容でお伝えさせていただきますね。

適当にタイトルをつけていた。という人もいるかと思いますが、タイトルによってはアクセスが集まらない。そんな事もありますので、ユーザー目線のサイトタイトルのつけ方についてご紹介しようと思います。

アクセスを伸ばすためのタイトルのつけ方

検索して欲しいキーワードをタイトルにいれる(基本中の基本)

一番の基本的な部分になります。
検索してほしいと思うキーワードは必ずタイトルの入れるようにしましょう!!
(こんなの当たり前じゃん!笑 そう言う人もいると思いますが、大切なので後でしっかり書きます。)

しっかりとした、ユーザーが欲しいと思う情報【記事】を提供する事で、アクセスが集まるサイトになる事は間違いありません。タイトルのひだりがわにできるだけ、キーワードを入れるとよい。とよく言われていますね!
そして、記事内容に合致した魅力あるタイトルをつける事で、アクセスを伸ばす事も可能になります。
しかし、記事内容と合っていないタイトルをつけたり、魅力のわかないタイトルをつけてしまうと、多くの人は見たい。という風にはなりません。

これでは、アクセスを伸ばす事はできないのです。

ユーザーに魅力あるタイトルを提示して、「見たい。」と思ってもらえるようなタイトルにする事でアクセスが集まります。(釣ではなく。。)

よって、タイトルのつけ方によってアクセスが変わる。といっても過言ではありません。

流行ネタや旬な話題のコンテンツだと、一時的にアクセスを集める事が可能ですが、話題が落ち着くと調べる人が少なくなるので、アクセスは長くは持ちません。よって、話題や流行になっている時期だけアクセスは集まります。
ですが、長期にわたってアクセスを集めれるような記事を書きたい。と思っている方は、流行に左右されない記事を書く事をオススメします。

どういった思いで、人は検索するのか??
自分であれば、検索キーワードにどんな言葉を入れて調べるのか??
などなど、あなたの想像を働かせて
考えながらタイトルをつけるとよいです。

例えば、東京に観光しておいしいグルメを食べたいと思っている人が探すキーワードとしては、、、
「東京 観光 グルメ」「東京 観光 料理」「東京 料理 オススメ」のキーワードを入れて調べるのではないでしょうか。私もそうやって実際に検索します。
こういったタイトルは、流行ネタではないし、東京に観光して【おいしい料理】を食べたい人は、一定数いるはずなので、時期が変わってもある程度のアクセスを確保できるようなタイトルかと思います。

そして、さきほども説明しましたが、重要なキーワードほどタイトルの左に設置する事でSEO効果が高まります。上の例では、「東京」が左なので、より重要なキーワードとしてGoogleが認識してくれるようになります。

Googleの評価項目には、キーワードも含まれている。

GoogleがWEBサイトを上位表示させるためには、いくつかの項目があります。

すごく簡単に説明すると、
・記事の内容が充実しているオリジナルコンテンツであるかどうか。
・文字数が多く、ユーザーの視点で解説されているかどうか。わかりやすいかどうか。
・サイトの更新頻度は高いかどうか。(高く頻繁に更新している方は高評価)
・サイト内の滞在時間(面白いサイトやユーザーのタメになるサイトは滞在時間が長くなる。これもポイント)
・CSS、HTMLの内部構造がGoogleが評価しやすいWEBサイトの構造になっているかどうか。

などなど、他にも評価項目は多数ある事がわかっていますが、キーワードも大切な評価の一つなのです。
重要な要素である事は間違いありません。

よって、ブログ記事のタイトルのつけ方がわからない人は、少しでも理解してアクセスが集まるタイトルを意識してつけれるようになる事が大切だと思います。
Googleから評価される項目の一つなので、WEBサイト運営者として放っておくわけにはいかないですよね。

ブログタイトルのつけ方を理解している人は、スキップして構いませんが、わからない人はキーワードプランナーが無料で使えて便利です。

ブログタイトルのつけ方で迷っている人はツールを利用しよう

キーワードプランナーで関連キーワードを調べる

タイトルのつけ方に困った時は、多くの人はキーワードプランナーを参考にしているでしょう。

まだ利用していない方は無料なので、登録してみてください。
Googleのキーワードプランナーは、キーワードがどの程度検索されているのか把握する事ができる無料ツールです。

例えばですが、「副業」といったキーワードを入力した場合、色んなキーワードがでてきました。
関連があるキーワードは多くの人が関心を持っているキーワードであると言えます。

よって、関連するキーワードをタイトルに入れる事でより、検索にヒットしやすくなります。
参考にする点において便利なツールかと思います。

ブログタイトルのつけ方に迷う方は、
「メインキーワード+複合キーワード」で検索してタイトルをつける事も検討してもいいと思います。

キーワード

(※キーワードプランナーで副業と入れると多くの関連ワードがでてきました。)

自分が考えているキーワードの検索ボリュームが多いのかどうか。調べてタイトルをつけても面白いです。

ストック型の記事をたくさん書いてアクセスを集める

アクセスを集めるために必要な事は、みんなも知っている通り。
・頻度の高い、記事の更新。
・文字数を多くして記事をかく。

この2点は基本的に重要です。ですが、ただ記事数を更新するだけではダメです。

ダメというよりは、流行的な記事を書く。という意識よりストック型の記事を多く書いた方がよい。という事になります。

ストック型の記事でアクセスを集める

記事中身の部分ですが、廃れやすい記事は持続的にアクセスを集める事は難しくなります。
流行的な記事を書いてしまうと一時的なアクセスはすごいものがありますが、話題性がなくなってしまっては一気にアクセスが下がります。流行性の記事の場合はドンドンと、新しい記事を更新しなければいけません。
アドセンスで収益を得るブログは、いいかもしれません。しかし、長期的なアクセスにはつながりにくいです。
時間の経過とともにアクセス数は下がります。

ですが、ストック記事をかく事で、安定的なアクセスを確保する事ができるようになります。
そして、記事を更新する事で、多くのアクセスが集まる記事が増えるので、結果的にアクセスがたくさん集まるようになります。

ストック型の記事を書いていく事で、見る人も増えていく(流行記事よりはアクセスは減りにくい。)ので、こういった記事をどんどん更新していくとWEBサイトにアクセスは増えます。

ブログ初心者がやりがちなタイトルのつけ方(失敗)

①同じ内容のネタを細かく区切ってしまう

ブログ初心者がやりがちなパターンとして、ネタを細かく区切ってしまう。というものがあるかと思います。

基本的には、1つのブログ記事に1つのテーマで記事を更新すると記事は書きやすくなります。
しかし、1つのテーマで書こうと思ったら、分割せずに書く事ができるけど、どうしても分割して書いてしまう人もいます。次章に続く。みたいな。
サイト訪問者にとっては、「次のページ」をクリックしないと中身がわからないから、ほとんどの方は見るような事はしません。(ファンがついていたり、中身を見たいという人は別ですが。。。)
ですが、こういった1つのブログ記事に1つのテーマに沿ってかく場合は、分割せず1つの記事として書く事が得策です。
分割しないで、1テーマに沿ってかいてあげる事で、文字数も増えますし、分割するよりはSEO効果は高まります。ここは、ブログ初心者が注意してほしいポイントです。

②SEOを意識しすぎてキーワードが羅列してしまっている。

ブログ初心者がやりがちなパターンその②としては、SEOを意識しすぎるあまり同じキーワードが羅列しすぎている。という残念なパターンもあります。キーワードを埋め込みすぎてしまうと、不自然な文章になってしまいます。
たくさんキーワードを入れればよい。という問題でもありませんし、たくさん色んなキーワードを入れればよい。という問題でもありません。
重要なキーワードを入れつつも、不自然な文章にならないように心掛ける必要があります。

記事と関連あるものしか、検索エンジンでは評価されにくくなっているので、記事の内容に合うキーワードテーマをつかうようにしましょう。

アクセスが集まるタイトルの決め方3つの方法とは??

ストック型の記事でアクセスを集めるためには、検索キーワードはやはり重要と言えます。
タイトル次第で面白そう。見てみたいと思ってもらえるようなキーワードにする事が重要です。

もちろん、そのタイトル通りの中身にコンテンツを仕上げる必要はあります。中身がタイトルと違っていたら、SEO上評価もされませんし、サイトの信頼を落としてしまいます。
ただの釣目的の「サイトタイトル??」って思われかねません。

多くの人は、タイトルを見て、記事をみるかどうか判断してしまう人がほとんどなのも事実です。
よって、しっかりとしたタイトルを決めていく必要があります。

①検索されたいと自分が思っているキーワードをまず考える

自分が書いた記事を「検索でどういった風に検索してもらいたいのか。」をまず考えます。

例えば、この記事では、タイトルのつけ方!!という視点で私は文章を書いています。

私的に、この記事は、どういった風に検索されたいか??どういった風に検索してもらいたいのか??
を考えた時に、、

・タイトルのつけ方がわからない人。
・タイトル次第でアクセスは集まる事は知っているけど、どんなタイトルがいいのか、どんな記事がいいかわからない人。
・ブログタイトルをどうやってつけるか迷っている人。何かツールを探している人。
・初心者だけど、どうやってタイトルつけたらいい?
と、こういった人を対象にして記事を書いています。

よって、上のようなキーワードで検索してくるだろうな??と私は予測してタイトルをつけています。

結果的には、「WEBサイトにアクセスが集まるタイトルのつけ方」としました。

キーワードとしては、「WEBサイト」「アクセス」「集まる」「タイトル」「つけ方」です。

どういった思いで私のブログを見るかわかりません。
ですが、私の意図している人向けの記事なので、「タイトルのつけ方に興味がある人」は、こういったキーワードで検索してくれてアクセスが集まります。

どんな記事を書くにせよ、どういったキーワードで検索されたいの??と自問自答するようにしましょう。

すると、自然とキーワードがでてくるはずです。

②キーワードプランナーの関連キーワードから考える

検索キーワードツール「キーワードプランナー」を利用する事で、関連キーワードのヒントを得る事ができます。そして、そのキーワードから、どういったタイトルをつけて、どういった記事を書くか参考にする事ができます。

例えば、さきほど、キーワードプランナーに「副業」と入力すると、色んな関連性の高いキーワードがでてきました。
ほんの一例を出しますが、副業と他の複合キーワードで調べている人はそれに関心のある人です。
いくつか例題を出してみますので、参考にしてみてください。

・「副業 サラリーマン」という複合キーワード
⇒サラリーマンをしながら副業したい人
⇒時間のないサラリーマンでもできる副業を探している人
⇒サラリーマンの給料だけではなく副業収入が欲しい人

・「副業 在宅 収入」という複合キーワード
⇒育児をしていて外にでる時間もないから自宅で収入を得たいと考えている人
⇒外にでないで在宅のみで仕事をしたいと考えている人
⇒仕事以外に、在宅でできる副業を探している人

・「簡単 副業 スマホ」という複合キーワード
⇒スマホでできる副業を探している人
⇒簡単に稼ぎたいと考えている人

複合キーワードを調べたら、どんな人がそのキーワードを入力したのか考えます。(想像力を働かせてください。といってもある程度理解できますよね。)
上の例で上げました、~と考えている人、~を探している人、の所の部分に焦点をあててタイトルを決めたり、記事を書いていく事ができます。

ここまでの作業ができたら、

タイトルには、検索しそうな人向けのタイトル記事をかく事ができます。そして、その人向けに記事を書く事もできますよね。

③わかりやすく伝える事が重要

アクセスが集まるサイトタイトルの作り方の3つ目ですが、
サイトタイトルを分かり易く、記事を分かり易く書く。という事が重要です。

わかりやすく伝えるというのは、サイト閲覧者が理解できるようにタイトル・記事を書く。という事です。

基本的に、わかりやすく伝えようと思えば思うほど、文は長文になってしまいます。
あれも、これも、どういって伝えるか??と考えるわけですからね。色んな角度、色んな視点で物事話をすると長くなってしまいます。知識を出し惜しみをしている場合ではないですからね。

しかし、長文になってくると、何を伝えたいのか何が大切なポイントなのか焦点がずれてしまう事があります。
なので、文章を書いている途中や書き終わったあとに、再度読み直しをしてみましょう。

不自然な文章になっていないか今一度チェックする事が大切です。

自分で読んでいて「あ。おかしいね。読みにくい。」と思う部分は、見ている人も、たぶん読みにくい部分でしょうから、表現を変えるなり文章を変えるなりする必要があります。

なぜ、ここまでしなければいけないのかって??

それは、WEBサイトの読みやすさが、Googleの評価項目の一つになっているからです。
Googleの細かい判断基準まではわかりませんが、サイト閲覧者が記事をしっかり読んでいるかどうか?もサイトの評価になっています。
サイト離脱率が高いサイトは、Googleからの評価は下がります。
(※サイト離脱率等はGoogleアナリティクスに登録すると閲覧できるようになります。)

みんなが離脱するサイト=見ていてよくわからないサイト。とGoogleから判断されてしまうため、サイトの評価が下がります。

よって、ユーザー目線で、わかりやすいタイトル・文章を書いてあげる。これが大切です。
ユーザー目線とは、まさにこの事です。分かり易く伝える。という事!!

ユーザーもサイトを見て勉強できる(理解できるや楽しむなど)というメリットがありますし、何よりそれによって、WEBサイトの評価も高まる。

そして、結果的にGoogleからの評価も高まる!といった構造を理解してきましょう。

まとめ

アクセスが集まるサイトタイトルのつけ方は、色んな考え方や方法があります。
今回はとても簡単な方法でタイトルをつける時の視点として参考にしてもらえれば、幸いです。

あなたの想像を働かせて、ベストなサイトタイトルをつけましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です