花粉症対策|2019年度版!今すぐ実践可能な花粉対策を行って快適に過ごそう!早めの予防が大切!

 

Toshi

 こんにちわ。LifeStyleCreateを運営するToshiです。

今日は春に流行るであろう、花粉症のはなしをするよ。
花粉症で症状がでる方は、早めに対策と予防が大事だよ~~!
わたしは医療関係に精通していますので、ぜひ実践してみてください^^

花粉症の流行り出す時期はいつか?

基本的に、花粉(シラカバ)が飛んでいる時期というのは、春頃です。(まさに今時期)
1年中、花粉はとんでいますが、活発に飛んでいるのは春です。
その時期から、ぽつりぽつりと、花粉が飛んで吸い込んでしまう事で、花粉の症状がでてきますよね。

Toshi

 この時期は花粉症状ができる方にとっては辛い時期なのです。。。 

何故、花粉症と呼ばれる症状が出現するの?そのメカニズムは?

難しい説明はしません。ざっくりわかりやすく説明すると、こうです。

花粉という、木(スギとかシラカバとか)。などから発生する異物。が目、鼻、口からはいる事で、身体は『異物が身体に入ってきたよ~。』『何とかしてくれ~』という、ヘルプを出しているわけです。
それが症状としてでているのです。

単純にその、防衛反応として身体は症状としてでるのです。
『犬アレルギー』とか『ホコリアレルギー』とか、そんな感じです。

人によってアレルギー症状がでないのはどうでして??

症状がでない人はずるい!そんな風に思っている人もいるでしょう。

もともと、食べ物や薬などでアレルギー症状がでやすい人は、花粉などもアレルギーがでやすい傾向にあるようです。ちなみに、私の場合は花粉アレルギーはないですが、ホコリアレルギーがあります。

なので、ホコリがたまっている所にいったり、部屋の掃除をしている時の『せき、くしゃみ』は半端ないです。人によっても、アレルギーの性質や体質というのは、異なるのと一緒です。

人によって、『犬アレルギー』はないけど、『ホコリアレルギー』はダメ。といった私みたいな感じの方も多いのです。

春頃に流行る花粉がでやすい方は、春って新しい時期でワクワクするけど、そういった意味では辛いのです!!

どんな症状がでるの?一般的な苦痛症状!

花粉症は、一般的によく起こりうるアレルギー症状と同じです。

一般的には、くしゃみ、眼や喉や皮膚のかゆみ、鼻づまり、いわゆる一般的にアレルギーといわれる症状とおんなじです。

わたしの場合は、花粉はいくら吸っても症状はでません。がホコリを少しでも吸う事で半端ない。アレルギー症状がでます。

でも、保護メガネとか、マスクをする事で、ある一定量のそういった異物は、身体に入らなくなるので、対策をとる事はできます^^大丈夫!!

とはいっても、花粉症の症状が強いと、結構生活への影響はでやすいのではないでしょうか。
ここでは、花粉が与える生活への影響。という視点でお話しさせていただきます。

花粉症の症状が与える日常生活への影響

どんなアレルギー症状でも、同じことがいえます。
花粉だけが問題ではありませんが、とにかくアレルギーが与えるわたしたちへの生活への影響は様々なものがありますよね。

仕事の集中力が低下する影響

咳とかくしゃみ、目がやゆい。という症状があると、集中力へ影響します。
その結果、体調自体は問題がないのにも関わらず、花粉アレルギーの影響だけで仕事の効率性は低下します。
大事な会議や、お客さんと接客する方であれば、ちょっと辛いですよね。

勉学への影響

大事な試験勉強をしている方も同じです。思考力や集中力が低下するので、頭で覚える。という行為すら、花粉症がでている事で、勉学へ影響する。といわれています。
最大のパフォーマンスは発揮できないのは辛い。

アレルギーが強くなると不眠への影響

せき、くしゃみが少しでも落ち着けばいいでしょう。でも、寝る前にこういった症状が続く場合は、疲れる。寝られない。という事から、不眠の原因となる事が知られています。
不眠は、日常生活で色んな支障がでるので、ちょっと辛いところです。

ゆううつな気分になる

本当にアレルギー症状がでると、テンション下がりますよね。
わたしの場合は、『ホコリ』のアレルギーですが、、部屋の掃除を『さぁ、やるか。』と前向きな気持ちであったとしても、そういった症状がでてしまえば、『あれ、今日はやりたくないかも!笑』なんてことも、起こります。
すべては気持ちの持ちようかもしれませんが、それでも、ゆううつな気持ちになります。

Toshi

 眼がかゆい。。。 

アレルギー体質の人は、基本的には、完治というのは難しいと思います。
どちらかというと、完治させる。というよりは、自分への対策をしたり、生活環境を変えたり、する事で、できるだけ花粉への影響を抑える事が大切だとわたしは感じます。
なので、そういった対策についてちょっとお話ししますね。

花粉症の対策で実践可能なできる事!!

実際に私はホコリアレルギーがありますが、花粉でも同じことがいえます。私がホコリアレルギー対策をした時に改善した体験も踏まえていますので、ぜひ、やってみてください。
100%症状をゼロにする。という事は難しいかもしれませんが、症状をいくらかカットする事はできます。

外出時は、マスクやメガネをする!

基本的に、アレルギー症状がでる原因は木からでる花粉です。
その花粉が身体の粘膜に触れてしまうと症状がでるわけなので、できるだけ、身体の粘膜に触れないように対策をしればいいわけです。
つまり、極力、身体の粘膜は保護する。というイメージをもってもらえれば問題ないかと思います。

外出時は、コンタクトをしている方であれば、メガネに変えてみる。とか、マスクをつけてみる。そんなちょっとした対策でも症状の緩和につながります!!

家に帰ってきたら、髪や服についている花粉を払う!

外出中は、室内でずっと過ごしている場合影響はないかもしれませんが、外を歩いていると、髪や衣服に花粉がつきます。そのまま家で過ごしていると、家の中あちこちに花粉をまき散らしてしまっている可能性があります。
なので、玄関先でもいいので、髪をブラッシングしたり、衣服を払って、花粉をおとす。それだけでも花粉対策として効果はあるでしょう。

シャワーや入浴でしっかり花粉おとす

これも、上の事と同じことですが、髪に花粉がついていて、あらいながさずに寝てしまうと、枕に花粉がついてしまう事があるかと思います。そういった花粉への影響をできるだけすくなくするには、必ず寝る前には、シャワーで花粉をおとす。という清潔な行為が重要となってくるかと思います。

洗顔やうがいをする!

これでも、花粉の影響で症状がでてしまった。という場合は、粘膜に花粉がついている可能性も考えられます。
そんな時は、洗顔をしたり、うがいをしたりして、少しでも、花粉を取り除くような対策をする事で、軽減する事があります。
わたしの場合は、ホコリが顔につくと、すっごくくしゃみがでます。でも、洗顔をすると少しでも軽減できたので、これも対策の一つとして実践してもよいかと思います。

部屋を掃除する!

わたしの場合、掃除をする事で余計にアレルギー症状がでます(笑)マスクをすれば症状はでないですが、本末転倒ですね(笑)
でも、ホコリではなく花粉症の方でも部屋の掃除はこまめにしておきましょう。
できるだけ、花粉を家の中から除去しましょう^^

その他にも、対策をするとなれば、自宅内に、空気清浄器を設置する。または部屋に掃除機をかける。という事かと思います。ここでは、そんなオススメのアイテムも一緒に紹介しておきます。

アレルギー薬で対症療法

対症療法というのは、症状の緩和であって、原因となる完璧な治療ではありません。
そのため、一時的に薬で症状をおさえる事はできても、根本的な解決にはなっていません。
わたしも、ホコリで症状がでた時は市販のアレルギー薬をのむこともありますが、眠気もあるので、注意が必要です。

私的には、自宅で快適にすごすためには、自宅を綺麗に保つ!という対策が非常に重要かと思っています。

花粉症への4つの対策で、花粉症の予防をしよう!

外出への対策はさきほど、説明しましたが、自宅で快適に過ごせるようにするためには、部屋の花粉を除去していく必要があります。そこで今回はその対策について一つ一つ紹介していきます。

自宅で行える4つの清掃対策

  • 加湿器:花粉は空気中にまっていますが、加湿器を使用することで、花粉に水分が踏まれるので、空気中
    への散布を防ぐ事ができます。
  • 空気清浄器:室内にとんでいる花粉を減らす事でアレルギー症状を抑えます。
  • 掃除機:床に落ちた花粉を取り除く。(ホコリも除去してくれる!)
  • 洗濯機:昔は洗濯した服は外でかわかしていましたが、花粉が付着するため室内で洗濯して乾すケースが多いようです。

わたしは、自宅に加湿器も空気清浄機もあります。もちろんですが、掃除機も、洗濯機もあります。
自宅で快適に過ごすためには最適なアイテムです。

とにかく、年中通して花粉は飛んでいますが、できるだけ症状を抑えたい。という方は対策をしてみてはいかがでしょう。

花粉症対策!2019年快適に過ごせるオススメの家電製品!

さきほども、紹介したとおり、自宅で行える4つの清掃対策には、加湿器を設置する。空気清浄器を設置する。掃除機をかける。衣服を選択する。という清潔な環境をつくる重要性についてお伝えしました。
自宅に、そのモノがあれば、それを使えばよいと思います^^無理に購入する必要はありませんが、家にない方は購入を検討する。もしくは買い替えをする。ということも検討してもいいかと思います。

中国からの黄砂(こうさ)の影響
 ここ数年では黄砂の影響で、中国あたりから砂や粒子が日本に飛んでくる。そんなニュースをみた人もいるでしょう。花粉への影響もあると思いますが、最近では春頃の黄砂の影響もあるので、より一層、室内の環境は重要視されています。 

加湿器のおすすめ

室内に加湿器を設置することで、花粉に水分を含ませてあげる事が可能になります。水分の含んだ花粉が重くなり、床に落ちます。よって、空中に跳んでいる花粉の数を少なくする事ができます。それが花粉症対策となります。

空気清浄器のおすすめ

綺麗な空気を循環させます。花粉などの空気中にある異物を吸い込んでフィルターを通してクリーンな環境にします。

掃除機のおすすめ

床に落ちた花粉をすいとることで、綺麗な環境をたもちます。ちなみに、ホコリも一緒にとってくれます^^

洗濯機のおすすめ

衣服の生地についた花粉は洗濯をしてあげて取り除きます。

まとめ

大事な事は、身体にできるだけ花粉がつかないように対策する。という事が大切かなって思います。
そのためには、外出時の対策だったり、帰宅時の対策だったり、自宅での過ごし方、掃除。などの部分が大半をしめるかと思います。
これらの、対策をすることで、少しでも花粉症状をさけて快適に過ごせるのではないでしょうか。少しづつはじめてみましょう。

Toshi

 アレルギー症状は色んなパフォーマンスを低下させます。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です