集中力を飛躍的に高めるたった5つの方法!仕事でも勉強でも、手軽に今から始める事ができる事!

今回は、集中力を飛躍的に高める方法についてお話ししたいと思います。

勉強でも、スポーツでも、仕事でも、集中力が持たない。あるいは持続できない。という方は多いんじゃないでしょうか。集中力を高める事ができれば、確実に物事成果がでやすくなります。

集中力を高める事で、、、、仕事であれば、仕事が早く終わり時間を有意義に過ごす事ができたり、スポーツでもムダな事を考えずにその事に取り組む事でダイエットで成功したり、勉強にしても効率よく頭がよくなる。と思っています。

逆に集中力がない人は、何をしていても、他の事に気がきになって物事が取り組めない状況に陥っている事かと思います。だらだら何かを行うよりも、短期的に集中して、物事に取り組く事で、時間も有効的に使う事もできるようになります。

でも、そんな集中力がない人でも、ある事を意識するだけで集中力を高める事ができます。勉強、スポーツ、仕事、ビジネス、趣味、なんだって活用できる方法かと思いますので、参考にしてみてください。

とても、簡単に行う事ができる方法があるのでご紹介しますね。

とにかく、選択肢を少なくする!

選択肢が少ない方が集中力は高まります。これだけだと、わかりにくいと思いますので、詳しく説明しますね。

人というのは、選択肢が少ない方が物事考えなくてよいので、素早い決断をする事ができると言われています。

逆に、色々な選択肢があると、考えるという事自体に集中してしまうので、疲れてしまって結局何を選んだらよいかわからない状態になります。これが集中力が低下する原因になります。
わたしもよくあります。選択肢が多すぎて考えているうちに疲れてしまうというパターン!笑

頭の中で【 深く考える、選ぶ、迷う。】という、「意志を決定する事」そのものが、集中力を低下させる原因になると言われています。

逆にいってしまうと、深く考える。選ぶ。迷う。という選択肢をしなければ、ムダに考える事をしなくて済むので、その余った余力を、何か一つの事に集中に使う事ができると言えます。

勉強、スポーツ、仕事の場合を例として考えてみましょう。

勉強
「あれもやらなきゃいけない、これもやらなきゃいけない。」と学生時代あれこれ考えた事ある人は少ないハズ。
でも、アレコレ考えていると、結果的に、何もできなかった。もしくは、少しはやったけど思うようにできなかった(集中力が低下していたため)という原因になります。
選択肢が多すぎて、疲れてしまった。。。。という事です。
今日は、これをやろう。と考えたら他の事を考えずに一つに絞ってやってみる。。という方法をとる事で勉強を少しでも集中してできる事につながるんではないでしょうか。スポーツ
ダイエットや筋トレをしている方であれば、「どんな食べ物を食べようかな~」「何をして痩せようかな~」って結構考える人はいますよね。で、結局考えたあげく何もできなかった。。。という事があります。
ですが、考える。選ぶ。迷う。という事自体が集中力を低下させる原因になりますので、私は筋トレをする事がありますが、今日は「この部分を鍛えて」「これを食べる。」とシンプルに考えるようにしています。余計な事を考えなくて済むので、効率的に筋トレをして食事をしてとった事ができるようになります。

仕事
仕事にいくための服装の場面で考えてみましょう。
「スーツを着ている方であれば、どんなネクタイにしようか。」
「私服であれば、きょうは今日はどんな服をきようか。」とか毎日、、、考えますよね。
でも、こういった考えるという事をしてしまうと、集中力は低下してしまいます。
スティーブジョブズは、いつも同じ服装をしています。これは、毎朝何かを着るかを決める事は時間の無駄。という考え方から同じ服装をしているそうです。考える事をする事で結果的にビジネスに集中する事はできなくなりますから、服も一つだけあればいい。という事です。
極論ですが、スーツをきて仕事にいく時はネクタイなども1種類あれば、選択肢なんかないし、エネルギーを仕事に注ぐ事ができますよね!笑

以上、考える。選ぶ。迷うという意志を決定する事自体が、集中力を低下させる事になります。
多分、普段何気なく生活していると、特に「集中力なんて下がっていないけど。。。」と思う人も多いと思いますが、こういった小さい事の積み重ねで、、疲労と密接につながっていると考えていきましょう。集中力に影響を与えていると気付いている人は少ないと思います。

どんな事でもそうですが、選択肢を限りなく少なくする事で、決断力も高まり、(考えている時間)をその物事に取り組むべき事に集中できるようになる。と言われています。

やる時間にあえて制限を設ける

集中力を高めるためには、仕事でも、勉強でも、時間に制限をかけて、やると効果がでる事があります。

何でも、ダラダラやるよりは、30分、15分と短く時間を決めて、その時間内で、目標を立てて、全力でやるといった考え方ですね。結果的には集中力は高まり、自分のこなせる最大限の努力をするわけですから、効率的な作業量を行う事ができます。

学生時代のテストの事を思い出して欲しいのですが、時間制限をつくる事で最大限の結果を残せるよう(テストの点でよい結果をとる。)努力しますよね。時間に制限があるからこそ集中できるわけです。これが逆に時間がいくらでもあったら、ダラダラしてテストをやる事になります。テストの点の結果は同じとはいえ、集中力は続かず結果的によい結果はうまれません。

仕事も、「今日は用事があるから残業しないで定時で帰る。」と思い立った場合、17時までに仕事を終わらせなければいけない。という時間的制限をかける事で、時間内に終了できるように、人は集中します。
仕事内容が雑。というのは問題かもしれませんが、意識を変えるだけで、早く仕事を終わることってないですか?なので、自分の中で制限時間をもうけてみる。というのも一つの方法かなって思います。

同じ仕事量であったとしても、時間が速く終わればその分効率的だと私は思います。

これを続ける事で、
・短い時間で終わらせるための集中力が高まる!
・早く仕事を終わられる事ができるので、時間を有意義に使う事ができる!
・余った時間を他の事につかう事ができる。

集中できる環境づくりをしよう!

自動的に集中できる環境を作り出す事は重要です。

私はパソコンに向かって今記事を書いています。
今であれば、「パソコンに座る→パソコンに電源入れる→wordpressを開く→記事をかく。」といった4ステップで記事を書き始めています。すぐに記事をかくための集中できる環境が整っています。

ですが、

少し前までは、記事を書き始めるまでに時間がかかっていましす。
パソコンの前の椅子に座り、まずやっていた事は、作業とは関係のない漫画をみていた事。
その他、パソコン回りの掃除をはじめたり、なかなかパソコンの電源をいれず何か他の事をしていました。
これじゃあ、時間がいくらあっても足りなくなります。これじゃ、集中できる環境づくりとは言えないわけです。

そこで、私にとっての重要な事は、パソコンの前の椅子に座ったら、まずパソコンの電源を早く入れみる事!そうする事で、自動で画面は立ち上がりますし、「よしやるか!」とエンジンが始動するわけです。
今は余計なことをせず、記事をかく事に集中する事ができています。

勉強、仕事、スポーツすべて、そういった環境に身を置く事で、自然と集中力は高まります。

騙された~と思ってやってみてください。以外といい方法ですよ。

例えば、やる気がでない。とか、集中できない。といった事はそういった環境に左右されている事が少なくありません。やりたくない事でも、とりあえず、すぐに作業ができるように、まず環境をかえてみるだけで。作業に打ち込める事ができるようになります。

勉強の具体例をだしておきます。
教科書を開くのに時間がかかっていたり、何か他の事に気をとられている方も多いと思いますが、まずは、、、、
勉強しなくてもいいから、その環境に身をおいてみてください。ノートを開いて、ペンをもってみる。そして教科書をひらく。マーカーを握って線をひく準備する(笑)など。
そんな環境に身をおいてみるだけで、おのずと「きがついたら勉強をしていた。」なんてことだってあり得ます!!

勉強癖というか、環境に身を置く事ができるようになります。それを一つ一つ習慣化してできるようになると、自然と行えるようになっているので、作業に集中できるようになっているハズです。(わたしはそうでした。)

断捨離しましょう

断捨離をする事で、集中力は飛躍的に高まります。
ミニマリストといった言葉もありますが、物を最小限にする事はとても大切な事だと私は思っています。

例えば、部屋に、いらないもの、あっても使わないもの、今後も使う予定がないもの、などがあれば断捨離する事をオススメします。服や本、生活用品、不要な書類などなど。

そういった物は、生きていくうえで今すぐに必要な物ではありません。
といいますか、いつ使うかわからないし、そういった不要品がある事で集中力を下げてしまう事があります。

例えば、部屋の掃除をしていて、押し入れの中に、「昔みていた漫画だ。」とか、「この本おもしそう。昔みていたけど、どんな本だったけ。」「重要な書類ではないけど、どんな書類入っていたっけ」。スマホで「友達からメールがきた、遊びにいこうかな。」といって開く事はないでしょうか。

そういった状態というのは、本来やるべき事があるのに、集中できない状態を作り出している事になります。

例えば、勉強や仕事に集中して行っていても、途中で電話やメールがくると、中断しなければいけなくなります。これでは集中力を高める事ができません。

なので、本気で仕事や勉強に打ち込む場合は、部屋にある、あなたの誘惑するものを断捨離をして部屋をすっきりさせる事をオススメします。そして、最後にケータイの電源を切る。事をわすれずに!笑

それが終わってから、ケータイをみたっていいわけです。やるべき事があるのに、他の事に集中力をとられてはいけないのです。

十分な睡眠をとる

睡眠は、日常生活において必要不可欠です。睡眠時間は6時間とれれば、満足できる人もいますが、8時間とらないと満足できない人もいます。

そして、ビジネスの成功者のほとんどは、十分な睡眠をとっている。といった結果もでています。

睡眠不足の状況というのは、良いアイディアなども浮かびませんし、物事集中する事ができません。何よりも、睡眠をとらない事は、不健康です。なので、物事の集中力を高めたいと思った場合、必ず睡眠の質を上げる。という事に意識してみましょう。

そして、寝ている間に、学んだ記憶を頭の中にしっかりと定着させているともいれれています。睡眠不足になると、学んだ事も定着させにくいと言われています。

一夜漬けで勉強をして、睡眠不足でテストに臨んでも、その時は覚えていても長期的な記憶には残りませんし、一夜づけを続けるわけにもいきませんよね。

結果的には、十分な睡眠をとる事で、よいアイディア、記憶の向上につながる。といっても過言ではありません。

まとめ

集中力を比較的に高める方法として、「選択肢を少なくする。」「時間を短く区切り、制限をする」「環境を整える」「断捨離をする」「十分な睡眠をとる。」の5つの方法で、集中力を高める方法をご紹介しました。
今からでも簡単に行える方法だと思うので、ぜひ試してみてくださいね。
なんとなく、はじめてみるか~。というものでも習慣化してくると効果がある方法だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です