SONYα6400に外部マイクをつけるための最強ソケット【α6400のトラブル回避】

α6400

 

Toshi

こんにちわ。Toshiです。

今日は、SONYα6400のミラーレスカメラに外部マイクをとりつけると大変な事になりますが、その改善策について記事にしておきたいと思います。

SONYさん的にはなにか意図があって、そういった構造にしたのかちょっと不明ですが、外部マイクをとりつける方にとってはちょっと残念な構造になっています。

でも、あえてSONYさんも外部マイクをとりつけるためのコールドシューを購入してもらう予定でこういったつくりにしたのかもしれません。真相はちょっとわかりませんが、うまく取り付けられる方法があるので、お伝えします。

SONYのα6400は総合的に優れているが残念な点

SONYのα6400はすっごく画質も綺麗で、機能的にも優れているのはわかりました。
わたしには、十分すぎるほど、綺麗な写真がとれます。

SONY α6400は最強のおすすめミラーレスカメラ!コスパ良好である7つの理由をわかりやすく素人が解説!

優れている点はこちらで確認してください。

でも、残念な点があるといえば、やはり外部マイクを購入しても、そのまま直接とりつけると、モニターが見えない。という点が残念です。

だって、自撮り用として購入される方は外部マイクも購入するでしょうから、そういった方がそのまま、マイクをとりつけるとモニターが見えないので、普通につかえないわけですから。

だからといって、諦める必要もなく、専用のコールドシュープレートを購入してとりつけることで解決はできますが。

というわけで、わたしがもっているコールドシューを紹介しようと思います。

SONYα6400ミラーレスカメラ|普通に外部マイクを装着すると自撮りモニターが見えない(外部ソケットなし)

↑ こういった部分がちょっと残念な所です。
マイクをつける必要がない方にとっては、不要な問題かもしれません。
でも、自撮りする方って、綺麗な音をひろいたいので、外部マイクをとりつける方が多いですよね。

マイクにとりつける付属品のモフモフをつけていないのに、モニターが見えない。。。。えっっ。。。。

という事で、モフモフをとりつけつつ、かつモニターを見えるようにするためにはどうしたらいいか。

それは、コールドシューのアダプター(別売り)を購入して、別の位置にマイクを取り付けるという事で問題は解決できます。

これで、あればモフモフがついていても、モニターをみつつも、外部マイクの取り付けが可能なんです。

こういった、コールドシューにはいくつか種類があるようです。
わたしがもっているのも含めて紹介しておきます。

SONYα6400に合うコールドシュー(右側上に外部マイクを装着できるコールドシュー)

金属素材の保護ケースです。こちらは頑丈なつくりなので、カメラを保護するのにもすぐれたケースです。
ちなみに、こちらは右側上に外部マイクを取り付ける位置があるようです。

重さは210gとやや重さはありますが、カメラを保護するためにも使えるケースなのでやや重量があるのはやむおえないかなって思います。

SONYα6400にあうコールドシュー(左側に外部マイクを装着できるシュー)

上のタイプと違うのは、カメラを保護するタイプのものではないので、軽量かつコンパクトタイプのコールドシューです。
価格も非常に安く、自撮りにしても外部マイクによって液晶は隠れる事はないので、非常にオススメです。

5436 

サイズも小さいため、重さは10gと非常に軽量なんですが、チープ感はなくしっかりとした装具です。
持ち運が便利なものがいいなって私は思っていますので、重さが軽量な、こちらのタイプを使用しています。

外部マイクを取り付けるためのコールドシューは、どちらのタイプがいいの!?

軽量かつコンパクトを求めるのであれば、わたしの持っている左側にとりつけるタイプのコールドシューが非常にオススメです。

ですが、カメラを保護したい(守りたい)という方や、マイクの位置が左側だと都合が悪いという方は、右上タイプのコールドシューが良いのではないでしょうか。

いずれにしても、外部マイクを取り付けようとおもったときに、そのままとりつけると、画像のように液晶画面がマイクで隠れてしまうと思われますおで、画面が隠れないように別の位置に外部マイクを設置してあげる。という事がポイントだと思います。

まとめ

SONYα6400のカメラに外部マイクをつけたいと思ったときにそのまま取り付ける事はできない。できたとしても液晶が見えないので、意味がない。それならば、別の位置にとりつけられるようにコールドシューを購入する必要がある。という事です。カメラの構造的にちょっと残念と思いますが、こういったコールドシューが開発されて問題が解決されるので、嬉しいかぎりです。
私と同じように、こういった問題を抱えている方は、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です