『Googleの掲げる10の真実』から学ぶべきSEO対策|基本を理解する事がSEOの第一歩

Toshi

こんにちわ。toshiです。
Googleの10の基本理念があるので、ちょっとそれについて自分なりに考えてみるよ~。

Googleは、公式サイトの基本理念の中で、『Googleは検索を行う会社』と表現されています。
そして、10個の基本理念があるのをご存じでしょうか!?

Googleという会社の基本理念をしっかりと理解することが、SEOでは結構重要なんじゃないかなって思って記事にします。
Googleがこの10個の理念を掲げたのは、会社を設立してから数年後の事。と書かれているので、いまは少し変わっているかもしれません。

だとしても、やはり検索の会社であるGoogleを知る事は、SEOを知る上では非常に重要な事だと考えます。

以下、Googleがかかげている10個の基本理念です。
そこから、WEBサイト運営者は、自分なりに対策を考えてもおもしろいかと思います。

『Googleが掲げる10の真実』から考えられるSEO対策

1.『ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる』

ユーザーの事をまず第一に考えるという考え方!

明記されていませんが、『他のもの』とは、きっと〚目標とか収益〛とかのことでしょう。それ以外にも、自分の『達成すべき何か』かもしれません。『他のもの』よりも、優先して考える事は、『ユーザーの視点』ということかなって思います。

Googleは、目標や収益の事よりも、ユーザーが使いやすいような利便性を第一に考えています。私たちがサイトやコンテンツを作成する時も同様で、とにかくユーザーが使いやすいようなコンテンツを作成する事が求められる。ということだと思ます。

SEOについて考える時も、とにかく自分の目標を優先的に考えるのではなく、ユーザーのことを第一に考えたコンテンツ提供が必要になってくるってことでしょう。

2.1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番

Googleは、検索問題を解決するのに特化しており、その技術を多方面で活かしている。

どんな事でもそうですが、いったんはじめたら1つのことに集中して物事取り組むという姿勢は大事。という教えかもしれません。
いろんなことに手をつけて中途半端になるよりも、物事1つの事に集中して、何かに特化したものがあると、他にも応用をきかしたりする事ができる。という考えかたかもしれませんね。

3.遅いより速いほうがいい。

Googleは、ユーザーの貴重な時間を大切にしたい。という思いがある。

とにかく、WEBサイトの表示スピードが遅いのは、ユーザーの貴重な時間を奪うというかんがえがあるかと思う。
そういった考え方は、自分たちがWEBサイトを作成する時にも考える必要があり。

自分たちがコンテンツを作成する時は、サイトの表示スピードは、遅いより速い方がいい。という事。
サーバー選びや、コンテンツ内を整えて、軽量にしていく事は大切ですね。また、WEBサイト運営者にとっても、迷わずその目的地までたどりつけるようにサイト構造をととのえる必要がある。

4.ウェブ上の民主主義は機能する

Googleにはアルゴリズムというものがあり、上位表示させるためには多数のアルゴリズムによってきまる。
結局のところ、みんながいいサイトと判断した場合は、上位に表示させるような仕組みになっているんだろうな。って思う。
被リンクなど、無理やり自分で自演しているサイトでは長続きしない。という事だと思う。

5.情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

今現在は、スマホ普及率が増えてスマホから情報を得る方が多数いる。
スマホユーザーにもすぐに情報が探せるサイトにしていく事が大切だという考え方。

6.悪事を働かなくてもお金は稼げる。

アドセンスについて書かれていますが、プライバシーポリシーの違反したサイト(悪事?)では、アドセンスの広告を表示する事はできない。そして、そういった違反サイトでなくても(悪事を働かなくても)、問題なく稼ぐ事はできるよ。ってこと。

7.世の中にはまだまだ情報があふれている。

数多くの情報がありふれている中、Googleは、検索ユーザーのために品質の高い情報を提供できるよう開発をすすめているという事が書かれています。

8.情報のニーズはすべての国境を超える。

Googleの翻訳機能は画期的です。自分の知らない海外の言語があったとしても、翻訳機能をつかうことで、文脈はちょっと違うにしても、国境を越えて意志疎通をはかる事ができます

9.スーツがなくても真剣に仕事はできる

仕事の熱量に、格好は関係ない。という事。
そんな格好の事よりも、『エネルギーと情熱』『アイディア』を生むために創造的に考えていく事の方が大切だという教え。
サイト運営者にもこういった創造的な熱量があれば、スーツなんて着なくても成功する。という事。

10.すばらしいでは足りない。

Googleでは、達成できないとわかっていることを目標に設定するようです。
もともと、達成可能なことを目標にしてもそこがゴールで終わってしまうから。
WEBサイト運営者は、さらなる高みをめざすために、現状で満足してはいけない。という教えかなって思います。

※Googleの公式より引用しております。公式は参考にしてください。

参考 Googleが掲げる10の真実Google

まとめ

Googleが掲げる10の真実は、策定されてから結構年数はたっているかと思います。
でも、結局のところ、基本理念は大きくかわる事はないと思っています。
SEOを考える時の根本的な考え方として、自分たちもこれを踏まえた理念にそってサイト運営をしていくかとよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です