論文を検索できる機能|Google scalarを使って信憑性のある情報を収集する方法

 

Toshi

こんにちわ。
LifeStyleCreateを運営するToshiです。

本日は、Googlescalarについての記事を書こうと思っています。
信憑性のある情報を収集したいときに活用できます^^
学者や研究論文を書く人であれば、必須ツールだと思いますが、ブログを書いたりする時にでも活用する事ができます。

Googlescalarって何?

Googlescalarとは、Google社が提供している、『学術論文』を検索できる無料のサービスです。

普通はインターネットで情報を探すと、ブログとかが上位に表示される事があります。学術系や論文を学習したい人にとっては、いろいろな情報が混在している事になります。
でも、このGooglescalarを使って検索することで、学術論文、学術誌、出版物といった、曖昧な情報ではなく研究がなされた情報を収集する事ができるため、効率的に信憑性の高い情報を集める事ができるのです。PDFレポートで確認する事ができます。

Toshi

 ネットには色んな情報がでてくるからね。 

こんな人にはオススメできる!

論文をよくみている人や、研究者であれば、Googlescalarを知らない人はいないかと思いますが、ほとんどの方はこのGooglescalarを知らない方は多いのではないでしょうか。

こんな方はGooglescalarを活用すべきかと思います。

  • 研究の論文などを提出したいけど、情報収集場所がわからない
  • 論文データーが欲しいけど探し方がわからない。
  • ネット上に公開されている曖昧な情報ではなく信憑性のある情報が欲しい。
  • 効率的に正しい情報を集めたい。
  • 引用元もしっかりと確認したい
  • 学生であれば卒論を書くときの参考になる

そんな時は、活用できるでしょう。

Googlescalarでは、どんな調べものができるの?

・学術論文
・学術誌
・出版術
など、簡単に調べる事ができます。

Googlescalar

 

 

 

 

 

 

検索をしたあとに、例えば最新のものを調べたい時には、期間指定することもできますし、関連で調べたい時には検索する事こともできます。

Googlescalarを使うための手順!

  • 手順1
    Googlescalarにアクセス
    Googlescalar
    Googleの検索窓に、Googlescalarと入力しましょう。

  • 手順2
    Googlescalarに調べたいキーワードや単語を入力

    Googlescalar

    Googlescalarを検索したら、Googlescalarの画面に移行しますので、ここで検索をしていきます。

  •  

  • 手順3
    研究論文や出版物がたくさんでてくる

    Googlescalar

    私は読書が好きなので、『読書+効果』と入力してみると、それに関する論文が15400点ほどヒットしました。
    ここから自分が調べたい事項について読んでみる。

まとめ|信憑性の高い情報収集を効率的に集めよう!

どんな情報を集めるのか、どんな情報が欲しいかは人によって異なるかと思いますが、できるだけ信憑性の高い情報を集めたい時に活用する事ができるのは、Googlescalarはオススメの方法かと思います。ぜひ、活用してみましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です