エックスサーバーの新機能|GoogleAdsenseの【ads.txtファイルの問題を修正】というエラーを即解決する機能!

エックスサーバー

Toshi

こんにちわ。Toshiです。

本日は、エックスサーバーに新しい機能が追加したので、情報共有もかねて記事にしておきます。
googleアドセンスでサイトを運営している方向けの記事になります。

Googleアドセンスでサイトを運営されている方は、以下のエラーメッセージをみた事はありませんか!?

⇒【ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響がでないよう、この問題をいますぐ修正してください。】これです。

 

今回紹介する内容は、いままで少しだけ手間をかけて、設定をしていたのが、エックスサーバーを利用する事で、この問題がすぐに解決します。最近エックスサーバーからの追加機能でメールがあったので、さっそくやってみました。

【悲報】以前、関連記事で行っていた作業はなんだたのか・・・エックスサーバーを使う方は、非常に楽に設定できるようになった!

はい、上の画像。Googleアドセンスをしていると、エラーとして表示される事は多くないですか。
この設定をするのは、非常に難しいわけではありませんが、ちょっと面倒くさいんです。

以下の関連記事で、(古い設定の仕方)手動でAds.txtファイルの設定をする事ができますが、手動だと少し大変なので、(新しい方法)これから紹介しますので、そちらから対策をしてください。

GoogleAdsenseから【ads.txtファイルが含まれないサイトがあります。】と警告がでた時の対処方法 (※手動で設定する方法)

エックスサーバーを利用されていない方の場合は、各種サーバーで確認するようにしましょう。
わたしの場合は、手動で設定していましたが、ちょっと面倒なんです。

なので、これからエックサ―バで設定するという方はラッキーです。手間がはぶけるので。

そもそもAds.txtって何!?設定しないとどうなるの?という部分についてもすごく簡単に説明しておきます。

Ads.txtとは何!?設定しないとどうなる!?

ads.txt(アズテキスト)とは、偽造広告枠や不正なインプレッション販売を防止するツールと言われています。

設定していないと、(あなたのサイトではない誰かの)なりすましのサイトに広告料が支払われる可能性があります。
また、なりすましのサイトの影響で、自分のサイトの評価が下がってしまうかもしれません。
実際のところ、なりすまされた事はいまのところありませんが、対策をとっておくのが得策です。(手軽だし安全だから)

あくまでも可能性ですが、個人的には設定しておいて損はありません。

というか、すぐに設定できるので、アドセンスをやるのであれば、必ず設定しましょうね。

エックスサーバーに備わった【新機能】で問題を即解決する方法!

エックスサーバー」を普段から利用していますが、最新メールが届きました。

2019年11月7日づけで、エックスサーバーより最新インフォメーションが届いていたので確認した所、
その内容も、【Ads.txt設定】です。

ちょうど、新しいサイトを作っていた所、エラーメッセージがでていたので、リアルタイムで設定してみました。


(※エックスサーバーのメールを引用)

わたしは、こちらの設定も行いましたが非常に楽です。

エックスサーバーのサーバーパネルへ移動しよう|Ads.txtを設定

サーバー

エックスサーバー」のサーバーパネルへ移動しましょう。

サーバーパネルへ移動したら、
①:まずはサイトを指定してあげましょう。
②;Ads.txt設定をクリックします。

Ads.txt設定

項目まんなかの、【Ads.txt設定追加】という項目を選択します。

すると、広告システム、サイト運営者、契約種別、認証機関IDが表示されますので、各項目を入力します。

広告システムと、認証機関IDは、以下をそのままこコピーして貼り付けで良いです。
サイト運営者のコードはアドセンスより確認してみてください。

広告システム 【 google.com 】⇒かならず、この表示です。
サイト運営者 【PUB】と16桁の数字コード
契約種別 ・DIRECT:アカウントを直接管理している場合
・SESELLERアカウントを直接管理していない場合
認証機関ID 認証機関IDには「f08c47fec0942fa0」 ⇒アドセンスを利用する方は、この値です。

サイト運営者の【PUB-●●●●~~~】の確認方法

googleアドセンスの、アカウントの場所で、【サイト運営者ID】という部分をみれば、自分のIDを確認する事ができます。

完了画面

【認定済みデジタル販売者の追加が完了しました】表示がでたら追加設定は終了です。

 

Toshi

手動で行うより、すっごく簡単です。これからエラーメッセージがでたかたは、こちらの手順にそって設定しましょう。

 

MEMO
エックスサーバーでの設定は非常に楽です。もし、あなたがお使いのサーバーにこういった機能がない。とか設定がよくわからない。という場合はエックサ―バ―で設定するのもオススメです。

googleアドセンスでエラー表示が消えているか確認してみよう!

設定が完了したあと、リアルタイムで消えないと思いますので、数日たって、再度googleアドセンスにログインして確認してきましょう。きっと、エラーが消えているはずです。

まとめ

エックスサーバーの新機能で【Ads.txt設定】が追加されたので設定が非常に楽になりました。
わたしはいままで手動で設定をしていましたが、これからはかなり時間短縮で設定ができるようになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です