ポジティブ思考になれる16の考え方|ポジティブシンキング!誰でも簡単に思考は変えられる!

こんにちわ。LifeStyleCreateを運営する西澤です。

今日は、ポジティブ思考についての記事を書いていこうと思います。

私は基本ポジティブ思考なので、物事前向きに考える事が多いです。
そんな中、前向きに考えられない。考えがネガティブになってしまう。という方も少なからずいませす。

なので、誰でも簡単にできるポジティブ思考になるための考え方についてお話ししようと思います。

こんな悩みありませんか??

・プライベートや仕事でも、自分に自信が持てない。
・疲れてイライラしている。
・仕事も最近上手くいっていないんじゃないか。
・頑張っているのに仕事の成果がでない。
・積極的になれない。やる気がおきない。

そんな、ネガティブ思考の人って結構いますね。

ネガティブ思考な人って、不安やリスクを考えてしまう傾向にあるため、行動にうつせない人が多いと言われています。

人間だれしも、失敗や辛い事があるとネガティブになる事はあるし、人間落ち込まない事なんて事はありません。

仕事が上手くいかなくて、へこむ。。。
上司に怒られてへこむ。。
仕事で売り上げを上げなきゃいけないのに、全くあがらずライバルと比べて劣等感を感じる。
彼氏・彼女にふられてへこむ。
飲み会をしすぎて、妻に怒られてへこむ。。
とか、色々ありますよね!!

ですが、、、少しでも、気持ちがポジティブになれるような考え方があったらいいと思いませんか??

ずっとネガティブでいると、暗い気持ちになって自信を持って物事何でも行動にうつせなくなります。

私は、基本ポジティブ思考なので、小さい事は気にしないし、楽観的に物事考えています!!

別にポジティブ思考がすごくいいんだ。とかではなくて、ネガティブ思考な人は少しでもポジティブな考えに慣れる方が、人生得なのは間違いないと思いますので、参考にしてみてください。

スピリチュアル的な話って、私的にはあまり好きではないんですが、私も実際にやっているポジティブシンキング法です!笑

誰でも簡単にできるポジティブ思考になるための考え方

考え方を変えてみる

ポジティブに考えることも、ネガティブに考えることも、自分次第で決まります。
考え方によっては楽しくなれる事もありますので、生活の中で、考えを変えて生活してみる事も一つの方法です。

例えば、
・『職場での飲み会が嫌だな。だるい』って、思っている人でも考え方によっては、『職場の人達と仲良くなって仕事が円滑になるいい機会だよね。』ってプラスに考える事もきます。
・『通勤時間が長くてつらいな~』って思っている人でも考え方によっては、『電車や地下鉄での移動が長いから、読書できる時間を作れてラッキー』など。
・『仕事でミスばっかり起こしてて辛いな~』って思っている人でも、『もう一通り仕事のミスは経験できから(プラスに考える。)、失敗しないように次にいかそうっと。』など。

マイナス思考で物事考えるのではなく、マイナスで考えそうな時こそ、自分なりにプラスにして考える癖を持ってみましょう。
仕事でミスをした事は、後戻りはできませんが、次に生かす事だって十分にできるハズ。

些細な事でも、ネガティブ思考をプラス思考にかえる事はできるはずです。
あなたが普段ネガティブに思っている事を少しでも、プラスに変える事ができないか考えてみましょう。

十分な睡眠をとる

日々の疲労を回復するためには、睡眠が大切です。
人の睡眠時間は6~8時間程度必要と言われていますが、睡眠時間が少ないと、少なからず、仕事も効率よくこなす事ができませんし、よいアイディアなども浮かんできません。
寝不足が続いていたり、不規則な生活をしていると、まともな睡眠時間もとれず疲れもたまります。人間は睡眠時間が少ないと、イライラしたり、物事ネガティブに考えたりする事が多くなると言われています。睡眠をしっかりとっていないとポジティブ思考になれない方もいると思いますので、しっかり睡眠はとっておきましょう。

適度に運動をする

適度な運動は、運動をしない人に比べるとストレスに対して対応力があることで知られています。

車通勤で、身体を動かす機会が少ない方は、適度に運動をしてみるのも、よいと思います。
電車や地下鉄通勤の人は少しでも歩く習慣をもつといいと思います。

私も、定期的にランニングジムを利用して汗を流しています。とても気持ちいです。
リフレッシュ効果もありますし、ストレスに対する能力も高まることも知られていますので、運動の習慣がない方はやってみてくださいね。

好きな事をする

時間を忘れるくらい、とにかく好きな事をする方法です。
趣味の時間って、ストレスを感じないし、楽しいと思えますよね。全く趣味がない。という方はいないと思いますが、自宅で映画をみたり外に散歩にでかけたり、街を歩いたり好きな事をする時間をつくる事で、リラックスできる時間をつくります。
私の場合は、読書が好きで時間のある時は1日に1冊ほどは本を読んでいます。楽しかった、満足した。という思いは、気持ちをポジティブにしてくれます

失敗してもくよくよしない事。失敗は成功の基

失敗は成功のもと、というコトワザがありますね。
みんなも知っている通り、失敗した原因を調べて、その欠点を反省して次にいかすという意味でつかわれますね。

私の性格も楽観的なんですが、物事失敗しても、くよくよはしません。そして、失敗した時や、次のステップに
進むにはどうしたらいいんだろう。どうやったら改善できるかな。って考えます。なので、失敗するという事自体は、たいした事はないし、成功に近づいている証拠だと言えます。
くよくよと嘆いている時間があったら、さっさと原因を調べて行動にうつす方がよいです。

ネガティブ思考の人は結構、『どうしよう、どうしよう、あれをやったらこうなる、こうなるからできない。。。』と失敗だけを恐れて次の改善策を考えない人が多かったりします。

失敗しても、その失敗から学べる事はたくさんありますし、次にどう生かすかが重要だと思います。

自分が思い描く『成功』を意識する

成功をどこに設定するかによっても、かわってくると思いますが。。

仕事でもプライベートでも、何か成し遂げたい。事があったら自分の思い描く成功をイメージした方がよい。と言われています。

失敗する事をおそれないで、自分が成功するイメージを大切にする事で、そのイメージに近くなっていく。とも言われていますので、自分が思う成功というのを考えながら日々生活してみる方法も一つの方法です。

例えば、ビジネスでも、話し方やプレゼン方法が上手い人がいたら、そういった人みたいに上手くなりたいな~って思いながら、日々生活しているとその人に近づくことができます。
その他、筋トレ中の場面でいうと、鏡を見ながら筋肉を意識して筋トレする方法がありますが、どういった筋肉をつけたいか意識しながら鏡の前で筋トレをすると、本当に『自分が欲しいと思っていた筋肉』をつける事もできます。常に、どういった人になりたいのか、どうなりたいのかイメージする事は大切です。

仕事もプライベ―トでも、イメージする事は大切です。

肯定的な事を口にする。

『疲れた』とか『つまらない。』という言葉は、否定的な言葉ですよね。
否定的な言葉を常につかっていると、口癖のようになってしまい、その結果、本当に疲れやすくなった、つまらなくなった、という事もあるそうです。疲れていても、できるだけ肯定的な言葉を発するようにしましょう。

否定的な考えが浮かんでも、それをかき消すために意識的に肯定的な事を口にしてきましょう。
前向きな言葉を発することで、人生をプラスに変える影響もある事を理解しておきましょう。

 

問題を深刻に考えない。

問題の大きさや内容にもよるかもしれませんが、問題があっても深刻に考えないようにすることも大切な考え方です。失敗しても、くよくよ。しない。と少し似ていますが。

例えば、問題を起こした時は、時すでに遅し。失敗した事を嘆いてしても、失敗したという事実はかえることはできません。
それよりも、次に問題を起こさないためにどうするか、次に何をしたらよいのか、に焦点をしぼって改善していくことで前向きに物事考える事ができるようになります。

他人と比べない。

ネガティブな人ほど、他人と比べる癖があります。
『この人は私よりも裕福だ』『あの人のほうが恵まれている。』こういった感情は、劣等感など感情を抱きやすくなります。その結果、考え方がネガティブ思考になる傾向にあります。

隣の芝生は青くみえる。というコトワザがある通り、何でも他人がよくみえたりします。

でも、その人にも、同じように劣等感やネガティブな思考を抱えていることもあります。

他人の事をきにするよりも、自分がどう成長したか。に着目する方が、自分の自信につながりますので、他人と比べるという事はやめましょう。

やらないで後悔するより、やって後悔した方がいい

よく若いうちに、好きな事は何でもやっておけ。って話きいた事があると思いますが、若い時は失敗しても大抵はなんとかなります。しかし、年齢を重ねると、周囲の目をきにするようになるため、後先失敗した時のことを考えて、行動にうつせない人がいるのも事実です。

でも、こういった行動にうつせない人にかぎって後々後悔する事が多いです。
『あれをやっておけばよかった。』『なんでやらなかったんだろう。。』

でも、失敗するリスクなんて大した事ではないし、むしろ、失敗を恐れてやりたい事をやれない(行動しない。)ほうが、後々後悔する事は間違いありません。

例えば、ビジネスでもそうですが、今の現状を変えようとおもっていたり、何かはじめようともった時は失敗をおそれるより、初めてしまった方がよい。という事です。

自己を認める

人の目を恐れて、何も行動できないで人生が終わってしまうよりも、自分は『大丈夫、できる』と信じる事はポジティブ思考においては大切です。
小さな成果だったとしても、自分の行った成果を褒めて認めるという事が成功体験へのつながり自信につながていきます。

なので、第一にまずは、自分を好きになりましょう

人に挨拶・感謝を伝える。

基本的な挨拶『おはようございます』『さようなら』『ありがとうございます』など。
妻がいる人なら『ご飯作ってくれてありがとう。』と感謝を伝える。
旦那さんがいる人なら『仕事お疲れさま。』と感謝を伝える。

言い慣れていない人は恥ずかしいと思う人もいると思いますが、挨拶、感謝の言葉を伝えてください。

基本的な言葉ですが、とても簡単に伝える事ができる方法です。そして、伝える事で、人間関係も円滑になり、人の心って穏やかになるものですよ。

ネガティブ思考な人間とは付き合わない。

人間は、環境によって左右されやすい生き物です。
そのため、ネガティブ思考の人と一緒にいる事で、否定した考え方を持つようになったり、それが自分の思考になる事があります。
なので、できるだけポジティブな思考の人と一緒にいる時間がつくれるように環境をかえてみてもいいかもしれません。

私の知人や友人もポジティブ思考の人がほとんどです。

自分の目標を常にもつ

どんな些細な目標でもいいので、目標をもって日々生活するという事は大事な事です。
何かを成し遂げたかったら、そういった目標をもって日々もつ事で、活気がでます。
人間成長するためには目標をもって生活する事で、意欲的になれます。それが結果的にポジティブ思考になれます。

ただなんとなく、早く時間が過ぎて欲しいな~ってネガティブな事を考えている方はとても勿体ないですよ。

自分にご褒美を与える

努力した事や、頑張った自分にご褒美を上げる。ということも結構いい方法ですよ。
好きな買い物をしてもいいし、おいしい食事を食べてもいいし、旅行にでかけてもいいかもしれません。
自分がご褒美と思えるものを自分にプレゼントしましょう。

自分が頑張ったご褒美を、自分でプレゼントする事で、『次も頑張ろうかな~』と前向きに物事、思えるものです。

1日1個出来事で嬉しかった事を振り返る

今日の出来事で嬉しかった事や楽しかった事は何だったか考える事も結構いいものですよ。

寝る前に私は時々瞑想します!笑
日々そうやって考える事で。ポジティブな気分になれます。

まとめ

ポジティブ思考になると人生が楽しくなるというメリットがあります。その他、前向きに考える事で得られるメリットというのも多数あります。(人間関係、仕事、作業効率などなど。)
ネガティブに人生をとらえるより、ポジティブに考える方が物事スムーズにいきやすい事は間違いありません^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です